SearchSearch

ヒョードルが日本ラストマッチで有終のKO勝利【12・29 BELLATOR】

2019.12.30 Vol.Web Original

PRIDE時代の戦友ランペイジを一発で仕留める

 元PRIDE無差別級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルが「BELLATOR JAPAN」(12月29日。埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で日本ラストマッチに臨み、PRIDE時代の戦友でもあるクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンと対戦。1R2分44秒でTKO勝ちを収め有終の美を飾った。  PRIDE時代はヒョードルがヘビー級、ランペイジはミドル級だったのだが、  約14年ぶりの日本での試合となるランペイジはPRIDEのテーマで入場。そしてかつてのように遠吠えを発しながら花道を歩くと、そこはPRIDEの空間にタイムスリップしたかのよう。違うのはこれから戦うのはリングではなくケージであるということ。  1Rが始まりヒョードルがパンチを放っていくとランペイジはがっちりとガードを固めしのぎ、反撃のチャンスをうかがう。しかしヒョードルの手は止まらずケージに詰めてパンチの連打からハイキック。

ランペイジが“勝てばいい”と思っている若いファイターにチクり【12・29 BELLATOR】

2019.12.27 Vol.Web Original

日本ラストマッチのヒョードルと対戦

「BELLATOR JAPAN」(12月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日会見が12月27日、都内で開催された。  エメリヤーエンコ・ヒョードルの日本ラストマッチの相手を務めるクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンは久々の日本での試合に「とてもいい気分」笑顔を見せた。  そして「さいたまスーパーアリーナは日本で試合をした初めての場所。試合会場という意味でのアリーナとしてもお気に入り。サクラバサンとやって負けてしまったけど演出として刑務所から出た直後だったので天井からケージに乗ってそこから下ろされたという面白い演出もあった。負けてしまったけどたくさんの声援をもらうことができた。控室に戻るときに女の子が一人寄ってきて、俺の耳にしゃぶりついてきたのが、すごく印象に残ってる。よかったら名乗り出てほしい。僕の耳が恋しがっているよ。だからまたスーパーアリーナでまた戦えることを楽しみにしている。なぜなら彼女がいるだろうからね」と初来日時のエピソードを明かした。  また久しぶりに日本で戦うことについては「PRIDE以来になるが、PRIDEがなくなってしまって日本の総合格闘技が死んだような感じがしてたのだけど、RIZINが良い仕事をしてよくここまで復権したと思う。自分はアメリカにいて何が起きたかよく分かってなくて、日本のMMA界に悪い人間がいるのでは、とかアメリカではささやかれたりもしていたんだけどさ。でもファイターって純粋で、みんな家族を支えるために戦っているし、それが終われば互いに友情も生まれる。みんな純粋に良い試合を見せたいだけなんだ。だからその舞台裏にいる人について特に言うことはないけど、皆さんの前でヒョードル選手と戦うことで、昔のファンを呼び戻したり、あるいは新しいファンを掘り起こしたりっていう形で自分たちなら盛り上げることができると思う」などとベテランならではの視点で語った。  そして一部で「全盛期を過ぎた者同士の試合」などと言われていることについては「そりゃそうだろうけど、だから何? 俺たちの試合が気に入らない奴はクソ食らえだよ」と意に介さない。

日本ラストマッチのヒョードル「若い者には負けない」【12・29 BELLATOR】

2019.12.27 Vol.Web Original

PRIDE時代の盟友ジャクソンと対戦

「BELLATOR JAPAN」(12月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日会見が12月27日、都内で開催された。  日本でのラストマッチでクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンと対戦するエメリヤーエンコ・ヒョードルは「とてもいい気分です。ちょうど月曜に来ていて時間もとっていて、時差にも慣れてきました」と好調な仕上がりぶりのよう。  さいたまスーパーアリーナではこれまで数々の名勝負を繰り広げてきた。そこでの久々の試合になるが「世界でも最も大きな素晴らしい場所の一つだと思いますので、ここで再び試合をできることをうれしく思います。スーパーアリーナは特別な場所ですので特別な気持ちで試合に臨みます」と話した。  試合については「作戦は話せません。秘密です」としながらも、ここまでのトレーニングについては「最大やってきたのでグラウンドでもスタンディングでも対応できるように準備してきた」という。しかし「もちろん昔と同じような体力、コンディションを保つ努力をしていますが年齢は感じますので、やっぱりオーガニズム、復興力、回復力は若い頃のものではない」と話す。また「時間とともに毎回準備をしているときにどうしてもどれくらい準備をして集中するのか含めていろんな心配が常にあります。若い時は気分も違いましたしとらえ方も違ったが、最近はやっぱり年齢とともに感じ方が違っています」と話しつつも「でも若い人にはまだ負けません」とも話す。  ヒョードルはベラトールと3戦の契約をかわしているのだが「最初はここ日本。日本ではもしかしたら最後かもしれない。後の2回をどこでやるのかははっきりしていない。ベラトールとの話し合い」とのこと。  そして過去の日本での試合を振り返り「忘れられないのは初めて日本に来た時。それが一番印象に残っています。そこから日本でキャリアを積み始めたわけですが、一番印象に残っているのはPRIDE王者を巡ったノゲイラとの試合」と2004年大晦日のアントニオ・ホエドリコ・ノゲイラとの試合をあげた。

年末にヒョードルがジャクソン相手に「日本ラストマッチ」【12・29 BELLATOR】

2019.10.10 Vol.Web Original

12・29「BELLATOR JAPAN」開催が正式決定

 RIZIN FIGHTING FEDERATIONが10月9日、都内で会見を開き、「BELLATOR JAPAN」(12月29日)、に「RIZIN.20」(12月31日)をともに埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催することを発表した。  そして「BELLATOR JAPAN」で約4年ぶりに日本で試合を行うエメリヤーエンコ・ヒョードルの相手がクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンとなることが合わせて発表された。  ヒョードルはPRIDE時代に第2代PRIDEヘビー級王座に君臨。PRIDEヘビー級グランプリを制すなど「60億分の1の男」と称された。PRIDE消滅後は、Affliction、Strikeforceといったアメリカの団体で活躍。現在はBellatorを主戦場としている。  RIZINには2015年の大晦日に参戦しシング・心・ジャディブを1RにTKOで下している。  対するジャクソンPRIDEで活躍。桜庭和志、ヴァンダレイ・シウバらと激闘を繰り広げ、人気者となった。PRIDE以降はUFCで活躍。2013年からはBellatorに参戦している。  この日の会見はこの2人にBellatorのプレジデントであるスコット・コーカー氏、RIZINの榊原信行CEOが登壇した。

年末大会でRIZIN vs Bellatorの全面対抗戦実現か?【RIZIN】

2019.07.27 Vol.Web Original
ヒョードルの「日本ラストマッチ」も開催か
 米格闘技団体「Bellator」が今年の年末に日本に初進出する可能性が浮上した。  これは「RIZIN.17」(7月28日日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前日計量が行われた7月27日、計量後にRIZINの榊原信行CEOが語ったもの。  榊原氏によると、12月29日にさいたまスーパーアリーナでBellatorの日本進出第1弾大会を行い、RIZINの選手が参戦。大晦日にはRIZINの大会を開催し、こちらにはBellatorの選手が参戦。この2大会で5vs5、7vs7といった形でRIZIN vs ベラトールの全面対抗戦を行うプランがあるという。この場合、29日にはケージ、31日にはリングで試合を行う。また29日大会については全米での生中継が実現すれば12時といった早い時間からの開催となる。  これまでは堀口恭司、RENAという部分的な交流だったが、「もっと規模の大きいスケールでの交流を」という榊原氏とBellatorのスコット・コーカー代表の思惑が一致したもの。  Bellatorにはエメリヤーエンコ・ヒョードル、クイントン・ランペイジ・ジャクソンといった日本でもおなじみの選手が参戦しており、PRIDE時代に実現しなかった夢のカードが実現する可能性もある。  ヒョードルについては「日本ラストマッチ」といった形の試合が考えられるという。  榊原氏は実現の可能性としては「5割以上」と慎重な言い回しながらも「放送環境とか経済的な環境が整えば十分実現できる」とも語った。  実現した場合、RIZINとBellator両団体のバンタム級王者である堀口はどちらの大会に出るのかといった問題もあるが、それも含めどの選手がどの大会に出るのかという「興味」は尽きない。  また那須川天心についても榊原氏は「天心ももちろん絡みます。そこはサプライズをスコット側とも考えている。まだ言えないことが多いが楽しみにしてほしい」と話した  今後の交渉の展開が注目される。

RIZIN無差別級トーナメントに元UFC暫定王者シェイン・カーウィン参戦

2016.10.27 Vol.677
 RIZIN FIGHTING FEDERATIONが27日、都内で会見を開き、総合格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND」(12月29、31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で行われる無差別級トーナメントの主催者推薦枠の最後の出場選手に、元UFCファイターのシェイン・カーウィンが決まったことを発表した。  カーウィンは2010年に、デビューから12連勝でUFC暫定ヘビー級王者につくも、続く統一戦でブロック・レスナーにキャリア初の敗戦。次戦での敗北以降、ケガもあり引退を表明していたが、今回5年ぶりの復帰を果たすこととなった。  12連勝はすべて1RKOというハードパンチャー。  高田延彦RIZIN統括本部長は「カーウィンの対戦相手についてはファンの要望を聞きたい」とトーナメントの組み合わせについてツイッターでのリクエストを募集することを提案した。ハッシュタグは「#RIZIN2016」。  榊原信行RIZIN実行委員長は、昨年出場したエメリヤーエンコ・ヒョードルについては「今回は出場しない」としたが「オリンピックアスリート、プロレスラーも調整している」と大晦日ならではの他の競技からの大物の参戦については交渉中であることを明かした。

12・31 RIZIN ヒョードル復帰戦で完勝 ヘビー級トーナメントはモーが制す

2016.01.01 Vol.657
 格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS」の「IZAの舞」が12月31日、さいたまスーパーアリーナで開催された。  今大会で約3年半ぶりの現役復帰を果たしたエメリヤーエンコ・ヒョードルはシング・心・ジャディブと対戦し、1R3分3秒、レフェリーストップによるTKO勝ちで復帰を飾った。  ヒョードルがセンターを取り、シングはその周りを回って攻撃のタイミングを図る。シングが左ジャブを飛ばすがヒョードルは組み付き押し込むが、シングはヒザ蹴りで防御。離れたヒョードルだが、今度は左右のフックの連打から組み付き、バックを取るや足をかけてテイクダウン。バックから鉄槌を落とす。ヒョードルは一瞬スリーパーを狙うも、シングが仰向けになるやパウンドに。サイドからマウントに移行し、パウンドを落とし続けると、動きが止まったシングを見てレフェリーが試合を止めた。

11・21「K-1 WORLD GP」 中島vsヒョードル推薦選手 平本vsグランダーの2試合を発表

2015.10.10 Vol.651
「K-1 WORLD GP 2015 ~THE CHAMPIONSHIP~」(11月21日、東京・国立代々木競技場第二体育館)で行われるスーパーファイトの新たな決定カード2試合が9日発表された。 「Krush.59」(10月4日)で山内佑太郎に勝利し、Krush-70kg王座を防衛した中島弘貴が出場。エメリヤーエンコ・ヒョードルの推薦する選手と対戦する。  会見には中島はもちろん、前日に大晦日の総合格闘技イベント「RIZIN」への参戦が発表されたヒョードルも出席した。  ヒョードルが「今回、11月のK-1の試合に私が推薦する選手が来ることになりました。私も都合がよければ応援するために会場に行きます。推薦する選手はとても優れたファイターになると思います。すべては試合を見ればわかるので、楽しみに待っててください」と挨拶。中島は中島は、「ヒョードルが推薦してくる選手なのでいい選手だと思います。そういう外国人にはしっかり勝っていきたい」と語った。中島は7月の「-70kg初代王座トーナメント」で敗れており、ここを勝って、タイトル戦線への足がかりにしたいところだ。  また合わせて、ヒョードルは総合格闘技ZSTの『ZST.49 ~旗揚げ13周年記念大会~』(11月22日、東京・ディファ有明)にも推薦選手を派遣することが発表された。

ヒョードル氏がK-1へ選手派遣へ

2015.04.19 Vol.640
 GENスポーツアカデミー(GSA)が18日、都内で会見を開き、エメリヤーエンコ・ヒョードル氏を招聘し、サンボクラスの新設やヒョードル氏によるセミナー開催など、交流を進めていくことを発表した。
 GSAは世界で活躍するアスリートの育成を目標に4月1日にオープン。総合格闘技、キッズレスリング、体操、柔術、プロレス流トレーニングといったクラスを開催している。
 会見にはヒョードル氏とGSAのチェアマンを務める上原譲氏が登壇。
 上原氏が「私とヒョードル氏はリングス時代に同じ時間を過ごしました。このGSAの場所はかつて日本のサンボの総本山といわれた旧スポーツ会館で、ヒョードル氏も練習していた場所でした」と今回のヒョードル氏招聘の至る経緯を説明した。
 ヒョードル氏も「日本に戻って来られてうれしい。昔、ここで試合のための準備をしていたので懐かしい」と語り、今後については「ロシアからサンボのコーチや選手に来てもらう予定。自分もここに来て選手に指導したい」とのこと。
 またヒョードル氏は7月大会以降のK-1への選手派遣も行っていく予定。将来的にはZSTへの選手派遣も視野に入っているようで、「11月21日にK-1、22日にZSTが連続開催されるので、ヒョードル氏推薦のMMA選手が派遣される可能性が高いと思っている」(上原氏)という。

Copyrighted Image