SearchSearch

ユーミン過去最大の展覧会『YUMING MUSEUM』開幕 直筆メモやステージ衣装がずらり

2022.12.08 Vol.Web Original

 

 今年デビュー50周年を迎えた、ユーミンこと松任谷由実の魅力を体感する過去最大規模の展覧会『YUMING MUSEUM』が8日、六本木ヒルズの東京シティビューで開幕する。

 ユーミン自身のコレクションや、貴重な資料、ステージ衣装、直筆のメモなどで構成されている。エントランスを入ると、「Welcome to YUMING MUSIUM」。グランドピアノの周りにユーミンがこれまでに世に送り出してきた来た曲の譜面やメモなどの複製を散りばめた展示で、ユーミンの楽曲から感じるときめきや夢が膨らむ感覚が伝わってくるよう。さらにレインボーブリッジ、東京タワー、東京スカイツリーが臨める眺望、足もとにはユーミンが通ったレストランもあることを思うと一気にユーミンの歩んできた時代に引き寄せられる。

ユーミンが丸ビルのクリスマスツリーを点灯「丸の内、万歳!」

2022.11.11 Vol.Web Original


 ユーミンことシンガーソングライターの松任谷由実が10日、丸の内・丸ビルマルキューブで行われたクリスマスツリーの点灯式に出席した。

 丸の内エリアのクリスマス「Marunouchi Bright Christmas 2022~YUMING  50th BANZAI!~」(12月25日まで)のスタートとなるイベント。ユーミンは、“ブラックサンタクロース”をコンセプトにした衣装で登場したユーミン。点灯式には4年ぶりで「ただ いま!丸の内、万歳!」と挨拶。

 カウントダウンして点灯スイッチを押すと、高さ約8メートルの生木を使用したクリスマスツリー「YUMING’S TIME MACHINE TREE」が光に包まれた。ユーミンは「見事点灯しましたね!」と感動した様子。ツリーは、時計の針や振り子が装飾され、ユーミ ンの50年を旅するような空間が演出されている。

ユーミン、コロナ禍の文化芸術活動にエール。ライブは「日常をビビッドに変えてくれる」

2020.11.24 Vol.Web original

 歌手の松任谷由実が24日、コロナ禍によって失われた文化芸術活動の再開を後押しする事業「JAPAN LIVE YELL project」のエール・アンバサダーに就任。発表会に出席し、ライブ再開への思いを語った。

 「JAPAN LIVE YELL project」は、新型コロナウイルスの感染拡大によって延期や中止を余儀なくされた文化芸術鑑賞や参加の機会を増やそうと、プロ、アマチュア、子どもたちを含むすべての人たちの文化芸術活動の再開を後押しするプロジェクト。文化庁や芸団協、全国27の都道府県の文化芸術団体が連携し、今年8月から2021年3月まで、全国各地で地域の特性を生かしたイベントを500本以上展開する。

松任谷由実、角川春樹監督と赤裸々トーク「“獄”で聞いていたという『春よ、来い』を超える曲を作れと」

2020.10.12 Vol.Web original

 映画『みをつくし料理帖』公開記念イベントが12日、都内にて行われ、角川春樹監督と主題歌を手がけた松任谷由実が登壇した。

 髙田郁による同名ベストセラー時代小説シリーズを原作に、角川春樹氏が最後の監督作としてメガホンをとった話題作。

 角川監督は、監督作73本を手がけてきたこれまでの驚きのエピソードの数々を披露。初監督作『汚れた英雄』を自ら手がけることになったいきさつについて「バイクレースの映画なんてやったことないというので、8人くらいに監督を断られた」と明かし「この映画が失敗したら腹を切ると自分で言って、そばに短刀を置いていた。その後、ガンで腹を切ったんだけど麻酔なしでこんなことできないなと思った。成功してよかった」と振り返り会場を笑わせた。

 その後、主題歌「散りてなお」の作詞作曲編曲を手がけた松任谷が登壇。本作の主題歌を依頼した理由について「ユーミンしか思い浮かばなかった。最後の作品だったら、絶対引っ張り出さなきゃと思った」と言う角川監督に、松任谷も「80年台の前半に、よくごちそうになったんですよ」と引き受けた理由を茶目っ気たっぷりに答え、会場を沸かせた。

ユーミンとあいみょんがプライベートトーク? 22日生放送のANNG

2020.05.22 Vol.Web Original

 人気ラジオ番組『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送、22時~)の22日の放送でユーミンこと松任谷由実とあいみょんがトークする。番組には、つねに気になるゲストが登場して名言や格言も飛び出す。今回も興味深い話が聞けそうだ。

 あいみょんが、番組に出演するのは約1年ぶり。前回は、世代を超えた女性アーティストの対談に多方面から注目が集まった。今回はあいみょんは電話での出演。プライベートでもやりとりがある2人だけに、より“親密な”会話も期待できそうだ。

 番組では、リスナーからの相談に答える「ユーミンお悩み相談室」、本当か嘘か分からない未確認情報を募る「私だけが知っている!未確認情報YUMA」の、新コーナーもスタートする。

『オールナイトニッポンGOLD』は、毎週金曜22時から放送中。パーソナリティは週替わりで、ユーミンは月1回のレギュラーパーソナリティ。

小森隼が高橋みなみとクロストーク、TOKYO FMが開局50周年で特別番組

2020.04.29 Vol.Web Original

 TOKYO FMは29日、開局50周年を記念した特別番組『LIFE TIME MUSIC 80~こんな時こそ音楽のチカラ~』を放送する。LOVE、浜崎美保、中西哲生、吉田明世、鈴木おさむ、マンボウやしろ、高橋みなみ、小森隼と同局のパーソナリティたちがリモート形式などで出演する。

 午前9時にスタートして12時間にわたる生放送。番組は4つのパートに分けられて、リスナーからリクエストを募る「今、音楽のチカラを実感する1曲」を同局の周波数と同じ80曲オンエアする。

 それぞれのパートは、9~12時のPART1はLOVEと浜崎美保、12~14時55分のPART2は中西哲生と吉田明世、15~18時のPART3は鈴木おさむとマンボウやしろ、18~21時のPART4は高橋みなみと小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が出演し、クロストークする。

 また、同局のレギュラーパーソナリティを務める松任谷由実、山下達郎、木村拓哉、ヒゲダン、福山雅治らのスペシャルメッセージもオンエア。SEKAI NO OWARIがリモートゲスト生出演する。

 リクエストは、番組の特設ホームページからできる。

ユーミンやMISIAら出演のライブ映像が無料公開。音楽でコロナに立ち向かう

2020.04.24 Vol.Web original

 松任谷由実やMISIAら豪華アーティストが出演したLGBTQ支援の音楽イベント『コカ・コーラ presents LIVE PRIDE 〜愛をつなぎ、社会を変える。〜』のライブ映像が、公式YouTubeチャンネルにて、4月26日に無料公開される。

 本イベントは、2019年12月6日に東京国際フォーラムで開催された音楽イベントで、LGBTQが自分らしく夢を描ける社会のために、松任谷由実やMISIA、清水ミチコ、中村 中、清貴ら豪華アーティストが出演し、参加者と共に、迫力の音楽と多様性のメッセージを届けた。

 今回の無料公開は、現在、新型コロナウィルスと向き合う医療従事者や、不安な思いを抱える全ての人に、未来への希望を届けようと企画。4月25日から5月6日まで行われるオンラインイベント『東京レインボープライド2020オンライン“#おうちでプライド”』の一環として、26日の映像プレミア公開後は、5月6日まで、プライドハウス東京の公式YouTubeチャンネルにて、期間限定公開を予定している。

ユーミンが二十歳の自分に「夢はかなってから長いのもしんどいぞ、と伝えたい」

2019.11.20 Vol.Web Original

「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2019」授賞式

 2019年にさまざまな分野で活躍した女性たちを選出する「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2019」の授賞式と記者発表会が11月20日、都内で開催された。

 キャリアを通して輝いた女性に贈られる「VOGUE JAPAN WOMEN OF OUR TIME」は綾瀬はるか、黒柳徹子、冨永愛、松任谷由実が受賞した。

 松任谷は「ファッションが大好きなので、それが音楽を続けさせてもらえる原動力になったのかなと思う。この賞、とってもうれしいです」と挨拶。そして輝く女性になる秘訣を聞かれ「輝いているというのは人が決めることだと思う。自分ができることを粛々と続けていくことが、人から見て輝いているって思わせてくれることだと思う」と答えた。

 また松任谷は後半のトークセッションで「二十歳の自分に今メッセージを送るとしたら」と問われると「昔過ぎて忘れちゃった(笑)。二十歳の時は旧姓で活動しだして、ブレイクした時だった。自分で言うのもなんですがブームでした。この先どうなるか不安だった。少女のころからの夢は、“好きなファッションをして、好きなレコードを聴いて暮らしたいな”ということだった。ふと気が付いたらそんなふうになってました。でも、“夢はかなってから長いのもしんどいぞ”と伝えたい」と長くトップランナーとして走ってきた者にしか発せられない台詞で答えた。

ミッツ・マングローブ、ユーミンへの対応は「退屈させてやろうという方向」

2018.12.02 Vol.Web Original



 ミッツ・マングローブが1日、丸ビルのマルキューブで行われたユーミンこと松任谷由実の魅力を語りつくすトークショーに出席、さまざまなエピソードを通じて、ユーミンの魅力について話した。

 北欧がテーマになっている今年の丸の内のクリスマス。マルキューブでは北欧をイメージして作曲もしているユーミンとコラボレーションしたクリスマスツリー「Knit Tree with Yuming」が登場。11月8日に行われた点灯式には、ユーミン本人が登場している。

 トークショーは、丸の内エリアのクリスマスを盛り上げるための企画。この日同所をメイン会場に特別企画として開催された「YUMING LOVERS FES.」の一環で行われた。

ユーミンの毎年恒例のリゾートコンサート 「SURF & SNOW in Naeba Vol.38」が今年も開催!

2017.10.08 Vol.699

 1981年にスタートした毎冬恒例、冬の松任谷由実のコンサート「SURF&SNOW in Naeba Vol.38」の開催が決定! 松任谷由実は、1972年、大学在学中にシングル「返事はいらない」で荒井由実としてデビュー。以降、“ユーミン”の愛称で親しまれ、J-POPシーンの女性トップランナーとして、時代を牽引。それぞれの時代に、誰もが知っている、多くの名曲を残している。

 オリジナルアルバムは、荒井由実、松任谷由実時代とあわせて、これまでに全38作品、シングルは全41作品を発表している。2012年11月発売の40周年を記念したベストアルバム「日本の恋と、ユーミンと。」は、オリコンアルバムランキング1位を獲得、前人未到の5年代連続首位を達成した。さらに、ソロアーティスト並びに女性アーティストとして史上初のアルバム総売上3000万枚突破するなど、その勢いは衰えない。

 コンサートでは、日本のエンターテインメント史に残る数々の名パフォーマンスを敢行。ダイナミックかつゴージャス、そして想像もできないような、驚くべき演出で、観客を楽しませている。昨年、約3年ぶりに、通算38作目となるオリジナルアルバム「宇宙図書館」をリリース。「日本の恋と、ユーミンと。」に続きオリコンアルバムランキング1位獲得。2016年11月から、17年の9月まで、アルバムタイトルと同名の「宇宙図書館」全国ツアーを行った。

 『SURF&SNOW in Naeba Vol.38』は、1980年12月1日に発売された10thアルバム『SURF&SNOW』がきっかけとなり、翌年の1981年より冬のリゾートコンサートとしてスタート。自身が持つ同一会場でコンサートを行う女性アーティスト1位の記録を毎年更新中で、2月2日から16日まで、全8公演を実施する。

 ライブでは、新旧の代表曲からマニアックな曲まで毎回のテーマの沿った選曲と、ユーミンならではの鮮やかな演出や衣装で披露。リクエストコーナーなども交えてより身近に味わうことができる公演だ。ゲレンデで思いっきりウィンタースポーツを満喫した後は、充実した施設満載のプリンスホテル館内を散策してみては。そして夜からゆったり冬のリゾートコンサートを楽しもう!

Copyrighted Image