ケンドーコバヤシ、インパルス板倉らで「吉本自宅ゲーム部」設立! 目標は「ガッキーが番宣」?

2020.06.23 Vol.Web Original
 ケンドーコバヤシや板倉俊之(インパルス)ら吉本興行の芸人たちがライブ配信サービス『Mildom(ミルダム)』上でゲーム配信番組「吉本自宅ゲーム部」を立ち上げ、22日、その制作発表会がオンラインで行われた。  ケンドーコバヤシや板倉を筆頭に、品川祐(品川庄司)、河本準一(次長課長)、野田クリスタル(マヂカルラブリー)など、吉本のゲーム好き芸人たちが月曜日から金曜日まで、毎日日替わりでゲーム配信番組を放送。22日から、インパルス板倉の「板倉チャンネル」を皮切りにスタートする。

「東京ゲームショウ2020」オンライン開催を検討

2020.05.09 Vol.Web Original
 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は8日、9月24~27日に開催予定の日本最大級のゲームの見本市「東京ゲームショウ2020」)について、幕張メッセでの通常開催を中止し、オンラインによる開催方法を検討すると発表した。変更の詳細などについては、5月下旬ごろから公式サイトなどで順次発表する。  新型コロナウイルスの感染が世界規模で広がり、日本国内でも予断を許さない状況を受けて、決定した。

【読プレ】ゲーム、eスポーツ愛好者を応援する「inゼリー」

2020.03.01 Vol.727

 森永製菓の新たなゼリー飲料「inゼリーBOOSTER」。「inゼリー〈GAME BOOSTER〉」は機材を問わずゲームやeスポーツを楽しむ人が、長時間のプレイや集中して打ち込みたい時のエネルギー補給にぴったり。吸収速度の違う3種の糖類やGABA、ビタミンAを配合。180kcalと適度に小腹を満たし、華やかな香りのブルーベリー味はリフレッシュにもなる。「inゼリー〈GAME BOOSTER〉」6個セットを3名にプレゼント。(係名:「GAME BOOSTER」)
<プレゼントの応募について> 【応募の〆切】2020年3月8日(日) 以下のリンクのフォームからご応募ください。 http://www.campaign-kenshou.com/campaign.php?id=3929

人気シリーズの最新作はボリュームも楽しさも過去イチ「龍が如く7 光と闇の行方」

2020.01.17 Vol.726
 累計出荷本数1200万本を超える人気ゲームシリーズ『龍が如く』の最新作が登場。新主人公の春日一番が、横浜・伊勢佐木異人町を舞台に、仲間たちと共に成りあがり、巨悪を打ち砕くというストーリー。無一文の主人公が自販機を漁ったり、缶拾いをして地道にお金を稼ぐところからスタートし大きく成長していくさまや、ドラマティックで熱い男たちのドラマに心揺さぶられる。  ゲームの舞台はこれまでにない規模。伊勢佐木異人町は「職安街エリア」「スナック街エリア」「風俗街エリア」「伊勢佐木ロードエリア」「神内駅エリア」「飯店小路エリア」「コリアン街エリア」「中華街エリア」「浜北公園エリア」とエリアごとに個性があり、広さは神室町の約3倍。美しいグラフィックによって、まるで街を散策しているような気分が味わえるのも、このシリーズならでは。もちろん、ユニークなスポットも多数ある。  シリーズの魅力のひとつである喧嘩アクション、そしてRPGコマンド選択システムが融合した「ライブコマンドRPGバトル」も登場。それによって、より男たちのバトルを臨場感たっぷりに楽しめる。

銀座にビデオゲームのアパレルアイテムが揃う期間限定ショップ

2020.01.05 Vol.Web Original
 名作ビデオゲームのアパレルアイテムが揃う『VIDEO GAME TOKYO』が、1月5日~2月29日までの期間限定ショップが東急プラザ銀座6Fにオープンする。 「パックマン」「スペースインベーダー」「奇々怪界」「ダライアス」「ドルアーガの塔」などの特殊プリントや刺繍を取り入れたTシャツ、キャップ、サコッシュなどの雑貨まで、さまざまなアイテムが多数登場する。  声優・杉田智和氏とDDS・初田 晃一郎のデザインユニット【NEO-G】と「ワギャンランド」のコラボアイテムなど、さまざまなコラボアイテムも揃う。 『VIDEO GAME TOKYO』は、幅広い年代やジャンルのゲームタイトルを、日本のクリエイターやデザイナーたちが独自の視点でリデザインするブランド。

「東京eスポーツフェスタ」まもなく開幕! 11・12日に東京ビッグサイトで開催

2020.01.02 Vol.Web Original
「東京eスポーツフェスタ」が11・12日の2日間、東京ビッグサイトで開催される。eスポーツの普及と関連産業の振興を目的としたイベントで、競技大会やさまざまな体験企画が行われるほか、eスポーツについての複数のトークセッション、さまざまな製品やサービスが集う。  競技種目は、『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』、『パズドラ』、『ポケモン GO』、『モンスターストライク』で、『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』、『パズドラ』の競技へのエントリーは当日のみとなる。  イベントのメインMCを、お笑いコンビの霜降り明星が務める。

いつでもどこでも恐竜と『LEGO ジュラシック・ワールド』

2019.11.21 Vol.724
『LEGOジュラシック・ワールド』がNintendo Switchに登場する。既にPS4など他のハードでは発売されて好評。待望のSwitchでの登場となる。  世界中でヒットを続けるアクションゲーム「レゴゲーム」シリーズのひとつ。大ヒット映画『ジュラシック・パーク』シリーズ4作のストーリーを追体験しながら冒険をする。ゲーム内には、トリケラトプス、ラプトル、ティラノサウルスなど20種類の恐竜たちが登場。それを自分の手で操作できるのが醍醐味だ。さらに「こはく」を集めて、DNA実験をすれば、自分だけのオリジナル恐竜をカスタマイズすることもできるので、さまざまな外見や能力を組み合わせて、自分だけの独創的な恐竜を生みだすこともできる。  映画の舞台でもあるイスラ・ヌブラル島とイスラ・ソルナ島を探検できる。メインのストーリーモードをクリアすると、フリープレイで遊べる。ミニミッション、さまざまなキャラクターやオリジナルの恐竜たちでの自由な探検など、やりこみ要素満載で、いろいろな遊び方で楽しめそうだ。

ONE初勝利を目指し「覚悟は決まった。真っ向勝負」の岡見に秋山が「怪我はしないで」と親心

2019.09.12 Vol.Web Original
「格闘技とeスポーツのフュージョン(融合)」がテーマのトークイベントに揃って出演
 ONEチャンピオンシップ(ONE)に参戦中の秋山成勲と岡見勇信が9月11日、都内で開催されたトークイベント『OFFICE DE TALK LIVE』に揃って参加した。  同イベントはONEが10月5、6日に開催する「ONEマーシャルアーツ・ファン・フェス」に先駆けて「格闘技とeスポーツのフュージョン(融合)」をテーマに掲げた実験的なトークイベント。  2人の他に秦アンディ英之ONE Championship日本代表、かつて松本晃市郎のリングネームでDEEPフェザー級王者に君臨し、現在はプロゲーマーとして活躍するジョビン、プロフィギュアスケーターでスポーツコメンテーターの八木沼純子、そして「格闘王誕生!ONE Championship」の実況&ナレーションを務めるフリーアナウンサーの赤平大が司会を務め約1時間にわたって、格闘技とeスポーツの親和性やONEが目指す格闘技とeスポーツの融合について、さまざまな角度から意見を交換した。  この一見、不可思議な組み合わせについてはスポーツビジネスの中で世界的に注目されているのがeスポーツ、日本のスポーツビジネスで急激に注目を集め、日本のマーケティング学会で一番最初に成功事例として挙げられたのがONEチャンピオンシップ、そして日本のスポーツビジネスで長く成功しているのがフィギュアスケートといった多角的な観点から集められた面々。  秦氏は格闘技とeスポーツには類似する部分があるということを前提とし、ONEがこれまで蓄積してきた知識、経験、ノウハウ、発信力といったものを駆使してeスポーツの選手たちをヒーロー化して世に出していこうというONEの戦略について説明した。  秋山はまずONEの成功について「世界とONEの違いは、観客の選手に対する目線が違う。アメリカで試合をして感じた目線はいい意味で玄人目線。いまアジアでONEを見ている人たちの目を見ると、これから期待しているんだなという目で僕たちを見ている。格闘技をすごく知っている人は少ない気がする。格闘技とはなんなんだろうという人たちの分母がものすごく多いと感じた。それがUFCとONEの違いなのではないかと思う」  岡見も「自分も欧米を中心に試合をしてきて一番違うと思うのは、地元の、東南アジアを中心としたヒーローをしっかり作り上げているなということ。スタッフ、ファン、お客さんのすべてがそのヒーローを作っていく。それは欧米にはないスタイル。試合を見て感じたのはお客さん一人一人がすごく熱狂的。ONEから生まれるヒーローが、UFCや他の団体と違って、ONEだけの世界観で作られていく。そこで作られたヒーローはONEのヒーローであり、東南アジアやその地元でのヒーロー。それをみんなが応援する。熱狂の種類が違うということを試合をしてみて感じた。日本や他の国でもひとつひとつヒーローを作っていくとUFCと対抗する新しい独特のものができるのではないかと感じた」などとそれぞれ格闘家の視点から分析した。

最新ゲームが集結する秋のメインイベント「東京ゲームショウ2019」

2019.09.06 Vol.722

 東京の秋のメインイベントのひとつである「東京ゲームショウ」がいよいよ開幕。今年は『もっとつながる。もっと楽しい。』をテーマに、最新ゲームやゲームに関連したさまざまなコンテンツ、サービス、情報が集まる。  会場内には、ゲームソフトの試遊や関連製品・サービスに触れられるブースがところ狭しと並び、スマートフォンゲームやAR/VRといったジャンル別コーナー、未知のゲームに遭遇できるインディーゲームコーナーなど盛りだくさん。展示エリアに加えて、大型ステージ「e-Sports X(クロス)」では加熱するe-Sportsの人気を肌で感じることができる。  著名人やプロゲーマー、アイドルなどが登場するブースにも注目。  進化するゲームの最前線を会場でぜひ体感して!

BALLISTIK BOYZの海沼流星、世界的ゲーマー集団「FaZe Clan」と17日に『Fortnite』生配信!

2019.08.16 Vol.Web Original
 BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEの海沼流星が、世界トップクラスの実績と人気を誇るゲーミングYouTubeチーム「FaZe Clan」と、オンラインゲーム『Fortnite』の生配信を行うと自身のインスタグラムで発表した。時間は、17日の12~13時。 「FaZe Clan」は、全世界に700万人以上のYouTubeチャンネル登録者がおり、Instagramのフォロワーは690万人、Twitterが390万人フォロワーいる、世界でも圧倒的な人気を持つゲーマー集団。海沼は、現在来日中の「FaZe Clan」の設立者「FaZe Temperrr」とタッグを組んで『Fortnite』の生配信をする。 『Fortnite』は全世界で2億5千万人以上のプレイヤーがいる、世界的に人気のバトルロイヤルゲーム。100人が同じフィールドの中でアクションや武器で戦い、誰が最後の1人まで生き延びられるかを争う。7月には、三代目 J SOUL BROTHERSのELLYが、米ニューヨークで行われた同大会のワールドカップにゲスト出演し、賞金1万ドルを獲得している。  配信は、日本のカルチャーを世界に発信している「OTAQUEST」の公式YouTubeチャンネルで行われる。

プレーすれば、あの日の記憶がビビッドによみがえる『SEGA AGES コラムスⅡ』

2019.08.13 Vol.721

 セガの名作タイトルを現代に甦らせる、人気の「SEGA AGES」の最新タイトルが登場。オリジナルをできるだけ忠実に再現しながらも、オリジナル版や移植版にはなかった新要素を盛り込んで復刻するもの。  シリーズ第11作となる本作は、大ヒット落ちものパズルゲームのシリーズ第2作。宝石をタテ、ヨコ、ナナメに3つ以上並べて、次々と消していくルールはそのままに、宝石のデザインバリエーションを多数追加した。決められた宝石を消すステージクリア型の1人用ゲーム「フラッシュコラムス」と、連鎖を狙って相手のフィールドを押し上げていく「対戦コラムス」の2種類のゲームが楽しめる。「SEGA AGES」版では、難易度の調整や、オンラインで「対戦コラムス」を全国のプレイヤーと楽しめる、ネットワーク対戦&オンラインランキングや、1人用の新モード「無限コラムス」、初代がそのまま遊べてしまう『コラムスⅠ』を追加されとことん楽しめる。

Copyrighted Image