4・16RIZIN RENA、カンナ、KINGレイナ、石岡-大和撫子全勝

2017.04.17 Vol.688
「RIZIN 2017 in YOKOHAMA-SAKURA-」(4月16日、神奈川・横浜アリーナ)では全11試合中、女子の試合が4試合組まれ、どれも大きなインパクトを残した。  口火を切ったのは浅倉カンナ。 “女子高生ファイター”として脚光を浴びていた浅倉は昨年末にRIZIN出場を果たしたが、無念の判定負け。敗因は“タックルにこだわり過ぎた”振り返り、年明けから打撃の強化に取り組む。今回戦うアレクサンドラ・トンシェバは寝技が得意とあってグラウンドの攻防が多かったが、パウンドや相手の打撃の対処などに強化の成果をうかがわせた。3Rには肩固め、スリーパーであわやの場面も作ったがトンシェバの粘りの前に一本はならず。しかし判定ながら寝ても立っても相手を圧倒し、待望のRIZIN初勝利をあげた。

4・16RIZIN 那須川と浅倉が公開練習。那須川「相手の意識を断ち切って勝つ」

2017.04.10 Vol.688
「RIZIN 2017 in YOKOHAMA-SAKURA-」(4月16日、神奈川・横浜アリーナ)に出場する那須川天心と浅倉カンナが10日、公開練習を行い、ともに順調な仕上がりを見せた。  練習は2人一緒のシャドーボクシングから、それぞれミット打ちとマススパーリングを行い、最後は2人でスパーリングを行った。  浅倉は昨年末のアリーシャ・ガルシア戦の敗因を得意のタックルにこだわり過ぎたことと分析。今年はキックボクシングやボクシングのスパーリングを練習に取り入れ、打撃を強化中。2月に行われた「DEEP JEWELS 15」の下牧瀬菜月戦ではその片鱗を見せ勝利を収めた。今回もその延長線上で、シャドーからミット打ちと向上中の打撃を披露した。  那須川は昨年末は29日と31日の2試合を行い、打撃と締め技で1勝ずつあげるという離れ業を見せたが、課題がグラウンドにあることは明らか。しかしこの日のマススパーリングではタックルを切ってからのパウンドやサッカーボールキックといった総合格闘技にアジャストした動きを見せた。  練習後の囲み取材では浅倉は「前回、負けちゃったので今回は前回以上に負けられないなと思っています。年末は打撃が全然できなくて。2月の試合では自分の足りない部分である打撃を強化して臨みました。この4カ月間で打撃は結構強化できたのではないかと思います。相手の映像は少しだけ見ました。油断しないで今回は自分の、タックル重視の試合で進めていきたい」と話した。

Copyrighted Image