SearchSearch

戸田恵梨香「穏やかな家庭を築きたい」永野芽郁は「まったく自分が母親になるイメージできない」

2022.11.23 Vol.web original

 

 映画『母性』初日舞台挨拶が23日、都内にて行われ、戸田恵梨香、永野芽郁と廣木隆一監督、原作者・湊かなえが登壇。戸田と永野が物語にちなみ「母となること」への思いを語った。

 小説家・湊かなえによる大ベストセラーの映画化。ある未解決事件に隠された母娘の真実に迫るサスペンス。

 娘を愛せない母・ルミ子を演じた戸田は「世代や性別などによってもまったく見かたが変わってくる作品。これから見てくださる方がどう感じられるか、こんなにも興味深い作品になるとは」と観客の感想を楽しみにしている様子。

 その娘・清佳を演じた永野は「戸田さんと過ごす時間がだんだん少なくなってきて」と初日を迎えた喜びとさみしさとともに「戸田さんと初めてお会いした日のことを思い出しながら今日来ました」と戸田との共演を振り返った。

 そんな永野は印象深かったシーンを聞かれると「清佳が手伝うよ、と言って(ルミ子から)触らないでと言われるシーンは、撮影2日目くらいで、まだ戸田さんとそんなに近くなっていなくて。本気でグサっと来たのを覚えています。触らないで!って言われた…って(笑)。そこから戸田さんの懐に入りたいと思って(笑)」と戸田と距離を縮めていったと振り返った。

 難しい役どころを通して“母性”を見つめた戸田と永野。「母になるとしたらどんな母に?」と聞かれると「大地さんを通して母を見ていて、いつでも笑顔でいるお母さんてやっぱり素敵と思ったんですよね。なので自分も笑顔で過ごせるために心のゆとりを持てるようになりたいし、穏やかな家庭を築きたいですね」。

 一方、永野は「全く自分が母親になるイメージはまだできないんですけど、私自身、自分の母と仲がいいので、いいことも悪いことも共有できる母になりたいなと思います」と笑顔で話していた。

 映画『母性』は公開中。

戸田恵梨香 演技振り返り「間違えたな、と思う」原作者・湊かなえに“答え”を確認

2022.11.23 Vol.web original

 

 映画『母性』初日舞台挨拶が22日、都内にて行われ、戸田恵梨香、永野芽郁と廣木隆一監督、原作者・湊かなえが登壇。「難しい役どころだった」と振り返る戸田が「間違った」という演技を振り返った。

 小説家・湊かなえによる大ベストセラーの映画化。ある未解決事件に隠された母娘の真実に迫るサスペンス。

 原作者・湊かなえも「書いているときも映像が浮かんでいたんですが、映画を見たら、こんな表情があるんだと2人に教えてもらった感じ。全部上書きされました」と大絶賛し、娘を愛せない母・ルミ子を演じた戸田とその娘・清佳を演じた永野も「恐縮です」と感激。

「普段は、ある程度時間が経ってから反省点に気づくんですですけど…」と切り出した戸田は「ルミ子が清佳を“愛してる”と言って抱きしめるシーン、あそこ表情を間違えたなと思うんです」と告白。「湊さんがどういう意図で書かれたかは分かりませんが、あそこは大地真央さんが演じた(ルミ子の)母を投影すべきだった、と。どうですか?」と物語の“生みの親”に解釈を確認。

 湊は戸田のもう一つの解釈を肯定しつつ「映画の表情からは、ルミ子がやっと、これが愛しているんだとたどり着いている感じがした」と戸田の演技に感嘆。加えて「“愛してる”の奥に私は大地さんが見えました」と戸田の奥深い表現をたたえ、戸田も「ありがとうございます(笑)」と安どと喜びの表情を見せた。

 最後に戸田は「普通に過ごしていく中で気づかなかったことにハッと気づかされるような作品。自分がいつか母になるとき、いま母として過ごしている方、娘の自分が母をどう見ていたか…自分自身を振り返らざるを得ない作品になってくると思います。ただそれが、前を向くためのきっかけとなったらうれしいです」と思いを語っていた。

 映画『母性』は公開中。

戸田恵梨香「私の家は過保護で30歳過ぎても門限は6時半」永野芽郁は「過保護って素敵」

2022.11.15 Vol.web original

 

 映画『母性』の公開直前イベントが15日、都内にて行われ、本作で母娘役を演じた戸田恵梨香と永野芽郁が登壇。現役高校生たちの悩み相談に答えた。

 小説家・湊かなえによる大ベストセラーの映画化。ある未解決事件に隠された母娘の真実に迫るサスペンス。

 この日、都内高校にて高校生たちを前に“課外授業”に臨んだ戸田と永野。永野が演じた娘・清佳と同世代の女子高生たちからは、母と娘に関する悩みや質問が次々と上がった。

「親と性格や考え方が合わない時に理解してもらえず、愛されていないのかと不安になる」という悩みに、母・ルミ子を演じた戸田は「親に限らず、自分以外は他人なので考え方が違うのが当たり前だと思います。正しいか間違っているかは分からないけれど、両親が経験してきたことは一つの案としてある」と冷静な視点で語り「自分がどうしたいのか、自分が心躍るものを選択していってほしいなと思います」と温かいアドバイス。

 永野も「簡単には言えないですが、理解されてないから愛されていないのは違うかなって。まずは理解されるように努力するか、相手を理解するように努力するかを考えるのが早い、って私なら思います」と自分の視点を交えて真摯に回答。

 自立をしたいという生徒から「過保護な両親にどう対応したら?」と質問されると、戸田は「私の家は過保護で30歳すぎで実家へ帰った時も門限は6時半」と明かしつつ「でも、過保護だったからこそ、今理解できることもある。16歳で上京したのも父が背中を押してくれたからで、私自身も自分の足で立ちたいって思いがあった。きっと本当に自立しなきゃいけない時がきたら、ご両親は応援してくれると思います」と自身の経験を振り返り、学生にエール。

 18歳で一人暮らしを始めたという永野は「母が心配してよく家に来てくれていたんですけど、この子は1人でも大丈夫だって思ってもらうために、自分でできることを増やしたんです。自分は大丈夫ってアプローチしていくことも大事」とアドバイスしつつ「過保護って素敵だと思う!」と力説していた。

『母性』は11月23日より公開。

「ハコヅメ」ついに最終回! キャストが裏話で盛り上がるインタビュー&座談会をHuluで配信

2021.09.07 Vol.web original

 戸田恵梨香と永野芽郁がW主演を務める人気ドラマ「ハコヅメ ~たたかう! 交番女子~」ファン必見の特番がHuluにて配信される。

 Huluスペシャルコンテンツでは「『ハコヅメ』豪華キャストのスペシャル座談会&マル秘メイキング映像!」と題して、戸田恵梨香と永野芽郁それぞれのスペシャルインタビュー映像に加え、ムロツヨシ×三浦翔平×山田裕貴による座談会と、西野七瀬×平山祐介×千原せいじ×渕野右登による座談会の様子をお届け。

 これまでのストーリーを振り返りながら、ここでしか聞けない撮影時の爆笑マル秘裏話をとことん語りつす。さらには、キャストの素顔が垣間見えるとっておきのメイキング映像も一挙大放出!

 さらに、第9話(最終回)放送直後から、ドラマ本編で活躍する“あの人物”に焦点を当てた「Huluオリジナルストーリー」の独占配信が決定。

 今クールに大きな話題をさらった「ハコヅメ」の最終回に合わせ、盛り上がること間違いなし!

広末涼子、山口紗弥加、戸田恵梨香、吉瀬美智子、有村架純、松本穂香らが自撮り動画でメッセージ

2020.05.03 Vol.Web Original

 広末涼子、山口紗弥加、戸田恵梨香、吉瀬美智子、有村架純、松本穂香ら人気女優たちが自撮り動画でつなぐリレープロジェクト「My favorite moment~私のお気に入りの◯◯~」が注目を集めている。

 所属事務所のフラームの公式You Tubeチャンネルで展開中のプロジェクト。それぞれが自宅での過ごし方やお気に入りの時間などを紹介。読書、運動、手芸、アートなど所属女優たちのそれぞれの「おうち時間」を垣間見られる。

 広末は「コロナと戦っている方々、自粛時期を乗り越えるために頑張っている方々に、少しでも明るく前向きな気持ちになってもらえるように、メッセージを発信できたらと思います」とコメントを寄せている。

 そのほか動画には、福田麻由子、小野莉奈、山口まゆ、西山繭子、田畑志真、紺野まひる、小篠恵奈、野村麻純、徳永えりが出演している。

竹内涼真、戸田恵梨香とイベント出演でうるっ! ドラマ『大恋愛』が「好きすぎた」

2019.03.07 Vol.Web Original

 4月1日から「大樹(たいじゅ)生命」に社名を変更する三井生命の新CM発表会が7日、都内で行われ、CMキャラクターを務める戸田恵梨香と竹内涼真が登壇した。

 ほぼ初対面に近い2人。互いの印象を聞かれると、戸田は「スラっとしてて、顔が小さくて。スマートですね」とクールな返答。一方、竹内は「テレビで見ていて……『大恋愛』が好きすぎて……本当に毎週録画を見てボロボロ泣いていたので、ちょっと今日会ったときに少しうるっと……」と、予想外のレスポンス。司会者に戸田のファンという事かと確認されると、「…ファンですね。本当に『大恋愛』のファンです」。戸田は「うれしいです。同業者の方から面白かったといわれるのはありがたいです」と笑顔を見せた。

戸田恵梨香「一緒にいる人たちを幸せにしたい」

2019.03.06 Vol.Web Original



 戸田恵梨香が6日、六本木ヒルズのヒルサイドカフェに期間限定でオープンする「ランコム ハピネス サロン」の発表会に登壇した。

 昨年に続き、同ブランドのミューズに就任。「ランコムミューズに就任してから、いろんなことを深く考えるようになりました。人としての、女性としての喜びというのを深く感じながら、自分自身も豊かになってきたように思います」と、あいさつした。

戸田恵梨香「甘えたい」宣言 ファンデPRイベントで矛盾トーク

2018.05.18 Vol.Web Original



 戸田恵梨香が18日、都内で行われた「ランコム ファンデーション新製品発表会」に出席した。先日、日本のランコムミューズに就任し、この発表会が初の公の場での仕事。この日のために制作されたというレースを使った真っ白なドレスで登壇した。
 
 新商品のウルトラファンデこと「タンイドル ウルトラ ウェア リキッド」は、美しさが18時間持続するラスティング力やカバー力があるのに呼吸するような心地よさもある、ファンデーションの矛盾を解決する商品。

 発表会では商品の特徴にちなみ、「かわいい」か「きれい」か、仕事か結婚か、仕事に一生懸命になってしまって女性らしくあることを忘れがちなど、女性の身の回りの永遠の矛盾についてトーク。

「自立したいけど、甘えたい」も話題になった矛盾のひとつ。

「私は……甘えたいです」と、戸田。「私はなかなか甘え下手なんですけど、母と一緒にいると子どもでいたいなと思う瞬間があるんです。時にはそうやって甘えるのもいいのかなと、最近は素直に甘えさせてもらっています。現代の女性は仕事をされている方も多いし、自立した女性のほうが圧倒的に多いんじゃないかなと思います。時には力を抜くことができて、リラックスした状態でいられたら」と、話した。

愛は、はかなくも強いもの『ドラマW この街の命に』

2017.02.16 Vol.684

 動物の“殺処分”を正面から取り上げ、2016年日本民間放送連盟賞最優秀作品、ギャラクシー賞2016年4月度月間賞、さらには東京ドラマアウォード2016作品賞(単発ドラマ部門優秀賞)を獲得した、社会派ドラマ。日本国内で1年間に殺処分される犬猫は10万頭を超える(環境省平成26年度発表)。なぜこれほど多くの犬猫が処分されるのか。業務を行う動物愛護センターを舞台に、罪の無い動物たちの命を救おうと踏み出した獣医たちの葛藤と再生を描く。出演は『SPEC』シリーズ以来初の共演となる加瀬亮と戸田恵梨香ら。

戸田恵梨香「素直に人生を楽しみたい」

2016.11.01 Vol.677

 戸田恵梨香が31日、都内で行われたレディースブランド「LEPSIM(レプシィム)」の新しいプロモーションムービーの発表会に出席した。発表会では詩の朗読にも挑戦した。

 新しいプロモーションムービー『世界でいちばん幸せな魔女』は、絵本作家と編集者の絆を描いたストーリー。戸田は、徳永えり演じる絵本作家を応援する編集者を演じている。

 ムービーのコンセプトは「こころの表情のままに、シンプルに生きる」。

「自分らしくが一番難しい」と、戸田。今年は長めに休暇を取って自らを見つめ直したといい、「原点に返る、リセットしてやり始めたところ。素直に人生を楽しみたい」と話した。

 発表会にはムービーに楽曲『君だけのストーリー』を提供したアーティストの大橋トリオが出席し、生ライブ。「(戸田に)見守ってもらうのはいいなと思いました。ツアーで20カ所ぐらい回るので、どうですか?」とラブコールした。

 スペシャルムービーは店舗とブランドのキャンペーンサイトで11月1日から配信。

『リスクの神様』 現場はリスクなし? ゲーム流行

2015.08.21 Vol.649

 ドラマ『リスクの神様』(フジテレビ系、水曜午後10時〜)に出演中の堤真一と戸田恵梨香が17日、都内でファンミーティングを開いた。イベントでは視聴者から寄せられたさまざまな質問に返答。そのなかで、リスクに対峙するシリアスなドラマであるものの、現場は和やかなムードに包まれていることが分かった。

 2人のトークから出演者のあいだでゲームが流行していることが判明。パソコンの『マインスイーパー』というパズルゲームでみんなが夢中になっているという。

「危機管理の部屋のパソコンで志賀(廣太郎)さんがやっていて、みんなやるようになった」と堤。戸田も「志賀さんがやっているのをみて初めて知ったんですが、200回ぐらいやって4回ぐらいしか成功していない」とコメントした。

 他質問には「共演者のなかで敵に回したくない人は?」というものも。堤は「戸田恵梨香」の答え。戸田は「役という上では(堤演じる)西行寺さんですが……個人で見ると古田さん。対面するシーンで棒立ちでトーテムポールにしか見えなくて(笑)」。堤も「(古田はドラマの中で)笑いを取りに行っていないので、(出演者たちを)笑かす!」と、同意していた。

Copyrighted Image