英会話上達の秘訣とは…!? 伊勢谷友介さん(俳優)

2014.10.10 Vol.628

 今回のゲストの伊勢谷友介さんは英語がペラペラ。アシスタントのChigusaといきなり英語でご挨拶。全然できない人がこれから話せるようになるにはどうしたら? 「どうしたらいいんでしょうね…。僕はもともと人と話すのは好きなんです。その延長線上にあるような気がします」  外国人の友達を増やすとか? 「結局行きつくところはそこかもしれません。最初のうちは彼女を作りなってよく言われるじゃないですか」  来年の大河ドラマの『花燃ゆ』に出演。現在撮影中。 「天候が悪くて大変なんですよ。今年、台風が多いですよね。萩で撮影を始めて、この間は長崎で勉強時代の松陰を撮らせていただきました」  大河ドラマでは以前『龍馬伝』で高杉晋作を演じた。 「僕は特に吉田松陰先生が大好きなので、うれしいですね。でも松下村塾に行った時はその狭さにびっくりしました」  出演した映画『ザ・テノール 真実の物語』がこの放送日(10月11日)に公開された。天才韓国人オペラ歌手と日本人音楽プロデューサーによる物語だ。 「僕も知らなかったんですが、本当にあった話なんです。こういう時代だからこそ、映画の中で国と国とがつながり合うということに協力できるということは役者冥利に尽きるなと思いました」と作品を振り返った。

ニューヨークで直撃!! 工藤阿須加さん(俳優)

2014.09.27 Vol.627

 今回はニューヨークへ出向いて、俳優の工藤阿須加さんにインタビュー。  ドラマ『ルーズベルトゲーム』で今年ブレイクし、一躍注目を集めた工藤阿須加さんは、この番組のマンスリーゲストである野球解説者の工藤公康さんの息子さん。そんな阿須加さんは今回『ティファニードラマスペシャル 夏の終わりに、恋をした。』の撮影でニューヨークへ。 『ルーズベルトゲーム』では社会人野球のエース役。お父さんにはキャッチボールの指導を受けたとか。 「不思議な感覚でした。キャッチボールとかあまりやったことがなかったので。しかも僕自身も野球にはあまり興味がなかったですから。でもこのドラマのお陰で、父とのやり取りもできたので、いい機会だな、と思いながらいろいろ教えてもらいました」  初めてのニューヨークは? 「エネルギッシュというかパワーのある街だなという印象を持ちましたね。悪くいえば騒がしい。よく言えばなにかあるエネルギッシュな場所なんだなと思いました」  ドラマでは長谷川京子さんと共演。 「一度、大河ドラマで家族役でご一緒させていただいたことがあるんですが、その時からすごくかわいがってもらって、今回もいろいろ教えていただいたんですが、僕が足を引っ張ってしまって…」  というドラマは26日に放送された。

熱闘続きの甲子園を振り返る 工藤公康さん(野球解説者)

2014.09.13 Vol.656
「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中の『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』。  今回のゲストは工藤公康さん(野球解説者)。

FA宣言時のあの話題に迫る 下柳剛さん(元阪神タイガース投手)

2014.09.13 Vol.626
「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中の『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』。  今月のゲストは下柳剛さん(元阪神タイガース投手)。

「ITは常に変化し続ける」藤田晋さん(株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長)

2014.08.31 Vol.625
 ラジオ番組『JAPAN MOVE UP』の公開収録イベント『JAPAN MOVE UP〜TOKYO MOVE UPオープンカレッジ×ベクトル大学東京校』第3弾が26日、東京ミッドタウンの人気スポット・Mercedes meで開催。好評だった前回に続き、またまた豪華なスペシャルゲストが登場!

「新しいメディアのあり方」堀潤さん(ジャーナリスト)

2014.08.30 Vol.625

 今回のゲスト(第74回 8.23OA)は昨年4月にNHKをやめて、今ではフリーのジャーナリストとして活動中の堀潤さん。 最近は大忙しです。 「今、毎朝、TOKYO MXで朝のニュースをやって、ラジオの番組をやって、新聞の連載を持ち、ウェブメディアを運営し、という感じです」  自分自身がメディア化しています。 「これがNHKをやめた大きな理由で、いろいろな人たちが発信できる環境が整っていたなか、なかなかメディア同士の連携がうまくいってなかった。でもやりたいなって思っている人はどの業界にもいて、出会った人には一緒にやりましょうよって。僕が関わっているメディアには単体で番組をやるんじゃなくて、じゃあウェブのメディアと連携しましょうとか、この番組は新聞社のワークショップも一緒にやってしまいましょうとか、ミックスできるような環境を作りたいなと思っているんです」  そんな堀さんが2020年東京オリンピック・パラリンピック…の中でもパラリンピックへの思いを語る。

ラジオで日本を元気にする番組 『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』

2014.08.16 Vol.624
毎週土曜日21時30分〜 TOKYO FMで放送中!  ラジオ番組『JAPAN MOVE UP』の公開収録イベント『JAPAN MOVE UP〜TOKYO MOVE UPオープンカレッジ×ベクトル大学東京校』第2弾が6日、東京ミッドタウンの人気スポット・Mercedes meで開催。好評だった前回に続き、またまた豪華なスペシャルゲストが登場!

ラジオで日本を元気にする番組 『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』

2014.08.02 Vol.623
「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中の『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』。  今月はスタジオを飛び出して「ららぽーとTOKYO−BAY」での公開収録と淑徳大学での授業の様子を収録。

東京をシャンゼリゼのように散策して楽しい街にしたい
舛添要一 東京都知事

2014.07.21 Vol.622
 就任して5カ月が経った舛添要一東京都知事に2020年東京オリンピック・パラリンピック、そして今進めている政策についてインタビューした。

今語られる”六本木伝説”!? 田原俊彦さん(歌手)

2014.07.19 Vol.622
第67回 7.12OA 田原俊彦さん(歌手)  今回のゲストは歌手の田原俊彦さん。 「元気ですかー。1、2、3、4、5、6、7、ハッピーーーー」  いきなりのハイテンションで登場。 「20代後半くらいは六本木でブイブイ言わしてて(笑)。毎日が麻布十番祭りみたいな感じ。日曜日でも(笑)」  と当時を振り返る。  今年でデビュー35周年を迎える。ここまで続けると思っていました? 「山アリ谷アリ谷アリ谷アリ…っていろいろありましたけど(笑)。でも僕は人前でハッピーに元気にやることがすごく性にあっているというか好きなんだよね。お酒も飲まずになぜかハイテンションで頑張れる田原俊彦がいつもいたので、走り続けてこられたんじゃないかな。でも一番にはいいスタッフに恵まれたってことと、いい友人、それからいい女のコたち。最後にやはりファンの方がずっと僕を支えてくれた。僕がステージに立ちたいといってもお客様がいないと歌い続けることはできないんで。そういう意味では毎年毎年、年に1枚でもシングルをちゃんと切って、コンサートやディナーショーをやってという、そういうことをやってきたことがいいことだったんじゃないかなと思うんです」  キングカズとは仲がいいとか…。 「カズは唯一。あいつとは長いですね。25〜26年になります。いまだに一緒にカラオケとか。ホントにあいつとは不思議な縁というか。気が合うんでしょうね」  そしてカズとの意外な出会いを披露した。  そして忘れちゃいけない新曲のお話。 「69枚目のシングル!『LOVE & DREAM feat.SKY-HI』」と自ら紹介。そして、AAAのSKY-HIとのコラボの現場を振り返った。

東京から日本を元気に! TOKYO MOVE UP! Special Interview 石破茂自民党幹事長に聞く

2014.03.29 Vol.614
 日本を取り巻く状況はそんなに安穏としていられるものではない。尖閣諸島周辺では中国の艦船や航空機が毎日のように確認され、北朝鮮では昨年末に№2といわれた張成沢・元国防副委員長が処刑されるなど金正恩第1書記の独裁体制が強まっている。そんな不安定な周辺諸国の状況もあり、安倍政権では「集団的自衛権の行使」容認へ向け、活発な議論が繰り広げられている。そんななか“国防のスペシャリスト”といっても過言ではない自民党の石破茂幹事長に今、日本が直面している問題について直撃した。(聞き手・一木広治)

Copyrighted Image