元SKE48矢方美紀、乳がんセミナーで「1日1日を大切に生きる」

2018.10.24 Vol.web original
 がん検診の受診率向上等を目指す「がん対策推進企業アクション」主催の『乳がん検診最前線―乳がんは唯一、自分で見つけられるがんです―』が24日、東大病院で開催された。  同セミナーには、東京大学医学部附属病院の放射線科准教授・中川恵一先生ほか、元SKE48メンバーで乳がんを経験した矢方美紀が登壇。乳がんの最新情報やセルフチェックの重要性を紹介した。

山田孝之、SKE松井の袋とじに「ドキドキ」

2014.01.23 Vol.609
20140123a.JPG
 山田孝之が23日、都内で行われた缶コーヒーブランド「ジョージア」の新キャンペーンの発表会に出席した。新キャンペーンは、飲みながら読めるスマホ・マガジン「週刊ジョージア」を創刊するもの。山田は年間通じて同誌の表紙を飾る。この日、同誌を試し読みした山田は、創刊号でグラビアを飾るSKE48の松井玲奈の前で松井の袋とじグラビアを開封。「目の前で見られるとドキドキしますね」という松井に対し、山田は「見る方もドキドキしますよ!」と、スマホを持つ手をガクガクさせた。

 新キャンペーンは「世界は誰かの仕事でできている。」をテーマに、同製品を多く愛飲している働く男性たちに対してエールを送るもの。

 山田は、同紙や新CMで、さまざまな働く男を熱演。CMでは、父親、鳶職の職人、警察官、営業マンなど八変化している。表紙については、すでに22パターンを撮影ずみだといい、「普段はセリフなどがありますが、写真だけで見せるのは難しかった」と、振りかえった。

  シリアスからコメディーまでさまざまな役どころを演じ、インパクトを残してきた山田。仕事についてのこだわりを聞かれ、「こだわりを持たないようにしています」との答え。「(仕事を)楽しむということを考えています。ただ、そのためには準備も必要になってくるんですけど......」。また、「世界は誰かの仕事でできている。――僕もそういうことができているのかと疑問を持って、言い聞かせながら(俳優業を)頑張っています」と、話した。

「週刊ジョージア」は27日から始動。専用アプリをダウンロードすることで、インタビューやタップすると変化するグラビア、懐かしのアイテムなどさまざまなコンテンツを閲覧できる。また、「ジョージア」の缶をスキャンすると閲覧できる特別コンテンツもある。新CMも27日からオンエア。

SKE48がファミマ宣伝部員「おもしろおかしく盛り上げていきたい」

2013.10.22 Vol.602
20131022c.JPG
  人気アイドルグループのSKE48が、21日、都内で行われた、ファミリーマートの新キャンペーンのPRイベントに登壇した。

  松井珠理奈、松井玲奈、木﨑ゆりあ、高柳明音、柴田阿弥、須田亜香里がグループを代表して、この日行われた宣伝部員就任式に出席。珠里奈は「今日はスイーツ、つまりお菓子のイベント。なので、おもしろおかしくこのキャンペーンを盛り上げていきたいと思います!」と得意のダジャレで意気込みを語った。

「Sweets+を買ってSKE48オリジナルグッズを当てようキャンぺーン」は22日スタート。

Copyrighted Image