RIZINが半年ぶりの開催。第1試合で加藤ケンジがアーセンを1RKO【RIZIN.22】

2020.08.09 Vol.Web Original

新型コロナで3大会を中止も横浜2連戦にこぎつける

 新型コロナウイルスの影響で約半年ぶりとなる「RIZIN.22 - STARTING OVER -」が8月9日、神奈川・ぴあアリーナMMで開催された。  RIZINは2月に静岡・浜松で2020年をスタート。4月に横浜アリーナでの大会を予定していたが、新型コロナの感染拡大予防による緊急事態宣言などがあり、開催を中止。計画していた仙台大会と大阪大会と合わせて3大会が中止となっていた。  当初は「真夏のメガイベント」の開催も目論んだが、新型コロナに収束の兆しはなく断念。7月にぴあアリーナMM2連戦を発表した。 「STARTING OVER」とテーマづけられたこの日の大会の第1試合を務めたのは山本アーセン(KRAZY BEE/SPIKE22)と加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM/3POUND)。  アーセンは2015年に旗揚げされたRIZINで総合格闘技デビューを果たした、いわばRIZINの申し子。仕切り直しの第1試合に最もふさわしい選手。現在は海外に拠点を置いており、今大会唯一の海外から渡航しての参戦選手となる。  対する加藤は2月の浜松大会でのRIZIN初参戦こそ金太郎のスリーパーホールドに一本負けを喫したが、これまで主戦場としてきたDEEP、修斗では得意な打撃でKOの山を築いてきた強豪。

扇久保と朝倉海がバンタム級王座決定戦。浅倉カンナは初の年下・古瀬を迎撃【RIZIN】

2020.07.09 Vol.Web Original

海「今後のRIZINのために絶対に俺が勝たないといけない」、扇久保「やっとたどり着けた感じ。最高の試合を見せたい」

 RIZINが7月9日、都内で会見を開き8月9、10日に神奈川・横浜のぴあアリーナMMで開催される「RIZIN.22」と「RIZIN.23」の第1弾対戦カードを発表した。  RIZINは新型コロナウイルスの影響で4月の横浜、以降に予定されていた仙台大会ら計3大会を中止。長く大会を開けない状況となっていたが、6日に会見を行い、8月に2大会を行うことを発表していた。  この日は合わせて8カードを発表。2日目(10日)のメインでマネル・ケイプがUFCに戦場を移したことから空位となったバンタム級の王者決定戦として扇久保博正(パラエストラ松戸)vs朝倉海(トライフォース赤坂)の一戦が行われる。  朝倉は「大晦日ぶりの試合ですが、前回の試合からたくさんのことを学んで強くなって帰ってきた。タイトルマッチということで、今後のRIZINのために絶対に俺が勝たないといけない。確実に勝って、俺がRIZINを引っ張っていく」とベルト奪取はもちろん、エースの座をも手中に収める決意を見せた。  扇久保は「今までいろんなことがあって、やっとたどり着けた感じ。最高の試合を見せたい。朝倉選手を倒したい」と大一番への思いを語ると「海選手、いい試合をしましょう」と呼びかけた。

ぴあアリーナ MM、7月10日開業へ!ゆずが、 こけら落とし“映像配信”

2020.07.09 Vol.Web Original
 みなとみらいに完成した1万人規模のイベント会場「ぴあアリーナ MM」の開業日が7月10日に決定した。  同日、こけら落としとして、地元・横浜出身のゆずが代表曲「栄光の架橋」を演奏し、その様子を映像配信する。映像は事前に収録したものになる。  こけら落とし公演ならぬ、こけら落とし“映像配信”は、開業日7月10日20時に、「ぴあ YouTube チャンネル」で配信。 本映像は同日24時まで公開する。  ゆずは、4月25・26日の日程で、同施設のこけら落とし公演となるライブを開催予定だったが、その公演を含めたツアー全公演が見送りになっている。

RIZINが8月に2大会を開催。榊原CEO「無観客でもやる」

2020.07.07 Vol.Web Original

8月9、10日にぴあアリーナMMで2デイズ

 RIZINの榊原信行CEOが7月7日、オンラインで会見を開き、8月9、10の2日間にわたり、神奈川・横浜の「ぴあアリーナMM」で大会を開催することを発表した。  榊原氏は会見の冒頭「一歩踏み出す決意をした」と腹をくくった表情を見せると、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための緊急事態宣言により3大会の開催ができなくなったこの間のRIZINの状況を赤裸々に告白。  そして前回の会見でぶち上げた「真夏のメガイベント」についても、行政の指導などから大観衆を入れての大会が不可能なこともあり断念したことを明かした。  また現在、プロ野球、サッカーといったプロスポーツが無観客で行われているのを見て「はっきり分かったことがある。RIZINは観客のみんなが作っているということ。観客がいなければRIZINは成り立たない。観客なしで選手が試合をして、そこにエネルギーの交換とか臨場感、興奮、感動を作り出すことはできない。だからどうしても観客の皆さんとあの空間を取り戻すしかない」という思いに至ったことを語った。  そして「売り上げがダウンしたことをツイッターでつぶやいたことに対して多くの選手たちから“社長、頑張ろうよ。何でもやるよ”という言葉に背中を押された。ファンからの“クラウドファンディングをやればいいじゃないか”といったRIZINを必要に思ってくれている思いに自分の覚悟が決まった」と話し「新しいチャレンジ」として8月9、10日にぴあアリーナMMで「RIZIN.22」と「RIZIN.23」を開催することを発表した。

那須川天心を相手に裕樹が引退試合【6・14 RISE】

2020.04.20 Vol.Web Original

6月14日にぴあアリーナMMで「RISE WORLD SERIES 2020 SemiFinal Round」開催

 RISEが4月20日、会見を開き「RISE WORLD SERIES 2020 SemiFinal Round」(6月14日、神奈川・ぴあアリーナMM)の第1弾カードを発表した。  RISEで3階級を制した裕樹(ANCHOR GYM)が引退試合で那須川天心(TARGET/Cygames)と対戦する。試合は59.5kg契約で3分3Rのスーパーファイトで行われる。  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、公式YouTubeチャンネルで会見した伊藤隆代表は「那須川は基本的には57kg以上では試合はしないが、今回は“裕樹さんの引退試合なら”と快諾した」とスーパーフェザー級(-60kg)を主戦場とする裕樹に歩み寄った体重で試合をすることとなった。  伊藤代表は裕樹について「10年以上彼の試合を見ている。頑固で不器用な男。何度も方向性に悩んで苦しい時期もあったが最後までぶれずにやっていただいた。RISEのファイターの中でも最も功労者だと思っている」としたうえで「最高の舞台と最高の舞台を用意させてもらった」と話した。  その他のカードについては中止になった大阪大会(4月12日)に開催予定だった「RISE WORLD SERIES 2020 -63kgトーナメント」と「RISE ASIA SERIES 2020 -55kgトーナメント」の本戦とリザーブファイトをスライド。ワンマッチはタリソン・ゴメス・フェレイラ(ブラジル/Champions Factory)vs中村寛(BK GYM)がスライドし、“ブラックパンサー”ベイノア(アメリカ/極真会館)とスアキム・PKセンチャイムエタイジム(タイ/PKセンチャイムエタイジム)の参戦が発表された。  なお大会が開催される「ぴあアリーナMM」はぴあが運営するアリーナで格闘技のイベントはRISEが初めてとなる。  RISEでは新型コロナウイルスの影響でこれまで5大会が中止となっているのだが、この日、改めて「RISE WEST.13 & Amateur RISE Nova」(5月31日、アクロス福岡イベントホール)と「Amateur RISE Nova」(6月7日、大森・ゴールドジム)の中止を発表した。中止となった大阪大会については秋に開催することが検討されているもよう。  また、この日は合わせて4月25日(土)から民放地上波のTBSで月1のレギュラー番組『RISE~立技格闘技 新時代~』(放送時間 25時28分~26時28分/関東ローカル)の放送が決まったことが発表された。  TBSが格闘技を放送するのは10年ぶり。試合はもちろん、選手のパーソナルな部分にもスポットを当てた番組になっていくという。

Copyrighted Image