松潤「どんなときも」パズドラの二宮にドン引き

2017.02.24 Vol.685
 嵐の二宮和也と松本潤が20日、都内で行われたゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」5周年記念に関する記者発表会に主席した。司会者からの「どんな時にパズドラをしますか」の質問に、このゲームを極める二宮はモゴモゴ。松本に「どんな時って(二宮は)どんな時もですよ!」と突っ込まれるとニヤニヤと苦笑いだった。松本は二宮がゲームのために机の上のスマホが動かないようにするシリコン製のシートまで使っていると暴露した。  嵐はアニバーサリータイミングでのテレビCMに出演。CMは「パズル&ドラゴンズ」を提供するガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の森下一喜代表取締役社長CEOの「人間パズドラみたいなものをやってみたい」というアイデアを反映したもので、メンバーがドロップを流れるように受け渡すという内容で、撮り直しを何度も重ねたという。二宮は社長に「言うのは簡単ですよね」と笑顔でぶっちゃけた。

嵐が新CMで人間パズドラ「言うのは簡単……」

2017.02.20 Vol.684
 嵐の二宮和也と松本潤が20日、都内で行われたゲーム「パズル&ドラゴンズ」5周年記念に関する記者発表会に主席した。  発表会では、5周年のアニバーサリーに合わせてオンエアされる、嵐が出演する新CMも初披露。メンバーが巨大なドロップを流れるように受け渡していくというもので、撮影はほぼワンテイクで行われている。  アイデアは「パズル&ドラゴンズ」を提供するガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の森下一喜代表取締役社長CEOの「いつか人間パズドラみたいなものをやってみたいと思っていた」というアイデアを反映したもの。  撮影の裏話を聞かれて「言うのは簡単だなってことです、本当に」と、二宮。撮影は20回ぐらい行ったそうで、「結構やったんですよ、できなかったらできたでもう一回やろう、できらできたでもう一回やろうというマインドがある」と、話した。  撮影当日は、メンバーの櫻井翔の誕生日だったそう。出演したマーチングバンドが「ハッピーバースデー」の生演奏やチアのチームが盛り上げてくれたとそうで、松本は「おしゃれな現場でした」と、笑顔を見せた。  CMは21日から放映スタート。

世代を超えてもっと楽しめる新しいパズドラ

2015.04.25 Vol.641
 世界中が夢中になって遊んでいる『パズドラ』シリーズの最新版3DS用ソフト『パズドラ スーパーマリオエディション』がついに発売。マリオの世界観のなかで遊ぶ新しい『パズドラ』はハマリ度もいつも以上に高そう。  クッパにさらわれたピーチ姫を助けるという大筋の物語は同じ。プレイヤーはマリオやルイージとなって、仲間と一緒にクッパの城を目指す。敵への攻撃はパズルバトルで、ドロップを消してダメージを与える。ドロップを消した数やコンボの数でより敵にダメージを与えることができるほか、倒した敵が仲間になることもある。ゲームを楽しむために、冒険を始める前に最強のチームを構成すること、コースによってリーダーを変えていくこともゲームの重要なポイント。アシストキャラは、すれちがいで見つけた相手やパズフレを連れていくことができる。自分はもちろん仲間を変身させてレベルをアップさせていく楽しみも。ゴールデンウイークは新しいパズドラを思いっきりプレーしよう。

パンサー&高橋愛が新しい「パズドラ」に大興奮

2015.01.09 Vol.634
 お笑いコンビのパンサーと高橋愛が8日、都内で行われた、ガンホー・オンライン・エンターテインメントの新作発表会に出席した。発表会は4月29日に発売する3DS用ソフト『パズドラ スーパーマリオエディション』を発表したもの。発表会で一足早くゲームをプレーしたパンサーの向井慧はマリオの世界でパズドラを楽しめることに感激し、「マリオ世代はみんなハマるゲームになっている」と太鼓判。芸人で夫のあべこうじにダメ出しされながら「パズドラ」を楽しんでいるという高橋も見事な腕前でボスを倒し「知っているキャラクターも仲間になれるのがいい。お風呂の中まで持って行って(遊んで)しまいそう…」と、苦笑いだった。  年明け早々胃腸炎でダウンした尾形貴弘が「少し早く(ゲームを)教えてもらえれば(療養中に遊べた)…」と話すと、菅良太郎は「発売に合わせて体調不良になれば」と静かにアドバイスしていた。

中川翔子 パズドラ9連鎖で「すてきなクリスマス」

2013.12.10 Vol.606
20131210b.JPG
  中川翔子が10日、都内で行われた、ニンテンドー3DS用ゲーム『パズドラZ』の発売記念点灯式に出席した。クリスマスにあわせて「しょこたんサンタで光臨」した中川は、「人生で一番キラキラしたすてきなクリスマス。夢みたいです」と挨拶。イベントに駆け付けた子供とゲームをプレーすると、見事な9連鎖を達成し、さらにすてきなクリスマスを演出した。

 中川はゲームの主題歌『さかさま世界』を担当。ゲームの主題歌は「念願だった」そうで、「夢と希望が詰まったゲームの主題歌を歌わさせていただくなんて最高!」と、コメント。生パフォーマンスを披露して盛り上げた。

 元気いっぱいの中川だったが、クリスマスの予定を聞かれると、「去年はぼっちでチョコレートを作っていた」としんみり。「今年は難しい料理を作りたい」と意気込みも語った。この日の会場に隣接する東京ドームシティアトラクションズは、子供のころから「結婚する人とデートをしたいと思っている」場所だといい、「スカイフラワーで熱いベーゼを交わしたい」と熱望していた。

『パズドラZ』は、12日発売。

Copyrighted Image