竹内涼真、戸田恵梨香とイベント出演でうるっ! ドラマ『大恋愛』が「好きすぎた」

2019.03.07 Vol.Web Original
 4月1日から「大樹(たいじゅ)生命」に社名を変更する三井生命の新CM発表会が7日、都内で行われ、CMキャラクターを務める戸田恵梨香と竹内涼真が登壇した。  ほぼ初対面に近い2人。互いの印象を聞かれると、戸田は「スラっとしてて、顔が小さくて。スマートですね」とクールな返答。一方、竹内は「テレビで見ていて……『大恋愛』が好きすぎて……本当に毎週録画を見てボロボロ泣いていたので、ちょっと今日会ったときに少しうるっと……」と、予想外のレスポンス。司会者に戸田のファンという事かと確認されると、「…ファンですね。本当に『大恋愛』のファンです」。戸田は「うれしいです。同業者の方から面白かったといわれるのはありがたいです」と笑顔を見せた。

戸田恵梨香「一緒にいる人たちを幸せにしたい」

2019.03.06 Vol.Web Original

 戸田恵梨香が6日、六本木ヒルズのヒルサイドカフェに期間限定でオープンする「ランコム ハピネス サロン」の発表会に登壇した。  昨年に続き、同ブランドのミューズに就任。「ランコムミューズに就任してから、いろんなことを深く考えるようになりました。人としての、女性としての喜びというのを深く感じながら、自分自身も豊かになってきたように思います」と、あいさつした。

戸田恵梨香「甘えたい」宣言 ファンデPRイベントで矛盾トーク

2018.05.18 Vol.Web Original

 戸田恵梨香が18日、都内で行われた「ランコム ファンデーション新製品発表会」に出席した。先日、日本のランコムミューズに就任し、この発表会が初の公の場での仕事。この日のために制作されたというレースを使った真っ白なドレスで登壇した。    新商品のウルトラファンデこと「タンイドル ウルトラ ウェア リキッド」は、美しさが18時間持続するラスティング力やカバー力があるのに呼吸するような心地よさもある、ファンデーションの矛盾を解決する商品。  発表会では商品の特徴にちなみ、「かわいい」か「きれい」か、仕事か結婚か、仕事に一生懸命になってしまって女性らしくあることを忘れがちなど、女性の身の回りの永遠の矛盾についてトーク。 「自立したいけど、甘えたい」も話題になった矛盾のひとつ。 「私は……甘えたいです」と、戸田。「私はなかなか甘え下手なんですけど、母と一緒にいると子どもでいたいなと思う瞬間があるんです。時にはそうやって甘えるのもいいのかなと、最近は素直に甘えさせてもらっています。現代の女性は仕事をされている方も多いし、自立した女性のほうが圧倒的に多いんじゃないかなと思います。時には力を抜くことができて、リラックスした状態でいられたら」と、話した。

愛は、はかなくも強いもの『ドラマW この街の命に』

2017.02.16 Vol.684
 動物の“殺処分”を正面から取り上げ、2016年日本民間放送連盟賞最優秀作品、ギャラクシー賞2016年4月度月間賞、さらには東京ドラマアウォード2016作品賞(単発ドラマ部門優秀賞)を獲得した、社会派ドラマ。日本国内で1年間に殺処分される犬猫は10万頭を超える(環境省平成26年度発表)。なぜこれほど多くの犬猫が処分されるのか。業務を行う動物愛護センターを舞台に、罪の無い動物たちの命を救おうと踏み出した獣医たちの葛藤と再生を描く。出演は『SPEC』シリーズ以来初の共演となる加瀬亮と戸田恵梨香ら。

戸田恵梨香「素直に人生を楽しみたい」

2016.11.01 Vol.677
 戸田恵梨香が31日、都内で行われたレディースブランド「LEPSIM(レプシィム)」の新しいプロモーションムービーの発表会に出席した。発表会では詩の朗読にも挑戦した。  新しいプロモーションムービー『世界でいちばん幸せな魔女』は、絵本作家と編集者の絆を描いたストーリー。戸田は、徳永えり演じる絵本作家を応援する編集者を演じている。  ムービーのコンセプトは「こころの表情のままに、シンプルに生きる」。 「自分らしくが一番難しい」と、戸田。今年は長めに休暇を取って自らを見つめ直したといい、「原点に返る、リセットしてやり始めたところ。素直に人生を楽しみたい」と話した。  発表会にはムービーに楽曲『君だけのストーリー』を提供したアーティストの大橋トリオが出席し、生ライブ。「(戸田に)見守ってもらうのはいいなと思いました。ツアーで20カ所ぐらい回るので、どうですか?」とラブコールした。  スペシャルムービーは店舗とブランドのキャンペーンサイトで11月1日から配信。

『リスクの神様』 現場はリスクなし? ゲーム流行

2015.08.21 Vol.649
 ドラマ『リスクの神様』(フジテレビ系、水曜午後10時〜)に出演中の堤真一と戸田恵梨香が17日、都内でファンミーティングを開いた。イベントでは視聴者から寄せられたさまざまな質問に返答。そのなかで、リスクに対峙するシリアスなドラマであるものの、現場は和やかなムードに包まれていることが分かった。  2人のトークから出演者のあいだでゲームが流行していることが判明。パソコンの『マインスイーパー』というパズルゲームでみんなが夢中になっているという。 「危機管理の部屋のパソコンで志賀(廣太郎)さんがやっていて、みんなやるようになった」と堤。戸田も「志賀さんがやっているのをみて初めて知ったんですが、200回ぐらいやって4回ぐらいしか成功していない」とコメントした。  他質問には「共演者のなかで敵に回したくない人は?」というものも。堤は「戸田恵梨香」の答え。戸田は「役という上では(堤演じる)西行寺さんですが……個人で見ると古田さん。対面するシーンで棒立ちでトーテムポールにしか見えなくて(笑)」。堤も「(古田はドラマの中で)笑いを取りに行っていないので、(出演者たちを)笑かす!」と、同意していた。

『リスクの神様』の堤&戸田、「敵にしたくないのは古田新太」

2015.08.17 Vol.648
20150817a.JPG
 ドラマ『リスクの神様』(フジテレビ系、水曜午後10時~)に出演中の堤真一と戸田恵梨香が17日、都内でファンミーティングを開いた。

 あいさつに立った2人には視聴者からさまざまな質問が寄せられた。「共演者のなかで敵に回したくない人は?」という質問に、堤は「戸田恵梨香」。戸田は「役という上では(堤演じる)西行寺さんですが......個人で見ると古田新太さん。対面するシーンがあったのですが、棒立ちで。トーテムポールにしか見えなかった(笑)」と続いた。堤も「(古田は対面シーンで)物に触らないでいこうと思ったらしくて...(ドラマのなかで)笑いを取りに行っていないので、(キャストを)笑かす!」と、同意していた。

 危機管理の神とされる西行寺らがさまざまなリスクを対処していくドラマ。これまで、商品の不良、食品への異物混入、スキャンダルの隠ぺい、海外駐在員の誘拐など、さまざまなリスクを扱ってきた。印象的なエピソードを聞かれ、2人はともに第5話で扱った誘拐を挙げた。堤は「英語のセリフが問題だった」と笑わせた。戸田は、第3話で扱ったスキャンダルも印象に残っているといい、「......ちょっとゾッとしました」とコメントした。

 19日放送の第6話は、新薬の特許に関連する機密情報漏えいがテーマ。

共演者が語る、東山紀之はファニーな『進撃の巨人』!?

2015.05.26 Vol.643
 6月7日から放送のWOWOWドラマ『連続ドラマW予告犯-THE PAIN-』の完成披露試写会が25日、都内にて行われ、東山紀之、戸田恵梨香、桐谷健太、橋本さとし、中村義洋監督が登壇した。  本作は、6月6日公開の生田斗真主演映画『予告犯』のスピンオフとなる連続ドラマ。法を逃れた者たちに、ネットを利用して制裁を加える謎の覆面集団“シンブンシ”の事件から1年後、新たに現れた“シンブンシ”のリーダー・佐久間を東山が演じる。
「劇場版の(生田)斗真が非常に素晴らしかったんですが、本作は趣を変えつつ負けないものになっていると思います」と、出来栄えに自信を見せた東山。共演者について質問された東山は、痴漢えん罪の被害者を演じた桐谷を「現場のムードメイカーとなってくれて、芝居もすごくリアルだった」と賞賛。しかし「実際に経験があるんじゃないかというくらい…」と続け、これには桐谷も「えん罪ですって!」と、劇中の役さながら懸命に否定。ところが戸田が「そういえば私と以前、共演したときもストーカー役だった」とさらに追い打ちをかけ、一同が爆笑するという一幕も。
 一方、桐谷は東山について「東山さんはすごくクールに見えて、実はファニーな人なんです」。グループの一員を演じた橋本も「劇中で、倒れた佐久間を抱き起すシーンがあるんですが、東山さんをつかんだら上腕二頭筋が『進撃の巨人』みたいにガチガチだった。筋肉質だけどファニーな方です」と笑いを誘っていた。

恵梨香、桃李が”嘘”の舞台挨拶。きわどい交際宣言も!?

2015.04.01 Vol.639
 映画『エイプリルフールズ』の公開初日舞台挨拶が1日、都内にて行われ豪華なキャスト・スタッフが集結。作品にちなみエイプリルフールの公開ということもあり、全員が“大ウソ”の挨拶をするという演出で観客を沸かせた。
 同作は『リーガルハイ』シリーズの人気脚本家・古沢良太と演出家・石川淳一がタッグを組んだ注目作。“嘘をついていい日”エイプリルフールに巻き起こる大騒動を描く。 「実は私は三つ子で、今までの私は違う私でした」と明かした戸田恵梨香を筆頭に、「歌手デビューをすることになりました。本作のエンディングも実は僕が歌ってます」(松坂桃李)、「元ワン・ダイレクションのユースケ・サンタマリアです」(ユースケ・サンタマリア)と、登壇者が次々と嘘を交えて挨拶。たわいのない嘘に会場が爆笑する中、菜々緒が「撮影中に出演者全員に告白させて頂いて、恵梨香と小澤(征悦)さんからOKもらってお付き合いさせて頂いてます。小澤さんは昨日OKをくれました」と、嘘の交際宣言。すると昨日、滝川クリステルとの破局が報じられた小澤も「待たせてごめんね」と話を合わせ、会場が困惑しながらも笑いに包まれるという一幕もあった。
 最後に登壇者たちは“興業収入401億円突破”とビックな嘘が記された看板を持ってフォトコール。戸田が「興業は今日かぎりなので何度も見てください」と嘘のアピールで締めくくった。

スター俳優が大集合!!『劇場版SPEC〜結〜漸ノ篇』

2014.06.22 Vol.620
 世の中には、通常の人間の能力や常識では計り知れない特殊能力=SPECを持った人間が潜んでいる…。  警視庁公安部の特別捜査官が、SPECを持った犯人に立ち向かう姿を描いたドラマ『SPEC』。2010年に放送を開始するや、鬼才・堤幸彦ならではの謎に満ちたストーリー展開と斬新な映像表現で、瞬く間にファンを確立。その後も、ドラマの続編、劇場版とシリーズが生まれヒットを記録。その完結編となる、前後編がついにDVD&ブルーレイに登場。  ニノマエとの死闘に勝利した当麻と瀬文。しかし何者かは着々と世界の終息に向け準備を進め、特殊能力者たちが次々と世間を騒がせ始める。そしてついに当麻のSPECも覚醒し…。   主演の凸凹コンビ、当麻役の戸田恵梨香と瀬文役の加瀬亮らレギュラー陣に加え、向井理、大島優子、香椎由宇、KENCHI(from EXILE)など豪華キャストも参加。当麻と瀬文が暴き出す、驚愕の真実とは!?

生きるって、想定外。ドラマW 三谷幸喜『大空港2013』

2014.05.25 Vol.618
 三谷幸喜脚本・監督による“完全ワンシーン・ワンカット”ドラマ第2弾! ドラマの始まりから終わりまで一度もカメラを止めずに撮影し続けるという、まさしくノンストップ・コメディー。NGの許されない困難な作品に挑戦するのは、主演の竹内結子をはじめ、生瀬勝久、戸田恵梨香、オダギリジョー、香川照之ら豪華なオールスターキャストたち。スケールも前作をはるかに超え、見ているほうのハラハラ感も倍増だ。  舞台は長野の松本空港。上司からのプロポーズをどう断るか悩み中の空港職員・千草は、天候不良で予定変更を余儀なくされ松本空港に降り立った田野倉一家をレストランに案内する。ところが家族6人それぞれの行動が、やがて大騒動を巻き起こすことに…。

Copyrighted Image