積み重ねてきたもの。【オススメMusic 4選】

2019.02.13 Vol.715

「瞬間的シックスセンス」あいみょん

 人気沸騰中のシンガーソングライター、あいみょんの最新アルバム。昨年2018年はさまざまなランキングに顔を出したり、紅白歌合戦にも出場するなど大活躍だった。最新作には、その紅白歌合戦で披露した「マリーゴールド」を筆頭に、「満月の夜なら」「今夜このまま」のシングルを収録したほか、感情的になって曲を作ることはあまりないという彼女が珍しく感情的になったという「ひかりもの」など、全12曲を収録した。オフィシャルウェブサイトのインタビューを読むと、アルバムがもっと面白くなる。いま最も注目したいアーティスト。
[J-POP ALBUM]ワーナー 2月13日(水)発売 2800円(税抜)

音楽で描くオンリーワンの世界【おススメMusic】

2018.11.14 Vol.712

「あなたとトゥラッタッタ♪ 」DREAMS COME TRUE

 ドリカムことDREAMS COME TRUEの最新シングル。実に4年ぶり!となるニューシングルは、NHK連続テレビ小説「まんぷく」の主題歌としておなじみの楽曲。「夢に向かって奮闘するすべての“あなた”の物語として響く渾身の新曲」とされるこの楽曲は、入場行進曲を思わせるリズムとアレンジと、愛嬌のあるポジティブなリリックと、吉田の伸びやかな歌声の組み合わせで、前に向かっていく感覚がガンガンと伝わってくる。カップリング曲も同様に元気が湧いてくる曲だ。「晴れたらいいね」も最新アレンジで収録。
[J-POP SINGLE] DCTrecords 11月14日(水)発売 通常盤1204円(税別)

【オススメMUSIC 5選】夏フェス予習&復習ディスク その2

2018.08.16 Vol.709

「大不正解」back number  まもなく開催される夏フェス「SUMMER SONIC 2018」のステージで改めてその存在感を示すことになることであろうロックバンド、back number(バックナンバー)が最新シングルをリリース。表題曲はバンドのディスコグラフィーのなかで最も熱量がある、アップなロックナンバー。映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の主題歌として書き下ろしたもので、先日スタートした初のドームツアーで初披露。オーディエンスは大盛り上がりだった。カップリング曲ではバンドの特徴のメロディックな面も聞ける。サマソニには東京ドームでのライブを終えてすぐの出演となる。
[J-POP SINGLE]ユニーバーサルシグマ 8月22日(水)発売 初回限定盤(CD+DVD)1800円、通常盤1000円(ともに税別)

【オススメMUSIC 5選】夏フェス予習&復習ディスク

2018.07.11 Vol.708

『夷曲一揆』怒髪天  日本の心とロックが出会い融合したサウンドとガツンとくるリリック、エネルギッシュかつエモーショナルなステージング、唯一無二の人柄から、熱い支持を集めるロックバンド、怒髪天。最新作のタイトル『夷曲一揆(ひなぶりいっき)』の夷曲とは「(詩歌などが)田舎風であること」を意味するそうで、インパクト大のアートワークとタイトルとの重なりを見るだけで体の中からポッポと血沸いてくる。収録曲は、「裸武士」「シンプルマン」など“たぎる”曲ばかり全11曲。「おおつちありがとうロックフェスティバル 2018 THE UTOPIA」や「RISING SUN ROCK FESTIVAL」「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」に出演する。
[J-POP ALBUM]テイチク 7月11日(水)発売 初回限定盤(CD+DVD)3800円、通常盤3000円(ともに税別)

【オススメMusic 5選】自分のペースで……

2018.05.23 Vol.706

『灯がともる頃には』阿佐ヶ谷ロマンティクス  グループ名が示すようにロマンティックなナンバーで注目を集めるポップな4人組、阿佐ヶ谷ロマンティクスの最新アルバム。ギター、ドラムス、キーボード、そしてボーカルの構成で奏でられる楽曲たちはノスタルジックで、心地良くて、優しい。リード曲の「君の待つ方へ」は新しい何かが始まることにウキウキする楽曲、美メロと透明感のある「想像ばかり」は聴き進むほどに、しっとりとした世界観にどっぷりと浸かってしまう魅力的な楽曲だ。タイトルトラックの「灯(ひ)がともる頃には」を筆頭に全10曲を収録。リラックスを与えてくれるポップアルバム。
[J-POP ALBUM]P-VINE 5月16日(水)発売 2400円(税別)

積み重ねのすご味。【オススメMUSIC 4選】

2017.10.07 Vol.698
 今勢いのあるアーティストのCDを一挙紹介!

勢いを感じるミュージック!【オススメMUSIC 3選】

2017.08.25 Vol.696
 今勢いのあるアーティストのCDを一挙紹介!

Copyrighted Image