【2019年振り返り 5月編】大谷翔平復帰。大津で幼稚園児の列に車が突っ込む。東京五輪のチケット抽選販売受け付け開始

2019.12.23 Vol.Web Original
 5月1日から年号が令和となる。このおめでたい日に巨人の坂本が令和第1号ホームラン。今年はセ・リーグのMVPも獲得した。  7日(日本時間8日)には昨シーズン終了後に右ひじの手術をしたメジャーリーグ、エンゼルスの大谷翔平が3番DHで復帰。4打数無安打1打点、1四球2三振に終わったが、3番での復帰に期待の大きさをうかがわせた。13日(日本時間14日)のツインズ戦では復帰後初本塁打を含む3打数2安打2打点2四球。翌日も3安打を放つなど完全復帰を果たした。大谷は6月にはブルペンでの投球を始め、2020年での二刀流復活へ期待が高まっている。  8日には滋賀県大津市で幼稚園児の列に車が突っ込み、2人死亡、14人が重軽傷。交差点に直進した車に対抗車が右折を開始。それを避けるためにハンドルを切り、歩道に突っ込んだ。右折車の運転手・新立文子被告が自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)罪で起訴された。  9日には2020年東京五輪のチケット抽選販売受け付けが開始。29日に締め切られ2425万件のアクセスがあった。開始からサイトが混雑し、アクセスできない事例や、申し込んだつもりだったができていなかったという事例が頻発した。  11日には北方領土へのビザなし交流訪問に参加した日本維新の会の丸山穂高衆議院議員が酒に酔い、北方四島返還にあたり「戦争で取り返す是非」に言及し波紋を呼ぶ。丸山氏は日本維新の会を除名されたものの議員辞職はせず、8月にはまさかの「NHKから国民を守る会」の副党首に就任、現在に至る。  20日には4月のウクライナ大統領選で圧勝したコメディー俳優のゼレンスキー氏が第6代大統領に就任。ゼレンスキー氏は親欧米路線の継続や汚職撲滅などを掲げて当選。就任式での演説では「任期の5年間は、国民に涙を流させないよう全力で取り組む」と語った。  28日には登戸駅の近くで小学生ら18人が男に刺される事件が発生。小学6年生の女児と30代男性の計2人が死亡。犯人の岩崎隆一容疑者は自殺。この事件も真相は藪の中となってしまった。

丸山穂高 衆院議員【今月の“人”】

2019.06.08 Vol.719
 日本維新の会の丸山穂高衆院議員が北方領土へのビザなし交流訪問団に同行した際、国後島の宿舎で酒に酔い、元島民の団長を相手に戦争による北方領土奪還の是非を問うなどした。維新の会は5月14日、丸山氏を除名した。維新は丸山氏に議員辞職を促したが、同氏は「言論の自由が危ぶまれる」などと拒否。立憲民主党や日本維新の会など野党6党派は17日、辞職勧告決議案を衆院に共同提出。自民党は当初は非難決議案の提出にとどまったが、その後、丸山氏が国後島の宿舎から夜間外出しようとしたことなど新たな事実が判明したことから6月3日には公明党とともに直ちに進退判断を促す「糾弾決議案」を提示。野党も同調した。  丸山氏は除名後、ツイッターでロシアに謝罪した維新幹部を批判。20日には辞職勧告決議案について「言論府自体が自らの首を絞めかねない行為だ。(可決されても)絶対に辞めるわけにはいかない」と国会内で記者団を前に議員辞職を改めて否定した。しかし公の場に出たのはこれが最後。24日には体調不良を理由に衆院議院運営委員会の事情聴取を欠席。2カ月の休養が必要との診断書を提出した。ツイッターでは「こちらも相応の反論や弁明を行う」などと息巻いていたのだが…。  この間、丸山氏については戦争発言以外にも禁止されている夜間外出を強行しようとしたり、「女を買いたい」といった発言をしたなどとさまざまな関係者の発言が報道されている。

Copyrighted Image