本紙読者に聞いた、推しの夏フェス8強はこれだ! その2

2014.07.05 Vol.621
 現在の日本の夏フェスのフォームを作ったといっても過言ではない、フジロックフェスティバル。アンケート結果を見ても、回数を重ね、他にたくさんの夏フェスが出現しても、「一度行ってみたい」という“あこがれ”のフェスであることは変わりがないようだ。  今年注目すべきは海外の夏フェスで軒並みヘッドライナーを務めるアーケード・ファイア。中日のグリーンステージのトリを務める。また、フジロック初出演で最終日トリ前を務める米バンド、ザ・フレーミング・リップス。ツアーのたびにド派手な演出で圧倒する彼らが苗場で何を見せてくれるのか楽しみだ。日本勢では、佐野元春&THE HOBO KING BAND。佐野が、現在の日本の音楽シーンの礎となったといっても過言ではない自身のアルバム『VISITORS』を完全再現する。また、ライブといっていいものか迷うところだが、初日の大友良英スペシャルビッグバンド・フェスティバルFUKUSHIMA!オールスターズ大盆踊り大会も外せない!

本紙読者に聞いた、推しの夏フェス8強はこれだ! その1

2014.07.05 Vol.621
 国内外のトップアーティストが集まる都市型夏フェス、サマーソニック(サマソニ)。ジャンルレスなラインアップでも知られ、毎年サプライズな出演者で驚かせてくれるのもこのフェス。今年は何といっても、デビュー20周年を迎えたTOKIOの出演。ジャニーズ事務所所属のグループがサマソニに参戦するのは初めて。東京会場では初日となる16日に登場する。どんなステージを展開するのか楽しみだ。  東京会場ではその前夜祭にあたる15日にオールナイトイベント「ソニックマニア」が行われる。ロックバンドを始め、ダンス系なアクトが集結する。先日ニューアルバムをリリースしたばかりの英ロックバンドのカサビアン、エレクトロ&ダンス系の元祖クラフトワーク、日本からは斬新な演出で楽しませてくれるサカナクションなど濃厚なラインアップ。

本紙読者に聞いた、推しの夏フェス8強はこれだ! その3

2014.07.05 Vol.621
 大人が楽しめるフェスとして人気のミニフェスティバル。毎年、質の高い音楽ライブを楽しませてくれる。  近年でこそ他でも見られるようになったが、快適にライブを見られる座席(らくらくシート)をいち早く取り入れたのが同フェス。料金は一般席と比べて高くなるが、座席間が広く取られ、テーブルがあるなど、よりゆったりとライブを楽しむことができる。こだわりのフードやドリンクもこのフェスの特徴で、それらを楽しみながら音楽ライブを楽しんでほしいという狙いだ。  今年も名前を目にしただけで心地よいアーティストが勢ぞろい。初日はSalyuと中納良恵、中日は佐野元春 & The Hobo King Band、ORIGINAL LOVEがアコースティックセットで聴かせる。

夏がやってきた!OTODAMA SEA STUDIO

2014.06.21 Vol.620
 日本の音楽シーンにおいて、夏の訪れを知らせる夏限定のライブハウスが7月1日にオープンする。人気デュオのキマグレンが2005年に立ち上げた海の家ライブハウス「OTODAMA SEA STUDIO」で、今年もジャンルも年代も超えたアーティストたちが集まり、ライブを展開する。  今年は10周年のアニバーサリー。これまでの集大成であるとともに、新しい歴史の幕開けとなるスペシャルな夏。それだけに、例年以上の盛り上がりが期待できそうだ。  初日となる1日は、Aqua Timezとキマグレンでキックオフすると、怒涛のサマーデイズがスタート。ファーストフライデーとなる4日には相川七瀬、サイレントコメディーデュオのが〜まるちょば、つるの剛士にLINDBERGと豪華なラインアップが登場する。5日は根本要と佐橋佳幸、6日にはDEPAPEPE、堂島孝平、住岡梨奈、吉田山田と夏の夕方にぴったりなラインアップになっている。  夏を通じて、さまざまなアーティストが次々に登場する。今年もOTODAMA SEA STUDIOでキマリだ。友達を誘って由比ヶ浜に出かけよう!

この夏もスロースローに 大人のミニフェス開催決定

2014.06.11 Vol.619
20140611a.jpg
 大人が楽しめるフェスとして人気の『Slow Music Slow LIVE '14 in 池上本門寺』(8月29~31日)の開催が11日、主催者から発表された。今年も、池上本門寺内に設けられる特設ステージで、良質な音楽ライブ、音楽を楽しむ空間を提供する。本日から15日23:59までオフィシャルサイ(http://lultimo.jp/smsl/)トにてチケット先行を実施。一般発売は28日から。

 また、ORIGINAL LOVEほか、出演アーティストも発表された。現時点のラインアップは以下の通り。

8月29日(金):後日発表
8月30日(土):ORIGINAL LOVE(アコースティックセット) / BONNIE PINK / 土岐麻子 / Caravan / 他
8月31日(日):高橋幸宏 with 佐橋佳幸、堀江博久 / 高野寛 / Curly Giraffe with 高田漣 / 青葉市子 Guest:小山田圭吾 / 他


 

フジロックに田原総一朗!ステージ別ラインアップ&追加出演者発表

2014.06.05 Vol.618
20140605a.JPG
 フジロックフェスティバルが5日、ステージ別ラインアップと出演アーティスト66組を追加発表した。メインステージとなるグリーンステージには、フジロックの顔でもあるルート・セブンティーン・ロックン・ロール・オーケストラが決定。また、既に出演が決定した佐野元春はアルバム『VISITORS』の全曲再現ライブになることも発表された。

 また、エネルギー問題などについて意見を交わす人気プログラムの「アトミック・カフェ トーク」には田原総一朗が出演することも明らかになった。

 6月13日まで、通常4万4000円の3日通し券が4万900円で手に入る先行販売を実施中。一般発売は14日から。

新フェスRockCorpsにNE-YOの出演が決定

2014.05.23 Vol.617
20140522a.JPG
 音楽とボランティアが融合した新しいロックフェスティバル『RockCorps(ロックコープス)supported by JT』が22日、ライブイベント出演アーティストにNE-YOが決定したことを発表した。

  NE-YOは「日本初開催のRockCorpsに参加できることを非常にうれしく思っています。これまでボランティアに参加してくれた皆さんや、協力してくれた方に敬意を表して僕の音楽を届けたいと思います」と、コメントを寄せている。

 同フェスは、 9.11を受け米国でスタートしたプロジェクト。「Give,Get Given−与えて、はじめて与えられる」を基本理念とし、4時間のボランティアをすることで有名アーティストが出演するライブイベントに参加できるというもの。セレブレーションと呼ばれるライブは9月に福島県で行われ、ボランティア活動の場所は、福島県、宮城県、岩手県、首都圏。

 ボランティア参加は先着順で、公式サイトから、農業支援、環境の再生、暮らしのサポートなどのカテゴリ別、場所、日程などから選択して応募できる。詳細は(http://rockcorps.yahoo.co.jp/)で。

夏フェス]SLS、第3弾でスチャ、スペアザ、電気、レキシ

2013.06.13 Vol.593
20130613c.jpg
 音楽専門チャンネルのスペースシャワーTVが主催する、夏フェス「SWEET LOVE SHOWER 2013」(8月31日&9月1日、山中湖交流プラザ きらら)は12日、第3弾出演アーティストとを発表し、スチャラダラパー、SPECIAL OTHERS、電気グルーヴ、レキシをラインアップに加えた。SPECIAL OTHERSとレキシは8月31日に、スチャダラパーと電気グルーヴは9月1日に登場する。

 追加された4組はすべてこうした大型イベントの常連で、どのフェスにおいても盛り上げ役として圧倒的な存在感を持つ面々。これまでのラインアップはロックバンド中心になっていたが、彼らが加わることでカラフルな構成になった。

 世界文化遺産への登録がほぼ確実となった富士山をバックに、エネルギッシュなライブが繰り広げられそうだ。

 チケットは現在、ぴあで19日まで抽選先行を受付中。一般発売は7月7日。詳細は公式サイト(http://www.sweetloveshower.com/)で。

メッセージする夏フェス

2012.06.11 Vol.555


希望、絆、自然エネルギー、反・脱原発



本格的な夏フェスシーズンが迫ってきた。1カ月後には全国各地でフェスが始まる。今年もさまざまなフェスが行われるが、気になるのはフェスが"メッセージ"していること。あなたはフェスから何を受け取る?


ph_show0400.jpg


フジロックにはこんなステージもある。 ©宇宙大使☆スター




音楽と自然の共生を図る

フジロックフェスティバル


ph_show0401.jpg


昨年は、60年代の反核ムーヴメント「アトミック・カフェ・フェスティバル」がフジロック内で再始動し、観衆を集めた。今年も継続して行われる。 ©Yasuyuki Kasagi



 日本を代表する夏フェスのフジロックフェスティバル(以下、フジロック)。毎夏、国内外からジャンルレスに豪華なラインアップを揃えて、10万超のオーディエンスを集める。
 会場は大自然に囲まれた苗場スキー場。フジロックは常に自然との共生を求められてきた。2002年から地元苗場の人たちと一緒に自然散策を可能にするボードウオークを作るなかで、周辺の自然を整備して健康な状態に保つ森づくりを続けている。2011年には、会場周辺の森林の保全活動を目的とした、フジロックの森プロジェクトも始動している。
 新たな電力にも注目。2005年から、バイオディーゼルや太陽光などのクリーンエネルギーを導入して、会場内の一部のエリアで使われる電力を賄っている。
 このほかにも、NGOによる情報提供が活発に行われたり、フジロックではさまざまなメッセージが行き交う。
 さまざまな問題を抱えている日本。解決のヒントはフジロックにあるかも。


FUJI ROCK FESTIVAL

【日程】7月27~29日【会場】新潟県湯沢町苗場スキー場 【料金】3日通し券4万2800円、1日券(各日限定1万枚)1万7800円(ともに税込)[出演]27日:THE STONE ROSES、BEADY EYE、The Birthday 他 28日:NOEL GALLAHGER'S HIGH FLYING BIRDS、ACIDMAN、電気グルーヴ、JUSTICE 他 29日:RADIOHEAD、ELVIS COSTELLO AND THE IMPOSTERS、井上陽水、JACK WHITE、加藤登紀子他 【URL】http://www.fujirockfestival.com/





ph_show0402.jpg


3月にはイベントを呼びかけた坂本龍一、賛同したASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文が出席し、記者会見も




脱原発のメッセージを発信

NO NUKES 2012

 脱原発のメッセージを発信することで音楽ファンに原発に対する関心を強めてもらうことが目的。坂本龍一ほか、さまざまなアーティストが出演し、訴える。




【日程】7月7、8日 【会場】幕張メッセ国際展示場4・5ホール 【料金】1日券6800円、2日通し券1万3000円(税込)[出演]7日:ASIAN KUNG-FU GENERATION、ソウル・フラワー・ユニオン、YMO+小山田圭吾+高田漣+権藤知彦 他 8日:9mm Parabellum Bullet、Ken Yokoyama、斉藤和義、七尾旅人+大友良英+坂本龍一+ユザーン、山崎まさよし 他 【URL】http://nonukes2012.jp/







気軽に参加したい都内近郊のフェス



 夏のメインイベントとして定着した夏フェス。夏フェスを中心に1年間が回っているというリピーターなど毎夏十万単位の人が参加する。その一方で、行ってみたいのに「どのフェスに行っていいか分からない」「キャンプはしたくない」といった理由で、なかなか一歩を踏み出せない人も多いのが実情。そんな人にお勧めしたいのが、お試し感覚で気軽に参加できる近場のフェスだ。



 人気夏フェスの1つで、幕張で開催されるSUMMER SONICを筆頭に、ロック、ポップ、ジャズなどさまざまなジャンルでいろいろなタイプの野外夏フェスが行われている。都内近郊では、いつものコンサートの延長感覚で楽しめるものが多いほか、土砂降り、酷暑といった厳しい天候に見舞われても選択がある。何よりも、仲間を気軽に誘いやすい。気になるフェスにぜひ足を運んで!





ph_show0403.jpg


©SUMMER SONIC 2011 All Rights Reserved




国内外のトップアーティストが集結

SUMMER SONIC 2012


ph_show0406.jpg

 都内から簡単にアクセスでき、日帰りも可能なことから、気軽に参加できる夏フェスとして高い人気を誇る。今年の注目は、ヘッドライナーのGREEN DAYとリアーナ、さらに最新作を持ってカムバックしたロックバンドのGARBAGEなど。日本からはPerfume。マリンスタジアムでどんなライブを見せてくれるのか楽しみ。


【日程】8月18、19日 【会場】QVCマリンフィールド&幕張メッセ 【料金】1日券1万5000円、2日券2万7000円(税込・ブロック指定)[出演]18日:GREEN DAY、ADAM LAMBERT、the HIATUS、NEL
LY FURTADO 他 19日:RIHANNA、NEW ORDER、TEARS FOR FEARS、JAMIROQUAI、FOSTER THE PEOPLE、Perfume 他 【URL】http://www.summersonic.com/






ph_show0404.jpg


家族でゆったりと楽しめる人気フェス

WORLD HAPPINESS 2012

 都心にありながら豊かな自然に囲まれた夢の島公園が会場。親子チケットを用意するなど、家族で楽しめることを打ち出しているフェス。音楽ライブは、フェスの軸となるYellow Magic Orchestraを中心に、クオリティーが高く、今をときめくメンバーが集結。今年は、きゃりーぱみゅぱみゅ、岡村靖幸などが出演する。夕暮れ、潮風を感じながら見るライブは、この夏一番の想い出になるはずだ!


【日程】8月12日(日) 【会場】夢の島公園陸上競技場 【料金】ブロック指定8500円、小学生1050円、親子チケット(大人1名・子ども1名)9000円(税込・レジャーシート付)[出演]Yellow Magic Orchestra、ORIGINAL LOVE、TOKYO No.1 SOUL SET、GRAPEVINE、坂本美雨 、きゃりーぱみゅぱみゅ、EGO-WRAPPIN'、岡村靖幸、KREVA 他 【URL】http://www.world-happiness.com/






ph_show0405.jpg


photo:堀清英




こだわり抜いた大人のためのフェス

Slow Music Slow Live '12

 音楽やライフスタイルにこだわりを持つ大人たちを満足させる音楽フェス。池上本門寺という都会の中にありながらも静ひつな空間を舞台に質の高い音楽ライブが展開される、リラックスしたフェスで、一般的な夏フェスとはイメージが異なる。特徴は、音楽と共にその空間に居ることを満喫できること。音楽にマッチしたフードやドリンクも、去りゆく夏を惜しむ一夜を最大限に演出する。


【日程】8月24~26日 【会場】池上本門寺・野外特設ステージ 【料金】全席指定7800円、らくらくシート(限定100席)1万3000円。※24日はそれぞれ6500円、9000円。3日通し券1万8000円、土日2日通し券1万3000円(すべて税込)[出演]24日:スガシカオ、星野源 25日:大橋トリオ、BONNIE PINK、持田香織 他 26日:ORIGINAL LOVE、Maia Hirasawa 他 【URL】http://lultimo.jp/smsl/



Copyrighted Image