心地よいアルバム『Have Fun』シンリズム

2017.05.09 Vol.690
 ポップで心地の良い楽曲で話題のシンガーソングライター、シンリズム。注目が集まるなかで、いよいよ待望の最新アルバムをリリース。カーセンサーのTVCMソング『FUN!』を筆頭に、昨年発表された『彼女のカメラ』『ラジオネームが読まれたら』など全11曲を収録している。再生するそばからスキップしたくなる楽曲が次々に飛び出し、歌詞をつぶやいたり、鼻歌を歌いたくなる曲ばかり。タイトルをそのまま音楽で表現しているような感覚の作品だ。丁寧なメロディーや歌詞の綴り方が、詰め込みすぎな音楽があふれるなかで、新鮮さを感じさせてくれる。

心地よいアルバム『Don’t think, feel.』THE BEAT GARDEN

2017.05.08 Vol.690
 昨年メジャーデビューを果たすとともに、複数の音楽フェスに出演。迫力のパフォーマンスで多くの支持を集めた、THE BEAT GARDEN。3ボーカルに1DJという構成のグループで、迫力のボーカルとEDMサウンドがミックスした高揚感のある楽曲が特徴だ。最新シングルは、「考えるな、感じろ」の心揺さぶるフレーズをタイトルに冠した、アッパーでダンサブル、そしてアグレッシブな楽曲だ。前作と比べると、シャウトにも近いボーカルが強い印象を残す。3人で歌うからこそのボーカルの厚みも、本曲にいい意味での重みを加えている。

心地よいアルバム『Afterglow』Asgeir

2017.05.08 Vol.690
 アイスランド出身のシンガーソングライター、アウスゲイルが最新作をリリース。高い評価を得た前作でデビューアルバム『Dyro i dauoapogn』に続き、透き通るメロディーラインとファルセットボイスで再び世界を魅了することになるだろう。タイトルトラックの『Afterglow』は水面が光を反射するかのようなキラキラ感を放つ楽曲。作詞は詩人であるアウスゲイルの実の父親が手掛けている。その他の収録曲もエレクトロビートと彼の歌声が作るハーモニーが、聴く者を優しく包み込み、聴く人を虜にしてしまう。再生して目を閉じれば、穏やかで静かて、心地よい空間へと連れて行ってくれるアルバム。

心地よいアルバム『BEST SELECTION “blanc”/“noir”』Aimer

2017.05.07 Vol.690
 注目のシンガーソングライター、Aimer(エメ)がベストアルバムを発表。コンセプト別に選曲した白盤『blanc』と黒盤『noir』、2つの作品を同時にリリースした。白盤はバラード楽曲を中心にコンパイル。彼女が注目を集める大きなきっかけとなった野田洋次郎(RADWIMPS)楽曲提供の『蝶々結び』を始め、『あなたに出会わなければ?夏雪冬花?』、デビュー曲の『六等星の夜』など、1曲ごとに彼女の歌声が心にしみ込んでくる作品だ。一方、黒盤はエモーショナルな楽曲を中心に選曲している。ONE OK ROCKのTakaが提供した『insane dream』など全14曲を収録している。しっとりとした楽曲とハスキーな歌声の印象が強い彼女だが、本作のリリースによって彼女の魅力は広がっていきそう。これまでの彼女の軌跡をまとめた作品だ。

心地よいアルバム『in・ter a・li・a 』At The Drive In

2017.05.07 Vol.690
 米バンド、アット・ザ・ドライヴ・インが17年ぶりに放つ最新アルバム。メンバーのオマー・ロドリゲス・ロペスと、オマーの別プロジェクトのマーズ・ヴォルタを始め、ミューズ、シガーロスなどを手掛けたプロデューサーのリッチ・コスティがタッグを組んだ作品。メンバーが「信頼をすべてオマーにすべて託した」という本作では、2017年にアップデートされた彼らのロックが聞ける印象。17年のインターバルで否応なく盛り上がった期待感には、リリース前に発表してきた収録曲数曲のミュージックビデオを通じて、じわじわ少しずつ答えてくれてきた印象があるだけに、アルバムがリリースされれば待ちかねていたファンには熱狂が訪れそう。全11曲を収録。

Copyrighted Image