SearchSearch

ケビン・オーエンズがYouTuberローガン・ポールをスタナー葬【WWE】

2021.04.12 Vol.Web Original

ゼインとポールが仲間割れ

 WWE「レッスルマニア37」DAY2(日本時間4月12日配信、フロリダ州タンパ/レイモンド・ジェームス・スタジアム)で、ケビン・オーエンズが因縁のサミ・ゼインに勝利を収めた。そしてゼインと仲間割れした特別ゲストYouTuberローガン・ポールをスタナーで沈めた。  ゼインが試合の特別ゲストとしてポールを呼び込んで試合がスタート。オーエンズがパワーボムやキャノンボールを放てば、ゼインはビッグブーツからのブレーンバスターをエプロンに決めて攻め込んでいく。

オーエンズがゲストのYouTuberポールの前で“陰謀論者”ゼインをスタナー葬【WWE】

2021.04.03 Vol.Web Original

 WWE「スマックダウン」(日本時間4月3日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)でサミ・ゼインがゲストYouTuber、ローガン・ポールとレッドカーペット・プレミアを開催した。

 ゼインがリングに登場すると「ついに陰謀渦巻く俺のドキュメンタリーの予告編を公開する。そして特別ゲストとしてインフルエンサーで約2300万人のYouTube登録者を持つローガン・ポールが参加だ」と言ってポールを呼び込んだ。

 ゼインはポールからレッスルマニアでのゲスト参加の確約をもらって予告編を公開したが、ゼインに感想を聞かれたポールは「緊迫感があったけど、さっき会ったオーエンズがゼインには妄想癖があると言っていた」とゼインに疑いの目を向けた。

中邑&セザーロが抜群のチームワークも8人タッグ戦で敗れる【WWE】

2020.12.21 Vol.Web Original

サミ・ゼイン、キング・コービンと合体

 WWE「TLC」(日本時間12月21日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)のキックオフショーで中邑真輔&セザーロがサミ・ゼイン、キング・コービンとタッグを組んでオーティス&チャド・ゲイブル&ビッグE&ダニエル・ブライアンと8人タッグ戦で激突した。

 序盤、セザーロがブライアンのアッパーカットやクローズラインに苦戦すると、中邑がエプロンからチープショットで援護。これに怯んだブライアンにセザーロがアッパーカット、続けて中邑がヒザ攻撃を叩き込んで反撃。

中邑真輔、ダニエル・ブライアンらが6人タッグ戦で故パット・パターソンを追悼【WWE】

2020.12.05 Vol.Web Original

オープニングで追悼10カウントゴング

 WWE「スマックダウン」(日本時間12月5日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)で中邑真輔が逝去したパット・パターソンの追悼試合として、サミ・ゼイン、ドルフ・ジグラーとタッグを組んでダニエル・ブライアン&レイ・ミステリオ&ビッグEと6人タッグ戦で激突した。

 オープニングでパット・パターソンの追悼10カウントゴングが鳴り響く中でWWEスーパースターたちが揃って黙祷。追悼試合の6人タッグ戦では中邑がエルボーやショルダータックルでミステリオに攻め込めば、ミステリオもハリケーン・ラナで反撃。

AJスタイルズがゼインの前哨戦“横取り”勝利に怒りのラダー襲撃【WWE】

2020.09.26 Vol.Web Original

オープニングでの舌戦から試合がスタート

 WWE「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」のトリプルスレットIC王座ラダー戦での対戦が決定した王者ジェフ・ハーディ、王座奪還を狙うAJスタイルズ、王者を自称するサミ・ゼインが「スマックダウン」(日本時間9月26日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)で前哨戦で対戦した。

 オープニングに登場した3人はそれぞれ自身がIC王座にふさわしいと舌戦を展開しながら2本のIC王座ベルトを天井に吊るすと、プロデューサーのアダム・ピアースの指示でノンタイトルのトリプルスレット戦がスタートした。

王者ジェフがAJ、ゼイン相手のトリプルスレットIC王座ラダー戦を要求【WWE】

2020.09.19 Vol.Web Original

「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」で実現か?

 WWE「スマックダウン」(日本時間9月19日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)でIC王者のジェフ・ハーディが王座奪還を狙うAJスタイルズ、王者を自称するサミ・ゼインを相手にPPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でのフェイタル4ウェイIC王座ラダー戦を要求した。

 この日は混沌とするIC王座戦線で因縁のAJスタイルズとゼインが対戦。AJスタイルズが牛殺しやフェノメナール・フォアアームを叩き込めば、一方のゼインもブルーサンダーボムを叩き込むなど白熱の攻防を展開。しかし、試合終盤にゼインが隙をついてAJスタイルズをスクールボーイで丸め込むが、レフェリーにタイツをつかんでいたと注意を受けてしまう。これにゼインが猛抗議すると逆に今度はAJスタイルズがゼインをスクールボーイで丸め込んで勝利を収めた。

 試合後、この結果に納得のいかないゼインは背後からAJスタイルズを攻撃し、レフェリーやスタッフに詰め寄ったが、そこへ現れたIC王者ジェフが持ち出したラダーで2人を攻撃。そしてゼインにツイスト・オブ・フェイトからのスワントーンボムを狙ったがゼインがこれを場外に逃げて回避。するとジェフは「IC王座戦線にはうんざりだ。『クラッシュ・オブ・チャンピオンズ』で2人まとめて終わらしてやる。トリプルスレットIC王座ラダー戦だ」と2人を相手にした王座戦を要求した。

タッグ王者・中邑真輔がジェフ・ハーディのIC王座に挑戦も2冠届かず【WWE】

2020.08.29 Vol.Web Original

ジェフのスワントーンボムに沈む

 WWE「スマックダウン」(日本時間8月29日配信、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)でスマックダウンタッグ王者の中邑真輔がIC王座オープンチャレンジでジェフ・ハーディーに挑んだ。

 中邑は負傷しているジェフの右ヒザにドロップキックやけいれん式ストンピングで集中攻撃すると、ジェフはクローズラインから中邑を解説しているAJスタイルズに投げ飛ばすなど両者激しい攻防を展開する。

 さらに中邑はスライディング・ジャーマンスープレックスやヒザを叩き込んでからキンシャサを狙ったが、これを回避したジェフがツイスト・オブ・フェイトからスワントーンボムを炸裂させて3カウント。中邑は2冠に届かず、ジェフが王座防衛に成功した。

IC王座決定トーナメントで中邑真輔とAJスタイルズが次週対戦【WWE】

2020.05.16 Vol.Web Original

WWEがゼインが保持していた王座を突如空位に

 WWEがサミ・ゼインが保持していたインターコンチネンタル(IC)王座を突如空位としたことから、日本時間5月16日に配信された「スマックダウン」(フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)から同王座決定トーナメントが始まった。

 この日は8名によるトーナメント1回戦として2試合が行われた。抗争中のキング・コービンとアライアスの試合ではアライアスがギターを壊されながらもスモールパッケージホールドでコービンを丸め込んで勝利。

 ダニエル・ブライアンとドリュー・グラックのパートナー対決ではブライアンがヒールフックでグラックにタップ勝ちを収めた。

 次週のスマックダウンではトーナメント1回戦として中邑真輔vs AJスタイルズ、ジェフ・ハーディvsシェイマスの2試合が行われることが発表された。

中邑&セザーロのアシスト受けたゼインがIC王座防衛【WWE レッスルマニア】

2020.04.05 Vol.Web Original

試合はブライアンが終始ゼインを圧倒も…

 WWE「レッスルマニア36」1日目(日本時間4月5日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)で行われたIC王座戦で王者サミ・ゼイン(with中邑真輔、セザーロ)が“イエス旋風”のダニエル・ブライアン(withドリュー・グラック)と対戦した。

 試合序盤、ゼインは戦おうとはせずに場外を逃げ回って心理戦を仕掛けると、追いかけるブライアンの前には中邑やセザーロが立ちはだかって妨害。これに怒ったグラックが中邑&セザーロを襲撃してバリケード外に蹴散らすと、ブライアンは逃げられなくなったゼインに馬乗りになって攻撃を加える。

 その後、ゼインがクローズラインを決めて一矢報いるも、ブライアンはイエスキック連打から顔面ストンピングで攻撃して終始、ゼインを圧倒。これにグラックが1人で“イエス”チャントを始めると、今度は中邑&セザーロがグラックを襲撃。これを見たブライアンがすかさず2人にトペ・スイシーダを決めて蹴散らしたが、最後はゼインがコーナートップから飛び込んできたブライアンにヘルヴァキックをクリーンヒットさせて3カウント。ゼインがブライアン相手にIC王座防衛に成功した。

中邑&ゼインがレッスルマニア直前にブライアンを襲撃KO【WWE】

2020.04.04 Vol.Web Original

試合は反則負けもしっかりブライアンにダメージ

 WWE「スマックダウン」(日本時間4月4日配信、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)で中邑真輔(withセザーロ)とダニエル・ブライアン(withドリュー・グラック)がPPV「レッスルマニア36」直前に対戦した。

 IC王者サミ・ゼインがゲスト解説を務める中、お互いを知り尽くす2人は白熱の攻防を展開。ブライアンがダブル・ニーやミサイルキックを決めて攻め込めば、中邑もセカンドロープからのダイビング・ニーやスライディング・ジャーマンスープレックスを決めて反撃。さらに中邑がリバースパワースラムから必殺のキンシャサを狙ったが、逆にブライアンにハーフ・ボストンクラブで捕らえられてしまう。

 その後も両者互角の攻防を展開したが、アーム・バーの応酬からブライアンが必殺のイエスロックを決めるとたまらずセザーロが介入して試合は反則裁定に。

 試合後、セザーロがグラックとブライアンを襲撃すると、中邑がキンシャサ、ゼインがヘルヴァキックでブライアンをKO。レッスルマニアでのIC王座戦直前に両チームの遺恨が激化した。

 王者ゼインとブライアンのIC王座戦が行われるPPV「レッスルマニア36」(現地時間4月4、5日、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)は日本では4月5、6日にWWEネットワークで配信される。J SPORTSオンデマンドでは日本語実況版が4月8日、9日、字幕版が4月12日に配信開始される。

「レッスルマニア36」でゼインvsブライアンのIC王座戦が決定【3・27 WWE】

2020.03.28 Vol.Web Original

中邑が“条件マッチ”でグラックにまさかの敗戦

 WWE「スマックダウン」(現地時間3月27日、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)で中邑真輔がサミ・ゼインのIC王座戦を巡ってドリュー・グラックと対戦した。

 前週のスマックダウンで行われたタッグ戦に勝利したダニエル・ブライアンが王者ゼインにレッスルマニアでのIC王座戦を要求。これにゼインが「グラックが中邑に勝てればな」と条件を付けたことからこの一戦が実現した。

 意気込むグラックがドロップキックやドラゴン・スクリューで攻め込めば、中邑はセカンドロープからのダイビング・ニーを叩き込んで応戦。さらに試合終盤には中邑がフェイスバスターから必殺のキンシャサを狙ったが、グラックはセコンドのブライアンのアシストでこれを回避すると、そのまま中邑をジャックナイフで丸め込んで3カウントを奪取。中邑はグラック相手にまさかの敗戦を喫し、ゼインとブライアンのIC王座戦がPPV「レッスルマニア36」(現地時間4月4、5日、フロリダ州オーランド/WWEパフォーマンスセンター)で決定した。

「レッスルマニア36」は日本では4月5、6日にWWEネットワークで配信される。

Copyrighted Image