SearchSearch

女王蜂アヴちゃん「この役は私がやらなアカン」圧巻の歌声で演じた室町のポップスター『犬王』に共感

2022.05.28 Vol.web original

 

 劇場アニメーション『犬王』の初日舞台挨拶が28日、都内にて行われ、ボイスキャストのアヴちゃん(女王蜂)、森山未來、柄本佑、津田健次郎と湯浅政明監督が登壇した。

「平家物語 犬王の巻」(古川日出男著/河出文庫刊)を原作から生まれた物語を変幻自在のイマジネーションで描くミュージカル・アニメーション。

 主人公・犬王の声を演じたアヴちゃんが「試写を見た人から“この役はアヴちゃんにしかできない”と言ってもらえた。私がやらなアカン役やと感じました」と本作への思い入れをあらわに。

 犬王の相棒となる琵琶法師・友魚(ともな)役・森山未來は、役作りで琵琶を習ったと言い「ギターに近いんですけど、弾くのと歌うのとがセットになってる。自分が発した歌にどんな音を合わせるかが大事」と振り返った。

 室町時代、能楽の黎明期を描きながらも、湯浅ワールドならではの超越的表現にあふれたミュージカルアニメーション。人気声優・津田健次郎は「湯浅ワールド全開。なるほど、こういう作品になりましたか、と」と感嘆。湯浅監督が「“室町なめんなよ”という気持ちで作っていました」と言えば、アヴちゃんも「“レペゼン室町”です」、森山も「フェス映画。見終わった帰り道、一人でもモッシュしたくなると思う」と“エア”モッシュをし、まさにフェスさながらの盛り上げぶり。

“室町のポップスター”犬王を演じたアヴちゃんは、役との共感を聞かれると「あまりにもたくさんあった。男の子を全うしていたら、彼のように生きていたのではないかなと思う」と話し、犬王と友魚について「2人を好きな気持ちは、実際の人を好きなるような感覚。“推し”です」と目を輝かせた。

飯豊まりえ Netflixの新作ラインアップに大興奮! 海外実写『カウボーイビバップ』や「名探偵コナン」スピンオフ配信も

2021.11.09 Vol.Web original

 

『Netflix Festival Japan 2021』アニメDayが9日、都内にて行われ、女優・飯豊まりえがスペシャルゲストとして登壇。Netflixの新作アニメラインアップに大興奮の様子だった。

『Netflix Festival Japan 2021』はNetflixが11月9〜10日の2日間に渡り、アニメ作品、日本実写作品、海外作品などの新作ラインナップを発表するイベント。

 この日はアニメDayとして、注目の新作ラインアップが発表。『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』(12月1日配信)、Netflixシリーズ『賭ケグルイ双』(2022年8月配信)や『TIGER & BUNNY 2』(2022年4月配信)、映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ』(前編2022年配信)など新作ラインアップが発表。『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』(2022年配信)の主演に決定した津田健次郎ら豪華声優陣も登壇し、作品にまつわる多彩なトークを繰り広げた。

 豪華な“ネトフリアニメ”の新作ラインアップに、ゲストの飯豊まりえも大歓喜。飯豊は「『岸部露伴は動かない』の実写で少しお世話になりました。Netflixアニメで見たいなと思った作品はお気に入りに入れたりしているので、個人的に今日は勉強するために来ました!」と、普段からNetflixを楽しんでいることを明かした。

Copyrighted Image