SearchSearch

「選手にプレッシャーを感じずにのびのびと
プレーしてほしい」心優しきカープ芸人

2015.03.22 Vol.639

「アメトーク」出演を始め、「カープ芸人」として有名なTHE GEESE(ザ・ギース)尾関高文。今や「カープを語らせたら右に出る者はいない」といっても過言ではない!? そんな尾関は今シーズン注目の選手についてはこう語る。「プレッシャーを感じずのびのびプレーをしてほしいのでホントは言いたくないんですが……、やっぱり黒田ですかね」

 今シーズンのカープといえば、8年ぶりに日本へ復帰した黒田博樹。オープン戦でも、圧倒的な存在感を示した。

「オフシーズンになると黒田の“帰ってくる詐欺”の時期だなって、ファンの間では一種の風物詩になっていたんですよ。これはもちろん深すぎる愛情の裏返し。期待しすぎるとダメだった時のショックが大きくて立ち直れなくなりますから。今年もそうだと思っていた分、帰ってくるとなった時の喜びは相当でしたね」

 もう1人、古巣へ復帰といえばかつての本塁打王、新井貴浩も注目だ。

「カープファンの間では有名な話ですが、8年ぶりに戻ってきて地元の公園でキャッチボールしていたら管理人に追い出されちゃったんです。カープの一押しスターも今は気付いてもらえず…って(笑)。でもムードメーカー的な存在で慕われていますね。一度は阪神にいってしまったんだけど、気付いたらみんなまた受け入れている。この感覚がカープファンのいいところかもしれませんね、痛みを忘れるというか(笑)」

 カープ戦の特徴といえば、応援席を真っ赤に染める熱狂的な応援と、最近話題のカープ女子だ。

「真っ赤に染まるスタンドで、赤の塊の躍動感を感じることで、野球ファンだけでなく、野球ビギナーも楽しめると思います。本当にお祭りみたいなんで! あとはユニフォームを着ている“カープ女子”もすごく可愛いんで、男性はそちらも見てください(笑)。とにかく気軽にふらっと来て、夜の球場のにおいとか、風や夏のにおいを感じてほしいですね。広島観光の際は、カープ観戦も行程に入れることをおすすめします! すぐ予約でいっぱいになっちゃうかもしれないけど、ビッグテラス席ではバーベキューをしながら野球が見られるんですから」

 仕事と天王山の試合が被ったら迷わず試合を見に行くという尾関。ファンの熱が最高潮に達しつつある広島東洋カープから、今シーズンは特に目が離せない。

今季のベイスターズはここ10年で一番いい!
ポジティブな雰囲気にあふれ、ワクワクする。

2015.03.22 Vol.639

 少年時代から熱を持って野球を見続けている、ダイノジの大谷ノブ彦。根っからの中日ファンとして知られる彼だが、今年は横浜DeNAベイスターズに熱視線を送っている。きっかけはパーソナリティーを務めるラジオ番組『キキマス!』。昨年ベイスターズを取り上げたらリスナーから熱いメールが山のように送られてきた。

「“ベイスターズのためにCSをなくさないでほしい”だとか、中畑清監督の次は3位を目指しますっていうスピーチにすごく盛り上がったとか……なんか、みなさんが自虐的で面白いんです。悪い女につかまって別れられないみたいな感じなんですよね。それがきっかけになって、今シーズンは番組をあげてベイスターズを応援していこうと決めました。それから僕もベイスターズについての本を読んだり、2月には沖縄キャンプも自腹で見に行って中畑監督が朝の散歩で歌うのも見ました。いろいろジーンとしちゃってね。ノック練習を終えた選手に“ありがとうございます”っていうのは監督じゃなくて来てくれたお客さんに対してだろってスタンドに向かってあいさつするように促したりするのなんか見たら……もう、ベイスターズが大好きになっちゃった」

 野球にもいろいろな見方があるが「今シーズンは“物語”かな」と、大谷。

「キャンプでも感じたことだけど、ベイスターズはすごくいい雰囲気なんです。チームバッティングができるようになってきているし、弱点だと思っていた左のピッチャーについても、砂田毅樹投手が調子を上げている。他の選手も育ってきてここ10年ぐらいでは一番いいチームといえるかもしれないって思います。ノッてくると勝つチームだからノリに任せて、調子が悪い時にはどうやって最小限に抑えるか。それがポイントでしょうね。今シーズン、セ・リーグは本当にどうなるか予想しがたい混戦模様で、圧倒的な最下位もいない。それと、ロペス、東野、中畑監督という元巨人の面々がどう戦っていくのかっていうのもおもしろいと思う。そう考えるとやっぱり物語でしょ。応援したいよね」

 番組ではこれまで、現場、つまり球場に行くことを推奨してきた。

「中畑監督の今年のモットーは“導(みちびく”だそうです。僕も、『キキマス!』やいろんなことを通じて、多くの人をスタジアムに導くことができたら。みんなで行って応援しましょうよ。絶対楽しいから!」

プロ野球MVPに菅野と金子

2014.12.05 Vol.632

 プロ野球の年間表彰式「NPBアワーズ」が11月26日、東京都内のホテルで開かれ、今季の最優秀選手(MVP)にセ・リーグは巨人の菅野智之投手(25)、パ・リーグはオリックスの金子千尋投手(31)がともに初めて選ばれた。最優秀新人(新人王)は、セは広島の大瀬良大地投手(23)、パはロッテの石川歩投手(26)が選出された。

 菅野は12勝5敗、防御率2.33で最優秀防御率を獲得し、チームのリーグ3連覇に貢献した。金子は16勝5敗で防御率1.98の好成績をマーク、最多勝、最優秀防御率のタイトルに輝いた。

立浪氏らが殿堂入り候補に

2014.12.05 Vol.632

 野球殿堂博物館は11月28日、2015年の野球殿堂入り競技者表彰の候補者を発表した。現役引退後5年以上が対象のプレーヤー表彰では、元中日で通算2480安打の立浪和義氏(45)、広島、巨人などで活躍し2度の本塁打王に輝いた江藤智氏(44)ら9人が新たな候補となった。プレーヤー表彰候補者は計23人。候補入りから15年間が選考対象。選考は野球報道歴15年以上の委員(約300人)による投票で行われ、75%以上の得票者が殿堂入りとなる。

 殿堂入りは来年1月23日に発表される。

シアトル・マリナーズの岩隈 三陸鉄道新球団のGMに就任 「全力プレーで草野球日本一!」

2014.11.08 Vol.630

 米大リーグ、シアトル・マリナーズの岩隈久志投手が6日、野球団『三陸鉄道キット Dreams』のGM(ジェネラルマネジャー)に就任し、都内で行われた発表会に出席した。三陸鉄道と、東北大震災直後から継続的に復興支援を行っているネスレ日本が同日設立したもので、これまでにない地域密着型の球団として、野球を通じて地域のさらなる復興を図るとともに、草野球日本一を目指す。発表会では5名の選手とマネジャーが登壇し、GM自らユニフォームを手渡した。

 岩隈投手はかつて東北楽天イーグルスでプレーした経験もある。「野球というスポーツの力を使って東北を盛り上げ、野球の楽しさも伝えていけたらと思う。できたてほやほやのチームなので、たくさん練習をしてチーム一丸となって自信をつけて戦っていただきながら、全力プレーで感動を与えるようなプレーをして、日本一を目指したい」と、意気込んでおり、翌7日から2日間、宮古市、久慈市など三陸鉄道北リアス線を北上する形で現地やチームの視察を組んだ。 

 チームには、三陸鉄道の社員と沿線住民など29名の選手が在籍。それに、マネジャーが4名、コーチらが4名配置される。三陸鉄道株式会社の望月正彦代表取締役社長がオーナー、岩手県宮古市の山本正徳市長が監督、ネスレ日本が野球団応援団長を務める。

 球団本拠地は、東北大震災で全壊したものの、2016年春に完成を目指して場所を移して再建中の新田老野球場。それまでは、宮古から久慈までの鉄道沿線にある球場を使って練習していくという。

「目指すは草野球日本一ですが、復興支援や社会貢献活動にもつなげていけたら」とGM。自身も「チーム、地元に貢献できるように、自分自身が何ができるのかを考えながら、やっていきたい」と、意気込んだ。

新井貴が阪神退団

2014.11.07 Vol.630

 プロ野球の野球協約では、次年度の選手契約が締結される場合、年俸が1億円を超えている場合は40%、1億円以下の場合は25%を超えて減額されることなないと定められている。ただし選手の同意があった場合はこの限りではない。

 阪神タイガースの新井貴浩内野手が4日、球団事務所で南信男球団社長に「自由契約」を申し入れ、退団が決定的となった。新井は今オフの事前交渉で、来季の年俸について今季の2億円から野球協約の減額制限(1億円以上の選手は40%)を超える1億2000万円ダウンを提示されていた。

 楽天、ロッテへの移籍、広島への復帰などが噂されている。

日本Sは守備妨害で終演

2014.11.07 Vol.630

 プロ野球、日本シリーズは10月30日、ソフトバンクが阪神を1−0で破り、対戦成績を4勝1敗とし、優勝を飾った。最後は9回一死満塁からファーストゴロを放った西岡の左手にキャッチャーからの送球が当たるという守備妨害で幕を閉じた。西岡がファウルラインの内側を走って送球を邪魔したとみなされてのもの。

 このプレーをめぐってはメディアやネット上で評論家からファンまでさまざまな意見が出た。31日には西岡自身がそのプレーの意図をフェイスブックで語った。

大谷がついにリアル二刀流

2014.05.23 Vol.618

 5月20日から始まったプロ野球のセパ交流戦で、日本ハムの大谷投手が中日戦に「7番・ピッチャー」で先発出場。投げて打席に立つという、リアルな二刀流が実現した。投手としては5回まで無失点に抑えながら、6回に崩れ、5回0/3を投げ5失点で降板した。打者としては3打数無安打に終わった。

人的補償で高浜獲得

2011.03.07 Vol.500

 ロッテは1日、FA権を行使して阪神に移籍した小林宏之投手(32)の補償選手として、4年目の高浜卓也内野手(21)を獲得すると発表した。ロッテは当初、投手を検討していた。高浜は横浜高から2008年、高校生ドラフト1巡目で阪神に入団。故障もあり、昨季まで一軍出場機会はなかった。

 

Copyrighted Image