サウジアラビアでアンダーテイカーvsゴールドバーグ【6・7 WWE】

2019.05.14 Vol.Web Original
トリプルH vsランディ・オートンも発表
 WWEがサウジアラビア公演「スーパー・ショーダウン」を6月7日、サウジアラビアのジッダにあるキング・アブドゥッラー・スポーツシティで開催することを5月13日発表した。  同公演では初対決となるジ・アンダーテイカーvsゴールドバーグとトリプルHvsランディ・オートンの2つのビッグマッチ、さらにWWE史上最大となる50人バトルロイヤルが行われる。  他にも“ビースト”ブロック・レスナー、WWE王者コフィ・キングストン、ユニバーサル王者セス・ロリンズ、ローマン・レインズ、ブラウン・ストローマン、AJスタイルズと豪華なスーパースターがラインアップされている。

ロンダ・ラウジーが裏切り者ニッキー・ベラと王座戦【10・29 WWE】

2018.10.09 Vol.Web Original
スーパー・ショーダウンの再戦勝利後にベラ・ツインズがまさかの襲撃
 WWE「ロウ」(米国現地時間10月8日、イリノイ州シカゴ)でロンダ・ラウジーとベラ・ツインズ(ニッキー・ベラ、ブリー・ベラ)が壮絶な仲間割れを起こした。  この日、ロンダはベラ・ツインズとトリオを結成しライオット・スクワッド(ルビー・ライオット、リブ・モーガン、サラ・ローガン)と6人タッグで対戦した。 「スーパー・ショーダウン」(現地時間10月6日、オーストラリア)の再戦となるこの試合、ブリーは因縁が生まれたモーガンとグラウンドでの殴り合いを展開する。しかし試合中盤にはライオット・スクワッドの3人に捕まって集中攻撃を浴びてしまう。  しかし、ミサイルキックで劣勢を打開したブリーがロンダとタッチすると形勢逆転。ロンダはライオットを巴投げからスタンディング・リバース・肩車で叩き落すと、最後はアームバーを決めて勝利を収めた。  2連勝に抱き合って喜ぶロンダとベラ・ツインズだったが、ここで突如ベラ・ツインズが背後からロンダを強襲。不意打ちを食らったロンダはブリーを一本背負いで投げ飛ばすも、反撃はここまで。2人掛かりの攻撃でスチール階段やバリケードに叩き付けられると、最後はリング中央でベラ・ツインズに踏みつけられる屈辱を味わった。  その後、WWE史上初の女子のみのPPV「エボリューション」(日本時間10月29日、WWEネットワークで生配信)で王者ロンダにニッキー・ベラが挑戦するロウ女子王座戦が行われることが発表された。

ショーン・マイケルズが8年半ぶりにリングに復帰【11・3 WWE】

2018.10.09 Vol.Web Original
「クラウン・ジュエル」でトリプルHと組みアンダーテイカー、ケイン組と対戦
 WWE「ロウ」(米国現地時間10月8日、イリノイ州シカゴ)のオープニングでトリプルHとショーン・マイケルズがジ・アンダーテイカーとケインの破壊兄弟に宣戦布告した。  トリプルHは10月6日(現地時間)にオーストラリアで行われた「スーパー・ショーダウン」でジ・アンダーテイカーとの“最後の対決”とうたわれた一戦で勝利を収めた。しかし試合後にアンダーテイカーとそのセコンドについていたケインの襲撃を受け逆にKOされてしまうという大失態をさらした。  この日、トリプルHは「25年という長い時間をかけて険しい山の頂点に立ったが、雪崩が起きてしまった」と試合後の出来事について触れると、返す刀で「これは破壊兄弟への問いだ。『クラウン・ジュエル』での準備はいいか?」と宣戦布告した。  続けてマイケルズが「DXは準備できてるぞ。今度はリスペクトなしで、この言葉をくれてやる」と告げると、会場からは「くそ食らえ(Suck it!)」コール。トリプルHとマイケルズはDXポーズを決めてDX復活をアピールした。  その後、「クラウン・ジュエル」(日本時間11月3日、WWEネットワークで生配信)でDX対破壊兄弟の対戦が正式に決まったことがアナウンスされた。これによりマイケルズは2010年「レッスルマニア26」でのアンダーテイカー戦以来8年半ぶりにリングに復帰することが決定した。

アンダーテイカー “最後の対決”敗戦もトリプルH&マイケルズに制裁【10・6 WWE】

2018.10.07 Vol.Web Original
序盤は互角の攻防を展開するも…
 WWEのビッグイベント「スーパー・ショーダウン」(現地時間10月6日、オーストラリア・メルボルン/メルボルン・クリケット・グラウンド)でジ・アンダーテイカーとトリプルHが対戦した。 “最後の対決”とうたわれたこの試合はノーDQ戦(反則裁定なし)で行われた。  アンダーテイカーのセコンドにはケイン、トリプルHのセコンドにはショーン・マイケルズがつき、ゴングが鳴る。  アンダーテイカーはオールド・スクールやスネークアイズを決めて攻め込み、さらに必殺のツームストーン・パイルドライバーを決めるもカウント2。トリプルHも場外でアンダーテイカーを痛め付けてペディクリーを繰り出したが、カウント2で返されて両者互角の攻防を展開。

シールドが固い絆でストローマン軍を撃破【10・6 WWE】

2018.10.07 Vol.Web Original
離脱説流れたアンブローズがチームの危機に大活躍
 WWEのビッグイベント「スーパー・ショーダウン」(現地時間10月6日、オーストラリア・メルボルン/メルボルン・クリケット・グラウンド)でシールド(ディーン・アンブローズ&セス・ロリンズ&ローマン・レインズ)がブラウン・ストローマン&ドルフ・ジグラー&ドリュー・マッキンタイア組と6人タッグで激突した。  先週のロウで行われたシングルマッチでの前哨戦では1勝2敗と負け越し、試合後の乱闘では戦闘不能に追い込まれたシールドにとっては負けられない全面対決となった。  やはり試合は両チームの乱闘からスタート。試合中盤にはレインズのスーパーマンパンチがアンブローズに誤爆。さらにレインズとロリンズがストローマン軍の3人に囲まれてしまう。  ここでシールド離脱が噂されるアンブローズの動きに注目が集まったが、アンブローズは裏切ることはなく、ストローマンにドロップキックを炸裂。  アンブローズがチームの劣勢を打開すると、最後はダーティ・ディーズでジグラーを沈めてカウント3。全面対決に勝利したシールドは3人で拳を突き合わせてチームの固い結束を証明した。

AJスタイルズがジョーとの遺恨マッチに勝利。次はブライアンと王座戦【10・6 WWE】

2018.10.07 Vol.Web Original
左足を痛めたジョーはカーフ・クラッシャーにあえなくタップ
 WWEのビッグイベント「スーパー・ショーダウン」(現地時間10月6日、オーストラリア・メルボルン/メルボルン・クリケット・グラウンド)でAJスタイルズがサモア・ジョーとノーカウントアウト、ノーDQ(反則裁定なし)でWWE王座を賭けて再戦した。  前回の王座戦での疑惑判定、さらにジョーの度重なる家族への挑発で遺恨を深めた両者の決着戦とあって、ルールはノーカウントアウト、ノーDQ(反則裁定なし)という過酷なものとなった。  2人はゴング前から殴り合うなどヒートアップ。試合が始まり巨体のジョーがトペ・スイシーダやショルダータックルで攻め込むと、AJもフェノメナルフォアアームやフェノメノンDDTで反撃。  さらにジョーがテーブルを持ち出すと、逆にAJがジョーを担いでテーブル葬。この攻撃でジョーが左足を負傷すると、AJは左足に集中攻撃。カーフ・クラッシャーや450°スプラッシュを左足に決めてジョーを追い詰めていく。  動きが鈍ったジョーはコキーナ・クラッチで一発逆転を狙うが、AJは体を反転させて回避すると、流れるようにカーフ・クラッシャーを決めてジョーからタップを奪って勝利を収めた。  王座防衛を果たしたAJは「クラウン・ジュエル」(日本時間11月3日、WWEネットワークで生配信)で、この日、ザ・ミズに勝利して王座挑戦権を獲得したダニエル・ブライアンと対戦することが決定した。

アスカ&ナオミがアイコニックスにまさかの逆転負け【10・6 WWE】

2018.10.07 Vol.Web Original
ペイトンがランニングニーでナオミからピンフォール
 WWEのビッグイベント「スーパー・ショーダウン」(現地時間10月6日、オーストラリア・メルボルン/メルボルン・クリケット・グラウンド)でアスカ&ナオミ組がアイコニックス(ビリー・ケイ&ペイトン・ロイス)と対戦した。  アスカ&ナオミはドロップキック、ヒップアタックを同時に決めると、さらにナオミがムーンサルトを繰り出して試合を優勢に進める。  しかしオーストラリア出身のアイコニックスは今回は凱旋試合。アスカとナオミの猛攻を耐え抜くと試合終盤、ビリーがロープに飛んだナオミの足を引っ張って妨害。続けてアスカをバリケードに叩き付けて数的有利にすると、連携攻撃でペイトンがランニングニーをナオミに炸裂。ペイトンがナオミからピンフォールを奪って、アイコニックスが凱旋試合を勝利で飾った。

シャーロット・フレアーがかつての親友ベッキー・リンチを襲撃【10・2 WWE】

2018.10.03 Vol.Web Original
可愛さ余って憎さ百倍? かつての親友同士が…
 WWE「スマックダウン」(現地時間10月2日、オレゴン州ポートランド)でスマックダウン女子王者ベッキー・リンチとシャーロット・フレアーが大乱闘を繰り広げた。  2人は「スーパー・ショーダウン」(日本時間10月6日、WWEネットワークで生配信)でベルトをかけて対戦する。  先にリングに登場したのはベッキー。「私を表紙にした雑誌やフィギュアはどこにあるの? 私の顔がポスターや雑誌の表紙にふさわしいことを証明する」と不満を告げると、自身がデザインした特製ポスターを公開した。この特製ポスターがシャーロットを踏みつけてベルトを掲げるベッキーだと分かると、シャーロットが即座にリングインしベッキーを襲撃する。

アスカが前哨戦でペイトン・ロイスに一本勝ち【10・2 WWE】

2018.10.03 Vol.Web Original
最後は変形アスカロック
 WWE「スマックダウン」(現地時間10月2日、オレゴン州ポートランド)でアスカがアイコニックスのペイトン・ロイスと対戦した。  アスカのセコンドにはナオミ、ペイトンのセコンドにはビリー・ケイがつき「スーパー・ショーダウン」(日本時間10月6日、WWEネットワークで生配信)で行われるアスカ&ナオミvsアイコニックスの前哨戦となった。  アスカは得意のミサイルキックやサッカーボールキックをペイトンにかわされ、逆にチョークスリーパーを許すなど格下のペイトン相手に苦戦を強いられる。しかしアスカは2発目のミサイルキックを命中させると、カニばさみからアンクルホールドを決めてペイトンを追い詰める。  ビリーが救出に入ろうとしたが、ナオミがカット。最後はアスカが変形アスカロックでペイトンからタップを奪って勝利を収めた。

アンダーテイカーが墓石落としでトリプルHをKO【10・1 WWE】

2018.10.02 Vol.Web Original
当日はショーン・マイケルズがトリプルHのセコンドに!
 WWE「ロウ」(米国現地時間10月1日、ワシントン州シアトル)のエンディングにショーン・マイケルズがゲストで登場した。  マイケルズは「いよいよスーパー・ショーダウンで “最後の対決”ジ・アンダーテイカーvsトリプルH戦だ。俺もセコンドに付いて、何かあればリングに上がってスィート・チン・ミュージックを出してやる」と「スーパー・ショーダウン」(日本時間10月6日、WWEネットワークで生配信)でトリプルHのセコンドに付くことを明言した。  すると突然、マイケルズの背後にケインが現れて一発食らわすと、アンダーテイカーも登場してマイケルズに詰め寄る。このマイケルズのピンチにトリプルHがリングに駆け付けるも、アンダーテイカーとケインはダブルチョークスラムで2人を迎撃。最後はアンダーテイカーがとどめのツームストーン・パイルドライバーでトリプルHを沈めた。  アンダーテイカーは大の字となって戦闘不能のトリプルHを見下ろすと無言のままリングを後にした。

シールドが前哨戦負け越し&番外戦でも戦闘不能【10・1 WWE】

2018.10.02 Vol.Web Original
シングル3戦は2勝1敗でストローマン軍が勝ち越し
 WWE「ロウ」(米国現地時間10月1日、ワシントン州シアトル)でシールドの3人が「スーパー・ショーダウン」で対戦するブラウン・ストローマン、ドルフ・ジグラー、ドリュー・マッキンタイアとそれぞれシングルマッチで対戦した。  ディーン・アンブローズ対ストローマン戦ではアンブローズがランニングパワースラムを食らったところにローマン・レインズが介入してストローマンの反則勝ち。続くレインズ対ジグラー戦ではジグラーのローリングクラッチホールドを凌いだレインズがスピアーを炸裂させてピンフォール勝ち。

Copyrighted Image