4/11発行号の表紙は【香川復活! 岡崎代表100試合】

2016.04.10 Vol.664
 サッカーのワールドカップ(W杯)アジア2次予選となるアフガニスタン戦(3月24日)とシリア戦(3月29日)が埼玉スタジアムで行われ、日本代表は2試合続けて5−0で快勝。7勝1分けの勝ち点22とし、E組を首位で突破。9月に行われる最終予選進出が決まった。  日本は2次予選初戦となるホームでのシンガポール戦(昨年6月)で0−0のドロー発進。8月に行われた「東アジアカップ2015決勝大会」でも1敗2分けに終わるなど先行きが不安視された時期もあったが、終わってみれば8試合を無失点で乗り切った。  1位突破がかかったこの日のシリア戦、ハリルホジッチ監督は本田、香川をスタメン起用。この試合が代表100試合目となる岡崎にキャプテンマークを渡すなど、粋な計らいで選手をピッチに送り出した。  立ち上がりから積極的にゴールを狙う日本は前半17分、左のショートコーナーから香川がゴール前にクロスを上げる。GKと詰めた岡崎の間に飛んだボールをGKがパンチングでクリアしたところ、そのボールが味方DFに当たりゴールへ。オウンゴールながらも先制した日本はその後も多くのチャンスを作るが、前半はこの1点のみ。  後半に入っても小刻みにパスをつないだと思えば、大胆なサイドチェンジを駆使するなどシリアDFを翻弄するが、フィニッシュにはなかなかつながらない時間帯が続いた。この膠着ムードを切り裂いたのは香川。後半21分に右サイドから出た本田の浮き球をゴール正面で胸でトラップすると反転して左足でボレーシュートを決めた。  このゴールで安全圏に入った日本はその後も攻撃の手を緩めることなく、後半41分には香川のクロスを本田が頭で決め、代表35ゴール目。終了間際にも香川がこの日2点目を決めると、ロスタイムには途中出場の原口が長友のクロスをヘッドで決めて5−0。がっくりしたシリアのGKが立ち上がれないほどのシビアな攻撃を見せた。  しかしカウンターを狙うシリアも前半の終わりからシュートまで持ち込む場面を演出。後半13分に山口蛍が接触プレーで退場し、変わった原口がそのまま慣れないボランチに入るなどして守備のバランスが崩れると、シリアに何度も枠内にシュートを打たれたが西川が再三の好セーブで得点を許さなかった。西川は2次予選8試合中6試合に出場。新守護神として結果を残した。  9月から始まる最終予選は6チームずつ2組に分かれ、ホームアンドアウェー方式で対戦し、各組上位2チームがW杯の出場権を得る。

サッカー日本代表のアギーレ新監督来日

2014.08.15 Vol.624
 サッカー日本代表の新監督に就任したハビエル・アギーレ氏が11日来日。日本サッカー協会と正式契約を結び、午後、都内のホテルで就任会見を行った。  アギーレ監督は「南アフリカ大会の終了後、一度声を掛けていただいきました。ただ、その時は個人的な事情で受けることができませんでした。しかし、その後も日本協会の方とは連絡は取り合っていましたし、ブラジル・ワールドカップ終了後に再度アプローチを頂き、合意に至りました」と挨拶した。  ファンばかりではなく選手にとっても大きな関心事となるのは監督がどのような選手を求めているのかということ。選手選考についてアギーレ監督は「将来性」「代表入りに意欲的であること」「国を背負ってプレーする気持ちを持っていること」の3点を挙げ、「個人としてだけでなくチームとしてプレーできるか、試合に貢献できるかを基準に選ぶつもり」と語った。そして「とにかく、自分で実際に見ることを重要視したい。国内外問わずすべてのプレーヤーに『ドアは空いている』。とにかく見て、その選手の技量を分析したい。また試合だけでなく、それ以外の時にどんな行動を取るかを含めて見ていきたい」とした。  また目指すサッカーのスタイルとしては「守備を固めて勝利を目指したい」と語る。しかしこれは決して守備型のチームを念頭に置いた発言ではないようで、「ディフェンスというよりも、バランスを重視したい。守ることも攻めることもできる、そんなバランスの取れた選手を求めている」とした。  アギーレ監督にとっての守備は「ボールを奪う」ということ。守備をFWやMFにも求めるというが、それは相手からボールを奪い、そこを起点として攻撃に移るということを言っているようだ。それは「DF陣の4人から5人だけが守備にあたるとは考えていない。イレブン全員、GKを含めて全員が守れて攻められる。そんなチームを目指している」という発言からもみてとれる。  そして自らのサッカー哲学を問われた時には「非常にシンプル。とにかくたくさん走る。それから、良いプレーをする。そして勝利を収める。これに尽きると思う。代表チームには、とにかく国を代表して、国を背負って戦っていることを肝に銘じてもらいたい。代表チームにとって一番大事なのは、各自が責任を持ってそれぞれの役割を果たすこと」と語った。  日本人の気質にフィットした考え方を持つアギーレ監督。代表はもとより日本のサッカー選手の意識を大きく変革させる予感を感じさせる。  アギーレ監督の注目の初陣は9月5日に札幌ドームで行われるウルグアイ代表との親善試合となる。

サッカー日本代表のアギーレ新監督「すべての選手にドアは開いている」

2014.08.11 Vol.623
 サッカー日本代表の新監督に就任したハビエル・アギーレ監督が11日来日し、都内のホテルで来日会見を行った。
 会見には日本サッカー協会の大仁邦弥会長、原博実専務理事兼技術委員長、アギーレ監督が登壇した。
 アギーレ監督は代表監督就任について「実は南アフリカのW杯が終わった時に一度声をかけていただきましたが、その時は個人的な事情で受けることができなかった。しかしその後も日本サッカー協会の方とは連絡を取っていた。そしてブラジルのW杯が終わった時に再度アプローチがあり、今回合意に至りました」と挨拶。その後の質疑応答では「オファーが“ロシアのW杯を目指したい” という真摯な内容だったので魅力を感じた。4年前にも声をかけていただいたが、その4年後にまた声をかけていただいたということは、真面目に考えて私にオファーを掛けてくれていると感じた」と就任へ至る思いを語った。
 気になる選手選考については「とにかく将来性のある選手を呼びたい。代表チームに入ることに意欲的な選手、国を背負ってプレーする気持ちを持っている選手。自分個人ではなくチームとしてのプレーができる、試合に貢献できる選手を選びたい」とした。具体的な選考過程に関しては「とにかく実際に見るということを重要視したい。国内外でプレーしているすべての選手にドアは開いている。試合中だけでなくそれ以外の時間帯でもどのような行動を取るかということも含めて見ていきたいと思っている」と語った。また「できるだけ数多くのJリーグの試合を見たい」とも語っており、ザッケローニ前監督の時はなかなか声がかからなかったJリーグの選手にも大きくチャンスが広がった印象だ。
 アギーレ監督の初陣は9月5日の札幌ドームのウルグアイ代表との一戦となる。

サッカー日本代表新監督にハビエル・アギーレ氏

2014.07.24 Vol.622
 日本サッカー協会は24日、東京・文京区のJFAハウスで理事会を開催。その後、行われた記者報告会で専務理事の原博実氏が次期日本代表監督としてハビエル・アギーレ氏と合意したことを明らかにした。
 アギーレ氏は現役時、メキシコ代表として1986年のメキシコ・ワールドカップに出場。引退後はメキシコ1部リーグ、スペイン1部リーグで多くのクラブの監督を務め、メキシコ代表監督としても2002年、2010年と2度W杯で指揮を執っている。
 原氏はアギーレ氏について「日本人の良さを生かしながら、たくましいチームに育て上げるだけの経験を積んでいる。引き出しの多い監督。スペインリーグでもチーム状態が下降しているサラゴサ、エスパニョールの監督を引き受け、残留させ、主力が引き抜かれてもチーム力をしっかり維持させるだけの手腕を持っている。これは大変なこと。そこにいるメンバーをうまく生かすことが上手な監督なんだと思う。今の日本には一番ふさわしいのではないか」と語った。
 アギーレ氏は8月中旬には来日の予定で、9月5日の「キリンチャレンジカップ2014」(北海道・札幌ドーム)のウルグアイ代表戦から指揮を執る。

Copyrighted Image