SearchSearch

映画「閉鎖病棟 それぞれの朝」に見る、リアルと都合とドラマ【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

2019.11.20 Vol.web Original
 こんにちは、黒田勇樹です。  現在、三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュース vol.7「この暗闇を超えて、温泉に行こう」が絶賛上演中です。  今回は主演としてステージに立たせていただいている一方で、脚本は僕、黒田の作品でして、脚本家そして俳優の2つの立場で演出の吉久直志さんにはとてもお世話になっております。 多くの皆様に見ていただきたいと思ってます。まだ見られる回もあると思いますので、ちょっとでも興味を持たれましたら、ぜひ!  今週は鑑賞記やります。  では始めましょう。

【明日何を観る?】『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『閉鎖病棟―それぞれの朝―』

2019.10.31 Vol.723

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』

 小さな田舎町で再び起きた連続児童失踪事件。幼少時代に“それ”の恐怖から生き延びたルーザーズ(負け犬)・クラブの仲間たちは、27年前に固く誓い合った〈約束〉を果たすために町に戻ることを決意するが…。
監督:アンディ・ムスキエティ 出演:ビル・スカルスガルド、ジェームズ・マカヴォイ 他/2時間49分/ワーナー・ブラザース映画配給/11月1日(金)より全国公開 itthemovie.jp

Copyrighted Image