SearchSearch

映画館の大スクリーンで堪能したい!圧巻の映画体験『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』

2022.04.19 Vol.750

『ハリー・ポッター』『ファンタスティック・ビースト』シリーズ全10作で興行収入が1000億円という、国内洋画シリーズ映画興行成績でもNo.1の成績を誇る魔法ワールドシリーズ最新作。『ファンタスティック・ビースト』は『ハリー・ポッター』の生みの親、J.K.ローリング自ら脚本を手掛ける注目のシリーズ。監督は『ファンタスティック・ビースト』シリーズと『ハリー・ポッター』シリーズの後半4作品を手がけてきたデイビッド・イェーツ。主人公ニュート役のエディ・レッドメイン、ダンブルドア先生役のジュード・ロウに加え『偽りなき者』の実力派マッツ・ミケルセンが、魔法界と人間界の支配を企む史上最悪の“黒い魔法使い”グリンデルバルド役で出演。

 日本では4月8日に公開され、10日までの週末3日間で観客動員68万5197人、興行収入10億5573万3460円を記録し週末動員・興行ランキングで初登場1位の大ヒットを記録し、勢いはとどまるところを知らず。まさにゴールデンウイークシーズン必見の1本となっている。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』スペシャルファンナイトに5組10名

2018.11.09 Vol.712

 今世紀最高のハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』がいよいよ公開。本作では、あのホグワーツ魔法魔術学校とパリの魔法界を舞台に、主人公のニュートとその仲間たちと、ニュートの恩師・ダンブルドア先生や、最強の敵となる“黒い魔法使い”グリンデルバルドが登場!

 日本公開に合わせ、ニュート役の主演エディ・レッドメインと、本作のキーパーソンであるダンブルドア先生役のジュード・ロウを含む主要キャスト計5名が来日決定。「ファンタビ」以来、約2年ぶり4回目の来日について主演のエディ・レッドメインは「今回はダンブルドア先生を連れて行きますよ! 日本のみなさん、杖の準備はいいですか? 日本中に魔法をかけに行きます!」とコメントを寄せている。公開前夜祭となる11月22日に行われる、豪華すぎるキャストたちが登壇予定のスペシャルファンナイトに、読者をご招待! 

 映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日(金・祝)より全国公開。

エディ・レッドメインの魔法にファン絶叫

2016.11.27 Vol.679

 大ヒット映画『ハリー・ポッター』の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のジャパンプレミアが21日、都内にて行われ、主演のエディ・レッドメインと共演のキャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、そしてデイビッド・イェーツ監督らが登壇した。

 同作は『ハリー・ポッター』に登場するホグワーツ魔法魔術学校でハリーたちが使っていた指定教科書の著者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーを主人公にした作品。ニューヨークにやってきたニュートが、保護していた魔法動物を逃がしてしまったことから巻き起こる騒動を描く。

 新主人公ニュートを演じているのが近年、人気実力ともに高い評価を誇っているエディ・レッドメイン。ヒュー・ジャックマン主演で大ヒットした『レ・ミゼラブル』のマリウス役で注目を集めた後、2015年にはホーキング博士を演じた『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演男優賞など映画賞を総なめ。トランスジェンダーの芸術家を演じた『リリーのすべて』でも2年連続でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされるという、注目の存在だ。そのルックスも相まって、日本でも熱狂的な女性ファンが続出。ジャパンプレミアでは、雨をものともしないファンの熱気に迎えられ、たっぷりとファンサービスを行った一行。エディは「キャストたちも全員“ハリポタ”ファンだけど、この映画を見た後は“ファンタビ”のファンになってください」とアピール。さらに宣伝大使を務めるDAIGOから日本のファンにどんな魔法をかけたいかと尋ねられると、ニュートの持っているトランクの中は広い空間となっていることから「温かい歓迎をしてくれたファンの皆さん全員を持ち帰りたい」と茶目っ気たっぷりに答え、これにはファンもメロメロ。

 23日には初日舞台あいさつにも登場。一行は青のはっぴ姿で鏡開きに挑戦。勢い余って酒のしずくを浴びたエディは「すごい体験!」と満喫した様子だった。

 映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は全国公開中。

今度の魔法使いはシャイだけどスゴイ! 監督デイビッド・イェーツ

2016.11.27 Vol.679

「もう魔法使いたちとの仕事はあれで終わったと思っていたんだけどね(笑)」と笑うのはデイビッド・イェーツ監督。世界中でブームを巻き起こした『ハリー・ポッター』シリーズでは5作目から完結までメガホンをとったイェーツ監督。

「この作品の話を聞いて、ぜひやってみたいと思ったんだ。『ハリー・ポッター』のときにはいわば “途中参加”だったから、ある程度形作られたキャラクターたちの成長を見守っていくのが仕事だった。でも今回はキャスティングにも参加できたし、何よりJ・K・ローリング自身が脚本を担当してくれたので、原作者と一緒に作品を作れるというのも魅力だった」 

 新たな主人公の魔法使いは魔法動物学者ニュート・スキャマンダー。演じるのは『リリーのすべて』のエディ・レッドメイン。

「エディは本当に素晴らしい役者だと分かっていたけれど、本作では期待をはるかに超えたものを見せてくれたと思う。ものすごい才能の持ち主なんだけど人と関わることが苦手、でも動物たちには限りない愛情を注いでいる…というユニークで複雑なキャラクターを本当に魅力的に表現してくれた。他のキャストたちもぴったりだったね。後から分かったんだけど、実はキャストたちは皆、熱狂的なハリポタファンだったんだ。ファンでなくともキャスティングしたと思うけど(笑)、彼らがファンだったからこそ世界観を見事に表現してくれたのかもしれないね。僕も子供のころからファンタジー作品が大好きだった。幻想の世界でいろいろ想像するのが好きなシャイな少年だった(笑)。だからこそ13歳から映画作りに夢中になって今があるんだと思うよ」

 ターゲット層を意識せず楽しめる作品を作りたかったと監督。若いファンから大人までが魔法を体感できる一本だ。」

Copyrighted Image