ラジオJAPAN MOVE UP!が近未来の家「EQ House」から情報をお届け

2020.07.31 Vol.web Original
ラジオで日本を元気にする『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』 「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中。 ナビゲーター:一木広治/Chigusa

人気インスタグラマーのX’mas女子会は「メルセデス・ベンツ」テイストで!

2019.12.19 Vol.Web Original
「インスタにX'mas写真を上げるなら“特別感”が大事!」人気のインスタグラマー4人が特別なX'mas体験を求めてやってきたのはメルセデス ミー 東京 (六本木)。メルセデス・ベンツのブランドが醸すラグジュアリーさと、X'masならではのキラキラ感が融合した「撮っておき」の瞬間を、人気インスタグラマーならではの視点でチェック。スペシャルな期間限定メニューを堪能しちゃいました!

人気インスタグラマー×メルセデス・ベンツのキラキラX’mas

2019.12.17 Vol.Web Original
「インスタにX'mas写真を上げるなら“特別感”が大事!」人気のインスタグラマー4人が特別なX'mas体験を求めてやってきたのはメルセデス ミー 東京 (六本木)。メルセデス・ベンツのブランドが醸すラグジュアリーさと、X'masならではのキラキラ感が融合した「撮っておき」の瞬間を、人気インスタグラマーならではの視点でチェック。メルセデスの上質さが一層「映え」るX'masデコレーションを満喫!

マギー「こんな家で暮らすのが夢」。クルマが家の中に…! 近未来の“家”にワクワク

2019.10.24 Vol.Web Original
 クルマ好きとしても知られるモデルのマギーが、メルセデス・ベンツの情報発信拠点メルセデス ミー 東京 (六本木)で“近未来”を体感! “人・家・クルマがつながる空間”を実現したEQ Houseで、人と車がもっと近くなる近未来にトキメキ!

メルセデス・ベンツ「21世紀の超高級セダン」をはじめ多彩な電動モビリティーを披露

2019.10.23 Vol.Web Original
「第46回東京モーターショー2019」プレスデーが23日、東京ビッグサイトにて行われ、メルセデス・ベンツが100%電動のコンセプトカー「Vision EQS」をアジア初披露。他、ディーゼルプラグインハイブリッド車「E 350 de」など、日本初披露モデルも登場した。  メルセデス・ベンツ日本株式会社 代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏は、ダイムラーが提唱する「CASE」戦略のうち、電動化をさらに加速させていくと語り「ダイムラーは本年中に電気自動車とプラグインハイブリッドを20モデル導入、そして2030年までにはその販売比率を50%以上にすることを明言しています」と明かした。今年1月から9月までの累計で約4万9000台を販売し、純輸入車第1位を55カ月連続で維持しているメルセデス・ベンツ。上野社長は「現状に甘んじることなく、より多くのお客様にブランドに親しんでいただくために、何ができるかを常に模索しており、東京モーターショーでもさまざまな取り組みを行っていきます」と意気込みを語った。

メルセデス・ベンツが新型CLAおよびメルセデスAMG A35 4MATICを発表

2019.08.27 Vol.Web Original
 メルセデス・ベンツの新車発表会が27日、メルセデス・ミー東京(六本木)にて行われ、新型CLAおよびメルセデスAMG A35 4MATICが発表された。  メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎代表取締役社長兼CEOは「新しいコンセプトのコンパクトカー群では、MBUXの標準搭載やSクラスと同等の安全支援システムの搭載、高い走行性能、豊富なバリエーションという戦略を展開し、お客様の多様なニーズにフィットするモデルを提供することが可能となっています。すでに発表された新型Aクラスは8000台を突破し、国産、輸入車ユーザーを問わず、初めてのメルセデスとして多くの方に選んでいただいています」と新たなコンパクトカー群の好調な売れ行きを明かした。

メルセデス・ベンツ、好調の新型Aクラスにセダンが登場

2019.07.22 Vol.Web Original

 メルセデス・ベンツ日本は22日、新型Aクラスのラインアップに、新たに「Aクラス セダン」を発表した。昨年から販売を開始し、好調な売れ行きとなっている新型Aクラスに、フォーマルなセダンスタイルを加えることで、より幅広い層の獲得を目指す。 「Aクラス セダン」はメルセデス・ベンツ初となる、前輪駆動アーキテクチャーベースのプレミアムコンパクトセダン。コンパクトなボディーサイズながら、大人4人が快適に過ごすことができる広い室内空間を実現。Cクラスより一回り小さいサイズながら、室内空間は同等レベルの広さを確保している。

本日17日、六本木にサンタクロースがやってくる!/12月17日(日)の東京イベント

2017.12.17 Vol.Web Original
 メルセデス・ベンツの情報発信拠点Mercedes me Tokyoでは本日17日、サンタクロースのオフィシャルホームタウンである、フィンランドラップランドの街ロヴァニエミ市からやってきたサンタクロースのグリーティングイベントを開催。イベントではロヴァニエミ市のすばらしい自然や文化について、サンタクロースのお手伝いをする妖精トントゥが作っているクリスマスグッズを通して話してくれる他、お話の後にはサンタクロースと一緒に写真撮影をすることができる。  本日10時より整理券が配布されるのでお早めにゲットして!

メルセデス・ベンツとスター・ウォーズがコラボ!

2017.05.02 Vol.690
 メルセデス・ベンツ日本株式会社は、スター・ウォーズの世界観を堪能できる特別仕様車「CLA 180 STAR WARS Edition」を東京・六本木のメルセデス・ベンツ コネクションで発表した。 会場には、メルセデス・ベンツ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO 上野金太郎氏、ウォルト・ディズニー・ジャパンのゼネラルマネージャー ジャスティン・スカルポーネ氏、さらにサプライズゲストとして、映画に登場するドロイド、R2-D2、C-3POが登場。本コラボレーションは、スター・ウォーズが今年40周年を迎え、メルセデス・ベンツのCLAが手掛けたTV CMが過去に宇宙をテーマに展開していたことから、今回のコラボレーションが実現した。 「CLA 180 STAR WARS Edition」は、ボディカラーがホワイトとブラックの2色展開。ホワイトモデルは、スター・ウォーズのキャラクター「ストームトルーパー」をイメージし、ブラックモデルは、「ダース・ベイダー」をイメージしている。両モデルに共通している特別装置にも、スター・ウォーズのファンが喜ぶ仕様に。  ドライブレコーダーは、「R2-D2」の音声を使用。イグニッションオン/ イグニッションオフにして降車するタイミングに、それぞれのシーンに合わせた音声が流れる。車両のフロントドアをオープンすると足元には、「STAR WARS」のロゴが映し出される。作品の舞台となる宇宙のイメージと「STAR WARS」のロゴを組み合わせた専用フロアマットも敷かれている。  さらに、サンシェードは、まるで「スター・ウォーズ」のキャラクターが乗員しているかのようなデザインと、同作品のフレーズである「MAY THE FORCE BE WITH YOU. 」のデザインの2種類を用意。 その時の気分に合わせ、楽しむことができるリバーシブル仕様に仕上がっている。スター・ウォーズを愛してやまないファンにとっては、たまらないコラボレーションとなっている。

メルセデス・ベンツが新型GLAをお披露目

2017.04.19 Vol.688

 メルセデス・ベンツ日本株式会社は、新型「GLA」のお披露目を19日、東京・六本木のメルセデス・ベンツ コネクションで行った。  今回お披露目となった新型「GLA」は、メルセデスSUVのオフロード特性を強調するダイナミックなデザインに加え、最新悦の安全運転支援システムの搭載、さらにはセンサーが感知し、手を使わずにトランクの開閉することができる「フットトランクオープナー」を標準装置している。  大型モデルが多いSUVのラインナップのひとつで、車1.55m以下とコンパクトなボディサイズが最大の特徴だという。「#メルセデスの切り札」のキャッチコピーが目を引く、新CMも19日よりO.Aスタート。  さらに、同社は5月9日よりお客様向け新サービス「オンライン審査付き商談リクエスト」の受付を開始すると発表。  パソコン、タブレット端末、スマートフォンに対応し、ユーザーの都合の良い時間と場所で、新車情報とファイナンスプランについてオンライン上で、審査を結果を受け取ることができる。  また、希望のメルセデス・ベンツ正規販売店での商談予約もできるので、よりスマートにメルセデス・ベンツを利用することが出来そうだ。

ワタシを癒す秘密の庭、メルセデスで見つけた! 

2017.03.27 Vol.687
六本木のメルセデス・ベンツ コネクション(以下:MBC)の体験型屋外エリアNEXTDOORに突如、出現した謎の白いドーム。実はこの中には、誰でも自由にくつろげるグリーンガーデンが広がっているのです!

Copyrighted Image