4・24「K-1」レオナ・ぺタスインタビュー トーナメント制覇に向けてオランダで武者修行!

2016.03.21 Vol.662
 4月24日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-60kg日本代表決定トーナメント~」のトーナメントに出場するレオナ・ぺタスのインタビューを公開。 ――昨年11月のK-1デビュー戦では大雅選手に判定勝利を収めました。あの試合を振り返っていただけますか? 「やっぱり緊張しました。でも後楽園ホールよりも周りが暗かったので、リングに上がったら対戦相手と2人だけの世界だなって。試合中は後楽園ホールの方が緊張しましたね」 ――試合内容についてはいかがでしょう? 「試合が終わった時にセコンドからは『負けたな』って言われて、僕も『そうなか…』と思ったんですよ。でも結果的には判定勝ちだったので、ギリギリの試合だったと思います」 ――前回の勝利が評価されて、今回の日本代表決定トーナメント出場が決まりました。 「トーナメントなんでどういう試合になるか不安もありましたけど、僕が戦いたかった相手も出てくるので出場を決めました」 ――このトーナメントはレオナ選手にとってビッグチャンスだと思いますが、気持ちに火が点きましたか? 「普段からスイッチは入っているし、そこで大きな試合が決まったというだけなんで、普段通りと言えば普段通りです」 ――トーナメントに先だち、オランダのMike’s Gymで約1カ月間の武者修行を行ってきたそうですね。このタイミングでオランダに行った理由を聞かせてください。 「もし日本トーナメントに出られなくても、世界トーナメントに出たいと思っていたし、世界の強豪がどんなものかを味わうために行ってきました」 ――オランダではどんな生活を送っていたのですか? 「Mike’s Gymには寮があって、そこに住まわせてもらっていました。毎日朝5時半に起きて、7時から11時まで練習して、一回昼寝して、18時から20時まで練習して…の繰り返しです。土曜日が午前練だけで、日曜日がオフだったんですけど、スパーリングはヤバいし、土曜日は疲労で身体が動かないし、日曜日は次の日が朝早いからすぐ寝てました。ほとんど遊びに行く時間はなかったですね」 ――Mike’s GymにはK-1にも参戦しているマサロ・グランダーやジョーダン・ピケオーなど強豪選手が多数在籍しています。スパーリングはかなり激しかったのではないですか? 「そうですね。向こうでは事前に軽めのスパーと言っていても、ガチスパーになっちゃうんで(苦笑)。しかも僕が一番体重が軽くて、僕より軽いの選手は女子しかいなかったんですよ。だからスパーリングでは倒されないように本気でやってました」 ――オランダに行って、どこが変わったと思いますか? 「正直、一カ月でテクニックがつくどうこうはないと思うんですよ。日本に帰ってきて思ったのは気持ちが変わったこと。日本人で身体が大きい選手を見ても『スパーリングできるわ』って思うようになって、気持ちの余裕が出来ましたね」 ――1回戦で対戦する闘士選手は2014年10月にKrushで対戦し、ハイキックでKO勝ちしている相手です。対戦が決まった時はどう思いましたか? 「練習をしたこともあるんで、最初は別ブロックがいいなって思ったんですけど、決まった以上は、です。僕以外の選手に負ける姿も見たくないんで」 ――返り討ちにして、改めて強さを見せたいですか? 「返り討ちというか普通に勝って、普通に決勝まで行って、普通に優勝してって感じですね」 ――このトーナメントは自分が優勝するものだという気持ちですか? 「僕の中で決勝まで行くのは当たり前。決勝には(卜部)功也選手が上がってくると思うんで、そこで今までやってきた成果を出して勝ちたいです。決勝まで行くことは100%決めているんで、今は決勝で卜部功也に勝つための練習をしています」 ――ずばりこのトーナメントで功也選手を倒したいですか? 「僕は功也選手が間違いなく日本一だと思っているんで、あの選手を倒せば自分の中で自己満できるんで、そのためだけに戦います」

4・24 「K-1」-60kg日本代表決定トーナメントの組み合わせ発表で功也と皇治が一触即発

2016.02.22 Vol.661
「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-60kg日本代表決定トーナメント~」(4月24日、東京・代々木競技場第二体育館)で開催されるトーナメントに出場する8選手と組み合わせが21日、発表された。  1回戦の組み合わせは①山本真弘vs大雅、②レオナ・ぺタスvs. 闘士、③大沢文也vs. 明戸仁志、④卜部功也vs 皇治。①と②の勝者、③と④の勝者で準決勝を行う。優勝者には9月19日に行われる世界最強決定トーナメントへの出場権が与えられる。なお世界王者の卜部弘嵩は世界大会へのエントリーとなる。

Krush.50 NOMANが-65kg級王座奪取 41歳大月が復帰戦で22歳レオナ破る

2015.01.05 Vol.633
 立ち技格闘技「Krush」の1月4日の夜興行「Krush.50」(東京・後楽園ホール)のメーンでKrush -65kg級タイトルマッチが行われ、挑戦者のNOMANが王者・寺崎直樹を2-0の判定で破り第3代王座に就いた。寺崎は初代王者のHIROYAに続き初防衛を飾ることはできなかった。
 かつて一緒に練習をしていたこともある2人の対戦は“盟友対決”ともいわれ注目を集めたが、ゴングが鳴ってしまえば親も子もないのが勝負の世界。激しい打ち合いを繰り広げ、特に3Rはどちらが倒れてもおかしくない展開に。ともに延長戦を覚悟していたが、小差でNOMANが勝利を収めた。NOMANはリング上で「まだまだ弱い僕ですけど、これからがスタートだと思ってるので、よかったら応援お願いします」と挨拶。会見でも「今日の内容じゃおいしい選手になってしまう。謙遜ではなく、このままじゃ勝てない。もっと練習して頑張る」と語った。
 確かにこの階級には元王者のHIROYA、Krushに戻ってきた野杁正明など強敵ぞろい。果たして第3代王者は初防衛を果たすことができるのか。

Copyrighted Image