SearchSearch

Dreamの14年間の軌跡「私たち4人は、これからもDreamとして生きていく」

2016.11.30 Vol.679

 

 E-girlsのンバーとしても活躍する、女性ダンス&ボーカルグループDreamがグループとして初となる書籍「dreamはDreamの夢を見る」を11月30日に発売した。ここにはデビューしてから14年間の軌跡があますところなく描かれている。

 今でこそE-girlsの中心メンバーとして活躍し、Dreamとしてはもちろん、それぞれの個性を活かして幅広く活動している彼女たちだが、2002年に中学生でデビューしてから現在に至るまでの道のりは、決して順風万帆とはいかなかった。当初はグループとしての活動の停滞や所属事務所からの移籍、さらにメンバーの脱退、ついに解散の危機を迎えるなど、現在の彼女たちからは想像できないほどの困難の連続であったという。だからこそ、「ピンチはチャンス!」を合い言葉に夢を追い続けてきた4人の絆をつづった本書は真に迫り、笑いと涙の溢れる書籍となっている。

 夢は、絶対に終わらせない――。
「私たち4人は、これからもDreamとして生きていく。Dreamであり続ける限り、希望の光は消えないのだ」

 うまくいかない時、落ちこんだ時、読む人それぞれが日々生きてく中で壁を感じる瞬間に優しく背中を感動の1冊!夢を諦めずに歩み続け、これからも進化しようとする彼女たちの想いを感じてもらいたい。

車いすバスケに小学生が大興奮! 都知事「あきらめないことが大切」

2016.11.25 Vol.679

 子どもたちが夢や目標を持つためのきっかけづくりを目指す『夢の課外授業』(主催:二十一世紀倶楽部)の最新授業が11月8日、千代田区立和泉小学校で行われた。スポーツ、エンターテインメント、メディアなどさまざまな分野におけるトップランナーたちが小学校や中学校を訪れて特別授業を行うもの。この日は『CHALLENGED SPORTS 夢の課外授業』(主催:CHALLENGED SPORTS 夢の課外授業プロジェクト実行委員会)として、車いすバスケットボールでシドニーパラリンピック代表・キャプテンの根木慎志氏が講師を務めた。

Dreamをゲストに岡山ならではのトークにファンも大喜び

2015.12.13 Vol.656

「日本を元気に!」をテーマに活動する「JAPAN MOVE UP」と連携する形で一昨年から活動を開始した「OKAYAMA MOVE UP」による「JAPAN MOVE UP –SPECIAL EDITION vol.7-」が、Dreamをゲストに迎えイオンモール岡山でラジオ公開収録を行った。

Dream「歌声で今年の冬を温かくできたら」

2015.11.09 Vol.654

女性4人からなるガールズ・エンターテインメントグループ、Dream(ドリーム)がニューシングル『ブランケット・スノウ』を11月18日にリリースする。E-girlsでも活躍する彼女たちは、本作でグループ初となるウインターソングに挑戦。「歌声でみなさんを温かくできたら」と、メンバーは語る。

Dream 最新シングル『ブランケット・スノウ』 新たなチャレンジでいっぱい!

2015.11.09 Vol.654

 メンバーがいつにも増してお気に入りだという今回のアートワーク。ちょと大人でしなやかな世界観は、これまでとは違うDreamの一面を見せてくれる。【CD+DVD】盤では『ブランケット・スノウ』のタイトルが示す雪景色、雪に覆われたような雰囲気を醸し出すドレス姿。メンバーの大人っぽい表情にもクギづけだ。一方、【CDのみ】盤では広げたブランケットが真っ白なクリスマスツリーに。メンバーは枕に頭を乗せていて、さながらパジャマパーティーならぬブランケットパーティーの様子。ゆったりとした表情は【CD+DVD】盤とはまた違ったDreamの魅力を感じさせる。

 アートワークのみならず、本シングルにはDreamの新たなチャレンジでいっぱいだ。本作には、Ayaのソロ曲『キミに逢いたい』が収録されている。シングルにメンバーのソロ曲が収録されるのは初めてだ。「シングルを作るタイミングで、小竹さんが私に合う曲があるって『キミに逢いたい』を書いてくれました。とてもいい曲ですし、今後Dreamとしてのツアーも考えた時に、ソロ曲を収録してみるのも一つの挑戦かな、Dreamの未来につながるんじゃないかなって。新しいチャレンジと偶然が重なりました」(Aya)。この曲はAyaの初恋のエピソードが下敷きになっているという。

Copyrighted Image