4・10「Krush.65」中島が-70kg王座陥落 KANAが第2代女子王座獲得

2016.04.11 Vol.664
 立ち技格闘技「Krush.65」(4月10日、東京・後楽園ホール)のメーンで行われた「Krush-70kgタイトルマッチ」で王者・中島弘貴が挑戦者ジョーダン・ピケオーに3R判定で敗れ、2度目の防衛に失敗した。ピケオーは第4代王者となった。  1Rからプレッシャーをかけ前に出て左ロー、右ストレートに飛びヒザと多彩な攻撃を見せるピケオーに対し、中島もローキックにボディーブローを効かせ、中盤には右フックでぐらつかせるなど一歩もひかない戦いを見せる。しかし徐々にパワーで勝るピケオーが押し込み始め、ラウンド終了間際に中島をコーナーに追い込むと左ストレートを振り抜きダウンを奪う。  2Rもピケオーの猛攻が続くが、中島もハイキックを放つなどダメージは小さい様子。しかしピケオーの手数が多く、なかなか突破口を見いだせない。やや攻め疲れた部分もあったピケオーだったが、3R開始前にピケオーのセコンドがマウスピースの装着に手間取りなかなかゴングが鳴らず、ここでピケオーが蘇生。中島も必死の反撃を見せたが、やはりここでもピケオーが優位に試合を進め、30-28、30-26、30-26と圧倒して判定勝ちを収めた。

4・10「Krush.65」山本優弥の「引退記念Tシャツ」発売&サイン会

2016.04.05 Vol.663
「Krush.65」(4月10日、東京・後楽園ホール)で「引退記念セレモニー」を行う山本優弥の「引退記念Tシャツ」当日発売される。  サイズはS・M・L・XL。カラーはブラック・ナチュラル・ターコイズ・ピンク。価格は3000円(税込)。各色とも限定枚数のみの販売となる。  それに伴い、正面ロビーの特設販売ブースで「引退記念Tシャツ」購入者限定で「開場~本戦開始まで」「引退記念セレモニー終了後の休憩時間」「全試合終了後」の3回にわたりサイン会を開催する。  またブースでは山本優弥、寺戸伸近、寺崎直樹のBooch Beat 3選手の入場テーマ曲が収録されたCD「力、鼓舞」も販売する。 ※山本優弥インタビューはこちら。 〈前編〉 http://www.tokyoheadline.com/?p=166469   〈後編〉 http://www.tokyoheadline.com/?p=166472

4・10「Krush.65」山本優弥 引退特別インタビュー後編「人に試合を見てもらうことがファイターの存在価値。引退セレモニーでは素直な気持ちを伝えたいと思います」

2016.04.05 Vol.663
4月10日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.65」で引退セレモニーを行う山本優弥の特別インタビュー・後編を公開。 ――さて4月10日(日)東京・後楽園ホール「Krush.65」での引退セレモニーも近づいてきましたが、どんな心境で当日を迎えると思いますか? 「それはちょっと分からないですね。僕も引退セレモニーは初めてのことなんで(笑)。いざリングに立ったら心が動かされることはあるかもしれませんが、僕自身が主役としてリングに立たせてもらう=感謝の気持ちを伝えることに徹すると思います。来てくれた方に試合を見せられないのは申し訳ない気持ちなんですけど、僕の感謝の気持ちや思っていることを言葉にさせてもらおうかなと思います。自分自身どんな言葉が出てくるか、どう振る舞うかはその時にならないと分からないし、僕も楽しみにしています。僕は事前に言うことを考えたり、用意することができない人間なんで、その時の素直な気持ちを伝えたいと思います」 ――引退後は指導者の道を進むことになりそうですか? 「はい。もともと空手を始めた11歳のころから先生にあこがれて先生になりたくて格闘技をやってきたんで、これからは自分がやってきた空手・キックを伝えていきたいと思います。今は尾下塾でクラスを持たせてもらったり、地元のスポーツセンターで空手を教えていて、これから指導者になるためには何をすればいいかを一生懸命考えているところです」 ――現役時代の優弥選手は17歳でプロデビューして、いわゆるK-1甲子園世代の選手たちの走りといえる選手だったと思います。若い選手たちが活躍しているK-1・Krushの状況をどう見ていますか? 「まず僕は年齢のことを気にしたことが一切ないんですよ。僕は周りに恵まれて色んな選手と練習させてもらいましたけど、若いからどうとか年齢が上だからどうとか思ったことがないですね。小さいころから、心が変に育つ前から格闘技を一生懸命やっていれば、今のように若い世代の活躍を生み出すと思いますけど、格闘技は何歳からでもできますよ」 ――優弥選手としては周りが自分のことを『若くて強い』と言っていた、という感覚だったんですね。 「そうですね。僕は『年下だから負けられない』と思ったこともないし『年上だから勝つのは大変かな…』と思ったこともないです。だからいかに工夫して練習するかなんですよ。僕は本当に色んなジムで練習させてもらったんですけど、なんでこの練習をやるのか? どういう意味があるのか? それを全部教えてもらいながら、自分で意味を理解して練習していたんで、練習以外のことをしたいとか遊びたいと思ったことがないんですよね。練習が一番楽しかったんで(笑)。僕はそれを親や周りにやらせてもらっていたんで、きれいごとじゃなくて感謝しかないです」 ――優弥選手から今の若い選手たちにメッセージはありますか? 「僕のころはたまたま同世代に強い選手がいなくて自分が目立っていましたけど、今は競技人口も増えて競技レベルも上がっている。そこを勝ち上がる選手はセンスも才能もあって、あまり苦労を知らない本当にエリートだと思います。その分、人間としての魅力や選手としての色気はまだないですよね。それは若い選手に言ってもしょうがないことだし、若い選手にそれを出せと言っても難しいです。でも僕が宮田(充)さんに教わったのは『プロの試合は人に見せるものだ』ということ。人に試合を見てもらえなかったら、僕らの存在価値なんてないわけですよ。じゃあ人に見てもらうためにはどうすればいいのか? 見てよかったと思える試合をすること。それが何かというと人の心を動かす試合で、人の心を動かすには自分の心が動かないといけないんです。勝つためには平常心でいなきゃいけないから難しいんですけど、自分の心が動いて人の心を動かす試合をしなきゃいけないのかなと思います」 ――色んな人たちに応援されてきた優弥選手らしいメッセージだと思います。 「試合には練習でやっていることしか出ないわけだし、だったら毎日死ぬ気で練習して必死に生きる。そうやって毎日やってきたことを人に見てもらって、何かを感じ取ってもらう。言い方は悪いですけど、僕らの仕事はなくてもいい仕事だから、自分の試合を少しでもたくさんの人に見てもらって、そこで何かを感じ取ってもらう。それが僕たちファイターの存在価値だと思います」 ――では引退セレモニーで優弥選手からどんな言葉が聞けるのか楽しみにしています。 「僕も自分で何かを言うのか楽しみだし、変なことを言わないように気を付けます(笑)」 ※前編はこちら  http://www.tokyoheadline.com/?p=166469

4・10「Krush.65」山本優弥 引退特別インタビュー前編「どの試合もすべて全力で、これで終わっていいと思ってやってきた。すべての試合が僕の色です」

2016.04.05 Vol.663
 4月10日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.65」で引退セレモニーを行う山本優弥の特別インタビュー・前編を公開。 ――2月10日に現役引退を発表して約2カ月。周囲の反応・反響はいかがでしたか? 「周りからは『寂しい』や『もっと見たい』と言ってもらえることが多いのですが、僕としてはあんまり“選手”という意識がなかったので、引退を発表してからもそんなに変わることはなかったですね。僕はキックボクシングが好きでやっているので、選手として試合をしようがしまいが同じなんですよね。この間(3・20「Krush.64」)の寺戸(伸近)君のセコンドについたように、ああいう役目の方が自分には向いているのかなと思います」 ――ずっとキックボクシングをやっていて、選手というものにピリオドを打つだけ、という感覚ですか? 「はい。これからも練習は続けるし、体型が変わるつもりもないです(笑)。もともと僕は指導者になりたくて、その過程に選手があっただけなんで、引退しても僕は変わらないですね」 ――ふとした時に自分のキャリアや過去を振り返ることはありますか? 「僕はあんまり過去を振り返らないんですよね…なんかカッコつけた言い方になっちゃいますけど(笑)。こうやって取材を受けたりすれば、あの時はああだった、こうだったと話せるんですけど。ただ一つ言えるのはいつもその時々で一生懸命やっていたということです。周りからは『あの試合とあの試合じゃ気合の入れ方が違う』と言われることもありますけど、僕はそれを認めたことがないです。どの試合もすべて全力でやったし、これで終わりになってもいいと思ってやってきたんで、僕自身が印象深いと思う試合は…ないですね」 ――ある意味、全試合がベストバウトですか? 「あの人だったらこう言うだろうな。この人はあの試合が好きだろうな。と、思うことはあっても、自分の感情でどうこう選ぶということはないです。すぐ倒した試合も好きだし、すぐ倒された試合も好きだし、会場がすごく盛り上がった試合も好きだし、ダラダラやってブーイングも浴びた試合も好きだし…すべての試合が僕の色になっていると思います」 ――優弥選手は格闘技を始めたころからそういった感覚なのですか? 「昔からそうですね。僕は先生が厳しかったんで、練習がすごくきつかったんです。でも僕は先生になりたかったんで、ちゃんと練習していたんですけど。それで試合が近づくと試合のための調整だったり計量だったりで練習が休みになるじゃないですか。それが本当にうれしくて(笑)」 ――練習よりも試合をやる方が楽なんですね。 「はい。試合は3分3Rくらいやって終わりですからね(笑)。だから僕は練習よりも試合のほうが好きでした」 ――では周りから『この試合が好き』と言われることが多いのは誰と戦った試合ですか? 「やっぱりドラゴとやった試合(2009年7月、K-1MAX)ですね。あの試合は地上波でも放送してもらえたし、色んな人から『あの試合は何回も見たよ』や『元気がない時にはあの試合を見る』と言ってもらえることが多いです。僕自身はただ好きなことを一生懸命やっているだけで、リングで戦おうが草むらで戦おうが、どこでやっても同じなんですけど、人に見てもらうことって、こんなに大事なんだなと思いましたね。自分の試合が見てくれた人の役に立っているというか。ちょうどあのくらいから、それが自分の生きがいになっていきましたよね。K-1MAXに出ていた2009~2010年は自分にとっても転機でしたね」 ※後編へ続く  http://www.tokyoheadline.com/?p=166472

4・10「Krush.65」紅絹インタビュー「私が全部かっさらうんで、KANA選手が輝けるのも今のうちです」

2016.03.30 Vol.663
 4月10日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.65」の「第2代Krush女子王座決定戦/-50kg契約/3分3R・延長1R」でKANAと対戦する紅絹のインタビューを公開。 ――試合に向けての仕上がりはいかがですか?(※インタビューは公開練習後の囲み取材のもの) 「前の試合から間隔が空いているので色々と元気です。契約体重も(普段より重い)50kgなんでたっぷり食べて筋肉も脂肪も(笑)増えています」 ――今はどんなことを意識して練習しているのですか? 「身体の使い方や自分のやりたいような動きができる練習をしています」 ――手応えや自信は感じていますか? 「左のパンチには自信を持っています。フィジカルをしっかりやって肩を作り込んでいるんで、左ストレートには自信があります」 ――今回がKrush初参戦ですが、Krushにはどんな印象を持っていますか? 「Krushは旗揚げ戦のころから見ていて、すごく華やかな場所という印象があって、いつか出たいと思っていました。なのに他の女子選手がKrushに先に呼ばれて、殴るのが好きな私が一番後回しにされていじけていました(苦笑)。でもやっとKrush参戦が決まってうれしいですね」 ――もっと早く自分を出したらいいのに…と思っていましたか? 「若干、ですね。私は殴っても殴られるから試合は面白いし、綺麗な試合ができない分、無茶するんで暴れるような試合をしたいと思っています。ずっとそれをKrushでやってみたいと思っていました」 ――Krushは暴れがいがある場所ですか? 「そうですね。しかも初参戦でベルトを巻くチャンスだし、ポスターまで作ってもらってうれしいです。まぁ、これは相手のおかげというのもあるんですけど、そのきっかけを作ってくれたKANA選手には感謝しています。でも私が全部かっさらおうと思っているんで、KANA選手が輝けるのも今のうちです」 ――KANA選手にいはどんな印象を持っていますか? 「イケメンですね。Krush一のイケメン。ポスターを作ってもらったんですけど、周りから『対戦相手は男なの?』と聞かれるくらい。どれだけパンチが強いか楽しみですね~」 ――倒されない自信はありますか? 「自信はいつもないんですよ。でもKANA選手は私の打たれ強さ知らないでしょ?  KANA選手は今まで3人倒しているみたいだけど、そのくらいで私を倒すと言われても説得力がないです」 ――紅絹選手は40戦以上やってきて試合中に攻撃が効いたことはありますか? 「効くことはあります。でも倒れません。牛乳飲んでも背が伸びなかったけど、それで骨が強くなったのでよかったかな、と」 ――KANA選手はデビューから負け知らずですが、勝つイメージは出来上がっていますか? 「ちゃんとは出来上がっていないですけど…私はまともにはやらないし、きれいに戦えるタイプではないので、好きなように戦います」 ――今回は女子王座決定戦ですが、Krushでの目標を聞かせてください。 「Krushのベルトを獲って評価されたいという想いがあるんで、必ずベルトを獲って知名度を上げたいです。あと私は戦績も長い分、自分に勝っている選手もいるので一人一人呼び出して倒していきたいですね」 ――同じ日には-70kgのタイトルマッチも組まれていますが、試合内容やインパクトでも負けたくないですか? 「女子の試合とは20kg差あるうえに男性なので、迫力には差があると思います。だけど動きや試合の面白さで、女子のタイトルマッチが面白いということを印象付けたいです」 ――それではこの試合を楽しみにしているファンのみなさんにメッセージをお願いします。 「私はコスチュームが牛なんですけど、紅絹=牛の子として浸透してほしいし、変なかっこうをしているけどキャラだけじゃなくて試合も面白いんで、楽しみにしてください。私の応援はしなくてもいいんで、試合を見に来てください」

4・10「Krush.65」王者・中島弘貴インタビュー 「自分が負けると日本の-70kgが終わる気がする。ピケオーに勝って存在感を見せます」

2016.03.30 Vol.663
 4月10日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.65」の「Krush-70kgタイトルマッチ/3分3R・延長1R」で挑戦者ジョーダン・ピケオーと対戦する王者・中島弘貴のインタビューを公開。 ――試合まで約3週間ですが、今の練習の状況を教えてください。(※インタビューは公開練習後の囲み取材のもの) 「去年からずっと休まずに練習を続けていて、今は週6日間、フィジカルも含めてしっかり練習しています」 ――休まず練習を続けているということですが、体調やコンディションはいかが? 「休んでいない分、体調はいいです。フィジカルも休むと落ちてしまうんで、この2~3年は休まずにずっと続けています。体重も身体もでかくなってきたんで、外国人が相手でも身体(フィジカル)負けしないと思います」 ――体重も増えているのですか? 「去年は通常体重が73~74kgだったんですけど、今は75kgくらいまで増えました」 ――フィジカルトレーニングの効果は感じていますか? 「ミットを持ってくれるトレーナーも攻撃力が上がっていると言ってくれるし、自分でもそれを感じます」 ――フィジカル面以外での成長はどうでしょう? 「去年は蹴りを使って試合をしていたんですけど、ずっとパンチも練習していたんですね。今は試合の状況に合わせてどちらも出せるので、オールラウンダ―的に戦えると思います」 ――蹴りを意識していたのは、去年の時点では蹴りを強化しようと思っていたからですか? 「試合前に『蹴りで組み立てよう』と考えてやることはなくて、その時の状況に応じてそうなったという感じですね」 ――では徐々にパーツが揃ってきたという感じですか? 「そうですね。今は自分で試合を組み立てられるし、頭で考えて戦えるようになりました」 ――今回はピケオーという海外の強豪を挑戦者に迎えての防衛戦です。どんなテーマを持っていますか? 「とりあえず勝つ、ですね。自分が負けちゃうと日本の-70kgが終わっちゃう気がするんで」 ――ピケオーにはどんな印象を持っていますか? 「去年7月にK-1に出たあとの海外の試合もYouTubeで調べてチェックしています。K-1以降、8~9試合やっていて、ほとんど勝っているんで経験も積んでいると思います」 ――かなり勢いがあると思うのですが、そこにどう対処していこうと考えていますか? 「自分も自分では勢いがあると思っているんで、そこでは負けていないと思います」 ――先ほど『自分が蒔けると-70kgが終わってしまう』という言葉がありましたが、日本人が存在感を見せないといけないという想いが強いですか? 「-70kgは今の選手では世界に通用しないと思われているだろうし、この試合も下馬評ではピケオーが有利という声が多いかもしれません。そういう中で僕が負けたら、他に選手がいなくなってしまうのかな、と」 ――今大会では同じ-70kgで戦ってきた山本優弥選手の引退セレモニーも行われます。 「K-1MAXに出ていて今でもやっている選手は自分くらいしかいないと思うし、当時アルバート・クラウスとやった時は全く歯が立ちませんでした。だから今こそ世界のトップクラスに勝ちたいと思うし、そうじゃないと今まで何やってきたんだっていうのが自分の中にもあります。今回はピケオーにしっかり勝ちたいです」 ―― -70kgという階級としての存在感も見せたいですか? 「-70kgは他の階級に比べると存在感が薄いし、選手の数も少ないんで、僕がピケオーに勝てば注目度も上がると思います。それで今年中にK-1のベルトも獲りたいです」 ――Krush-70kgの防衛戦でもあり、K-1 WORLD GP-70kg初代王座決定トーナメントの準優勝者と戦うことも大きいわけですね。 「そうですね。やっぱり自分は世界のトップクラスとやりたかったんで。試合が近づくにつれて恐怖感も出てきますけど、今は楽しみという気持ちもあります」 ――この試合を楽しみにしているファンのみなさんにメッセージをいただけますか? 「Krushのリングで世界トップクラスの試合を見せて、しっかりベルトを防衛します。外国人にはベルトを渡さないようにベルトを守るので応援よろしくお願いします」

4・10「Krush.65」KANAインタビュー 第2代女子王座へ向けて一直線!

2016.03.30 Vol.663
 4月10日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.65」の「第2代Krush女子王座決定戦/-50kg契約/3分3R・延長1R」で紅絹と対戦するKANAのインタビューを公開。 ――試合に向けての仕上がりはいかがですか?(※インタビューは公開練習後の囲み取材のもの) 「今は追い込みで身体が疲れているけど、心も身体も勝つために毎日生きています」 ――今はどんなことを意識して練習しているのですか? 「前回の試合が終わって、次がタイトルマッチだと勝手に想像して、休まずに練習を再開しました。全体的な技術・体力面を上げるための練習をやっています。長い期間、追い込みの練習を積めていると思います」 ――特に手応えを感じている部分はどこですか? 「体力面も今までより上がっていますし、技術練習を多めに取り入れたり、出稽古も取り入れているので、技術も上がっていることを実感しています」 ――対戦相手の紅絹選手にはどんな印象がありますか? 「キャリアもあってトリッキーな選手だと思いますけど、普通にやれば勝てると思います。倒すイメージは鮮明に思い浮かんでいて、蹴りでもパンチでも倒せる技は身につけているので、どちらでも倒せそうな気がします」 ――紅絹選手は「私は44戦やってきて一度も殴り倒されたことがない」という発言を繰り返していますが。 「めっちゃイライラしますね(苦笑)。紅絹選手が3Rや延長Rまでリングに立っていることはないと思います。練習でも倒す自信がついてきているし、キャリアとかはどうでもいいかなと思います」 ――キャリアが上の紅絹選手に挑むつもりはないですか? 「はい。そういう意識はないです」 ――この試合に勝てばKrush女子王座のベルトが手に入ります。今、ベルトにはどんな想いがありますか? 「Krushのベルトは獲るって決めているので、獲るべきものを獲って次のキック人生に生かしていきたいと思います」 ――自分がKrush女子王者になって、Krush女子を変えていきたいですか? 「そうですね。しっかりベルトを巻いて、誰も近づけないくらい圧倒的な強さを持った選手になりたいです。そしてKrushはもちろん、女子格闘技を盛り上げていけるようにしたいです」 ――同じ日には-70kgのタイトルマッチも組まれていますが、試合内容やインパクトでも負けたくないですか? 「はい。-70kgのタイトルマッチに負けないくらい、というか食っちゃうくらいインパクトのある試合をしてベルトを獲りたいです」 ――やはり相手をKOした瞬間は気持ちいいですか? 「そうですね。倒した時はめっちゃ楽しいし、快感で気持ちいいです。4月10日は一番目立ちたいですね」 ――それではこの試合を楽しみにしているファンのみなさんにメッセージをお願いします。 「今回もインパクトのある試合で紅絹選手を倒して、自分がKrushの中心に立ってベルトを巻くので、最高の応援をお願いします」

4・10「Krush.65」ジョーダン・ピケオー、Krushで-70kgのベルトを獲る!

2016.03.18 Vol.662
 4月10日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.65」の[Krush-70kgタイトルマッチ/3分3R・延長1R]で王者・中島弘貴と対戦する挑戦者ジョーダン・ピケオーのインタビューを公開。 ——昨年7月以来の日本での試合になりました。その間、何試合ほど戦ったのですか?(※インタビューは試合決定時のもの) 「K-1のトーナメントに出たあと8試合やって、そのうちムエタイルールの試合で1敗してしまった。だけどこの1敗は自分のルールじゃないから何とも思っていない。俺はハートも魂もK-1ファイターだからね」 ——今回、タイトルマッチのオファーを受けた時の心境を聞かせてください。 「天を仰ぐ気持ちだよ! 俺は早く日本に戻って、昨年のトーナメント決勝で負けたことを汚名返上したかったんだ。しかもその試合がKrushのタイトルマッチと聞いてより一層モチベーションが上がったよ。まさに夢がかなった気持ちだね」 ——王者の中島選手にはどんな印象を持っていますか? 「彼はいい選手だが、俺の相手じゃない。ベルトは俺が必ずいただく」 ——中島選手は今、日本の-70kgでトップと言われている選手ですが、それについてどう思いますか? 「まぁ、そうなのかもしれないけど、いずれにしても彼が王者でいられるのは4月10日までだね」 ——どういった形で中島選手に勝ちたいと思っていますか? 「もう日本のみんなはMike’s Gymのファイトスタイルを知ってるだろ? 俺が衝撃的なKOで勝つよ」 ——Krushはピケオー選手が佐藤嘉洋さんをKOして、注目を集めるきっかけになった大会です。Krushにはどんな思い入れがありますか? 「Krushは無名だった俺を世に知らしめてくれた。俺にとっては特別な場所だ。そのKrushの王者になることが出来たら、とても自分を誇りに思うよ」 ——Krushのチャンピオンになったら、どんなチャンピオンを目指しますか? 「ファンのみんなに認められるチャンピオンになりたいし、自分の持っているすべてをかけてベルトを守っていく。ベルトを失うくらいなら死んだ方がマシだ!」 ——最後に日本のファンにメッセージをお願いします。 「いつも応援してくれてありがとう。俺は逃げも隠れもしない。そして笑顔で相手をノックアウトする姿を見届けてくれ!」

4・10「Krush.65」西京の相手が貴章に決定

2016.03.16 Vol.662
 対戦相手のケガで「Krush.64」(3月20日)での試合が流れ、「Krush.65」(4月10日、東京・後楽園ホール)へのスライド出場となっていた西京春馬の対戦相手が16日、貴章に決まった。  貴章は「Krush.62」(1月17日)で石田圭祐にKO負けを喫しており、今回はK-1甲子園2015王者を相手に再起を目指す。

Copyrighted Image