SearchSearch

“女帝”アスカが6人タッグ戦で王者組に敗退【WWE】

2021.04.27 Vol.Web Original

 WWE「ロウ」(日本時間4月27日配信、フロリダ州タンパ/イングリングセンター「WWEサンダードーム」)で“女帝”アスカがナオミ&ラナとタッグを組んで王者同士のタッグとなったリア・リプリー&シェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックスと対戦した。

 序盤、アスカがポップアップ・ニー・ストライクでリアに攻め込むと試合途中にはマンディ・ローズ&デイナ・ブルックが突如現れて因縁のシェイナ&ナイアに水をぶっかけて妨害。中盤にはアスカがリアとシェイナにヒップアタックを決めて攻め込んだが、交代したナイアのエルボードロップやサモアンドロップを食らってピンチに。

“女帝”アスカが調印式でリアに襲撃KOされる大失態【WWE】

2021.03.30 Vol.Web Original

次週にアスカ&リアvsシェイナ&ナイアのタッグ戦が急きょ決定

 WWE「ロウ」(日本時間3月30日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で“女帝”こと王者アスカがPPV「レッスルマニア37」のロウ女子王座戦で対戦するリア・リプリーと調印式で対峙した。

 アスカが「お前は自信過剰だ」と挑発すると、リアは「確かに。レッスルマニアでお前を倒して王座奪取する自信がある」と言い放って契約書にサインした。これにアスカもにらみつけながらサインすると「お前の自信は本物とちゃいまんねん。リアは才能あるけどワシには敵わないと学ばないとね」と王者の自信を見せたが、これにイラついたリアがテーブルをひっくり返してアスカを襲撃KO。するとそこへWWE女子タッグ王者シェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックスも現れて「次週、タッグ戦はどうだ」と挑発するとリアはアスカの了承も取らずにこれを独断で受諾した。

 PPV「レッスルマニア37」は日本時間4月11、12日にWWEネットワークで配信され、アスカvsリアのロウ女子王座戦は日本時間4月12日に行われる。

サーシャがタッグ戦で仲間割れしたビアンカにビンタ【WWE】

2021.03.22 Vol.Web Original

王者組のシェイナ・ベイズラ&ナイアとWWE女子タッグ王座戦

 WWE「ファストレーン」(日本時間3月22日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で、スマックダウン女子王者サーシャ・バンクスとロイヤルランブル戦覇者ビアンカ・ブレアがタッグを組んで、王者シェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックス(with レジナルド)とWWE女子タッグ王座戦で激突した。

 序盤、ビアンカがショルダー・タックル、サーシャがダブル・ニーをシェイナに決めて攻め込めば、ナイアはエルボー・ドロップ、シェイナはランニング・ニーをビアンカに放って反撃。

 さらにサーシャが串刺しメテオラの2連打を2人に決めると、ビアンカが450スプラッシュをシェイナに叩き込んだが、ここでレジナルドが介入してフォールを妨害。続けてサーシャがビアンカとの連携攻撃からバンク・ステートメントでシェイナを捕まえたが、これもナイアがカットに入って回避。

復帰のアスカが因縁のシェイナに“歯には歯を”攻撃で報復【WWE】

2021.03.16 Vol.Web Original

3週間前に歯を折られる

 WWE「ロウ」(日本時間3月16日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で“女帝”ことロウ女子王者・アスカが因縁のシェイナ・ベイズラーと対戦した。

 アスカは3週間前にシェイナの蹴りで歯を折られるアクシデントで戦線を離脱していた。この日、アスカはゲスト解説していたシェイナにスピンキックを放ってサプライズ登場。試合では「楽しかった。今回も歯を折ってやる」と挑発するシェイナにゴング前から襲い掛かった。

 アスカはヒップアタックやジャーマン・スープレックスでシェイナを投げ飛ばすと介入を狙うナイアをドロップキックでポストに叩きつけて排除。

“EST”ビアンカ・ブレアがKODでシェイナ・ベイズラーとの前哨戦に勝利【WWE】

2021.03.06 Vol.Web Original

「ファストレーン」でシェイナ&ナイアvsサーシャ&ビアンカのWWE女子タッグ王座戦が決定

 WWE「スマックダウン」(日本時間3月6日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で、PPV「ファストレーン」で王者組のシェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックスにサーシャ・バンクス&ビアンカ・ブレアが挑むWWE女子タッグ王座戦が決定した。

 その前哨戦で王者シェイナ(with ナイア)と“EST”ことRR戦覇者ビアンカ(with サーシャ&レジナルド)がシングルマッチで対戦し、ビアンカが必殺のKOD(キス・オブ・デス)でシェイナを沈めて勝利した。

 序盤、シェイナが腕関節への攻撃からランニング・ニーを放つとビアンカも持ち前のパワーでショルダータックルやジャーマン・スープレックを決めて攻め込んだ。

“女王”シャーロットが王者アスカにPPV「レッスルマニア37」での王座挑戦を表明【WWE】

2021.03.02 Vol.Web Original

先週、誤爆でアスカと仲間割れ

 WWE「ロウ」(日本時間3月2日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で“女王”シャーロット・フレアーが元パートナーでロウ女子王者のアスカにPPV「レッスルマニア37」での王座挑戦を表明した。

 先週、誤爆によりアスカと仲間割れとなったシャーロットはこの日、リングに登場すると「祭典レッスルマニアまで6週間。王者アスカは誰と対戦するの? 私はロウ女子王座が欲しい。レッスルマニアでアスカと対戦したい」と王座挑戦を表明した。さらにシャーロットは「アスカは怪我をしたが、強くなって戻ってくるだろう」とアスカの状況を説明するとそこへ対戦相手のWWE女子タッグ王者シェイナ・ベイズラーとナイア・ジャックスが現れた。

サーシャ&ビアンカ vs シェイナ&ナイアのWWE女子タッグ王座戦が決定【WWE】

2021.02.20 Vol.Web Original

日本時間2月22日配信の「エリミネーション・チェンバー」で実現

 WWEのPPV「エリミネーション・チェンバー」(日本時間2月22日、WWEネットワークで配信)で、SD女子王者サーシャ・バンクスと女子ロイヤルランブル(RR)覇者ビアンカ・ブレアがタッグを組んで王者シェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックスとWWE女子タッグ王座戦で対戦することが決定した。

 日本時間2月20日に配信された「スマックダウン」(フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)でベイリーが王者シェイナ&ナイアを「ディンドン・ハロー!」のゲストとして呼び込み、サーシャを侮辱していると、レジナルドの後に現れたサーシャが「私がボスよ」と反発。

 さらに女子RR覇者ビアンカも登場してサーシャを挑発するとレジナルドの提案で6人タッグ戦が行わることになった。

アスカ&シャーロットが父リック&レイシーの妨害でタッグ王座陥落【WWE】

2021.02.01 Vol.Web Original

シェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックスと対戦

 WWE「ロイヤルランブル」(日本時間2月1日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)のキックオフで、WWE女子タッグ王者のアスカ&シャーロット・フレアーが強敵シェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックスと王座をかけて対戦した。

 試合前、アスカは「やったるわ! シェイナ&ナイアはシャーロット&アスカに敵わない」と意気込むと、裏拳からミサイルキックやダブル・ニーをナイアの顔面に放って攻め込んだ。

アスカがシャーロットとのサプライズタッグでWWE女子タッグ王座獲得【WWE】

2020.12.21 Vol.Web Original

負傷欠場のラナの代わりに“女王”シャーロットが登場

 WWE「TLC」(日本時間12月21日配信、フロリダ州セントピーターズバーグ/トロピカーナ・フィールド「WWEサンダードーム」)で“女帝”ことロウ女子王者アスカが負傷のラナに代わってサプライズ復帰した“女王”シャーロット・フレアーとタッグを組んでシェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックスとWWE女子タッグ王座戦で対戦した。

 序盤、アスカがシェイナにアーム・バー、ナイアにダブル・ニーやヒップアタックを決めて攻め込んだが、ナイアにポストや解説席に叩きつけられてピンチとなった。しかし、アスカはなんとか裏拳からのハイキックをナイアに叩き込むと、交代したシャーロットが得意のムーンサルトで2人を粉砕。

“女帝”アスカがラナの好プレーでシェイナとの初対決を制す【WWE】

2020.12.08 Vol.Web Original

PPV「TLC」のWWE女子タッグ王座戦の前哨戦

 WWE「ロウ」(日本時間12月8日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)で“女帝”ことロウ女子王者アスカ(withラナ)がWWE女子タッグ王者シェイナ・ベイズラー(withナイア・ジャックス)と初シングルで激突した。

 PPV「TLC」のWWE女子タッグ王座戦で対戦することが決まった両者は序盤から足関節の取り合いで白熱の攻防を展開し、アスカがジャーマン・スープレックス、フェイスバスター、飛び付きアーム・バーと連続攻撃で攻め込むと、ヒートアップした両者はシェイナがキリフダクラッチ、アスカがアスカロックと大技を繰り出していく。

“最強弱タッグ”アスカ&ラナがタッグ王者シェイナ&ナイアに連勝【WWE】

2020.12.01 Vol.Web Original

この日も好連携を披露

 WWE「ロウ」(日本時間12月1日配信、フロリダ州オーランド/アムウェイ・センター「WWEサンダードーム」)で“女帝”ことロウ女子王者アスカが“最弱”ラナとタッグを組んでWWE女子タッグ王者シェイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックスと再び激突した。

 先週のロウで勝利しているアスカは「よし! よし! 私はラナを助ける。あなたも助けてくれた。これがシェイナ&ナイアに勝つ方法よ!」と試合前に意気込むと、一方のナイアは「先週はまぐれ! もうミスは犯さないわ」と必勝を誓った。

 序盤、シェイナ&ナイアがアスカ&ラナを捕まえてバリケードに叩きつけると、ナイアが「何様よ!」とラナに強烈なエルボーを放ってアスカ&ラナは防戦となる。しかし、ラナが攻撃をよけてナイアをポストに叩きつけると、交代したアスカがフェイスブレイカーからミサイルキック、ヒップアタックと連続攻撃でシェイナに反撃。

Copyrighted Image