東京都「夜の街」対策強化。一方で、接触歴の調査難航も

2020.06.05 Vol.Web original
 東京都の小池百合子都知事は5日、都庁で記者会見を開き、夜の繁華街での新規感染者数が増加傾向にあることを踏まえ、街頭での見回りや呼びかけを強化すると発表した。  都は、夜の繁華街への感染拡大防止の取り組みとして、「東京アラート」発動期間中の木曜・金曜日の19〜20時、都民へ街頭での注意喚起を行う。今週は、新宿区歌舞伎町と周辺区域で実施するという。  夜の繁華街での感染をめぐっては、4日、新たに感染が確認された28人のうち、約3割にあたる9人が、接待を伴う飲食店従業員ら「夜の街」関連であったことなど、ここ数日で増加傾向にあり、警戒が必要な状況が続いていた。  一部で施設名公表などの議論が上がっている点について、小池知事は、「接触歴不明者のうち、お店の名前や、どういう行動をしたか、という調査が上手く進んでいない方々が多いのが事実」とした上で、「営業妨害という点もあるが、感染症法を活用するという方法もあると思う。緻密な調査を重ねる上で、それらの方法もありではないか」と語った。  事業者に対しては、「お店によっては、しっかり対応されているところもあって、“一緒にするなよ”という思いもあるかと思います。一方で、このエリアは残念ながら感染者が出ていることも事実。地域として、事業者だけでなく、利用者の方々にも訴えていかないといけない」と、理解を求めた。  夜の繁華街の事業者へは12日に、ガイドラインを徹底するためのチェックリストを配布またはダウンロードできるようにするとし、対策済みの店舗には、安全表示が出せるような仕組みづくりも検討しているとした。

今日はゴジラの誕生日! よって『ゴジラ・フェス』開催します/11月3日(祝・金)の東京イベント

2017.11.03 Vol.Web Original
  第1作の映画『ゴジラ』(1954年)が公開されてから63年。ゴジラ生誕の日となる11月3日、ゴジラヘッドのお膝元・新宿歌舞伎町でゴジラ史上初となるフェス『ゴジラ・フェス2017』を開催!  現在までに国内で計28作品が製作され、昨年は第29作目にあたる『シン・ゴジラ』も大ヒット。さらに11月17日に、初となるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の公開も控えるなど、ゴジラ熱が沸騰中。そんなゴジラの今年の誕生日を、世代を超えて楽しむべく、史上初のフェスを開催。

Copyrighted Image