到来!おしゃれの季節!

2015.10.10 Vol.

2倍楽しい!TGCコラボステージ

2014.09.14 Vol.626
今年も大盛況だったリアルクローズのファッションフェスタ『第19回 東京ガールズコレクション2014 AUTUMN/WINTER』。10周年を迎える今回は“10th Anniversary 「Power of Fashion!−PROLOGUE−」”をテーマにTOKYO GIRLSの多彩なトレンドが集結。今回はいろいろなアイテムやカルチャー、豪華ゲストが登場するコラボステージに注目!

TGC TIPS for 2014 A/W  プラスワンアイテムで今年風に!

2014.09.14 Vol.626
HAT/CAP ベレー帽なら女子力アップ間違いなし!62618.jpg  季節を問わず、ファッションコーディネートに欠かせないアイテムとなったハットやキャップ。秋冬シーズンには防寒という目的も加わって、春夏以上に欠かせない存在になってくる。ランウェイをみると、女の子の魅力をぐっと引き上げるベレー帽が大活躍の兆し。ブラックはもちろん、レッド、グレーなども。



ACCESSORY ブラックには大振り&派手なデザインが合う62619.jpg  ブラックやダークカラーでシンプルにまとめたコーディネートに合わせるアクセサリーは大きなモチーフのネックレス。チェックや柄物のアイテムにも映える。敬遠しがちだった派手なデザインも全体をきゅっと引き締め、それぞれのアイテムの魅力を引き出す。リュクスなものや遊び心があるものでもグッド!



BAG アクセ感覚でビビッドカラーにトライ!62620.jpg  ブラックや落ち着きのあるカラーでまとめたファッションを引き立ててくれるのがバッグ。キャンディーのようなピンクやブルーのバッグたちがコーディネートにスパイスを加えてくれる。今季買い足すならば、アクセサリー感覚で使えるカラフルバッグがおすすめ。ビビッドカラーにも挑戦してみて!



FUR 秋冬度上げるふわふわファーはマストバイ!62621.jpg  定番のファーは秋冬には欠かせないアイテム。ファーを取り入れたジャケットやコートはもちろん、マフラーやスヌード、帽子、イヤーマフなど小物類もピックアップしたい。ゴージャス感を演出したり、カジュアル感やアウトドア感が増すイメージもあるけれど、キュートさもプラスしてくれる。

TGC 2014 A/W 鉄板のレザージャケットはライダースが狙い 

2014.09.14 Vol.626
 春夏と比べて、素材も豊富で重ね着コーディネートも楽しめる、秋冬ファッション。さまざまなアイテムが出そろうなかで、定番かつマストハブとなったのがレザーだ。ライダース、ノーカラー、テーラードなどバラエティーに富んだラインアップのジャケットはもちろん、さまざまなレングスのコート、スカートやパンツなど、ピックアップするアイテムも豊富で選択肢も幅広い。  TGCのランウェイで目に付いたのが、ブラックのライダースジャケットだった。どのブランドのショーにも必ず一点は登場するといっても過言ではないほど鉄板アイテムになっていて、それぞれレトロなミニワンピースやボタニカル柄の柔らかい素材のワンピースなどフェミニンなアイテムとミックスさせたり、デニムやスリムなボトムスと合わせてカッコいいを追求するコーディネートなど、大活躍だった。今季、レザージャケットを買い足すなら、このタイプがオススメといえそうだ。  また、ライダースでも、イチオシはダブルのもの(写真11)。シングルと比べると、よりマニッシュなイメージがあるけれど、その力強さがフェミニンなアイテムとの相性がいい。襟のついた清楚なミニワンピースと併せると凜とした雰囲気が加わる。ワンピースの良さを最大限に引き出して、女の子らしさを演出していた。また、ジャケットは、着込む、肩にかけるなど取り入れ方を変えるだけで印象も変わるので、気分やシチュエーションに合わせて楽しめそうだ。  気付けば、9月も半ば。まもなく本格的な秋の気配が漂い始め、秋冬ファッションをまとった人たちで街がいっぱいになる。今こそ、準備に着手するタイミング。TGCから得たヒントを参考に、あなたのクローゼットも充実させてみて! ただでさえ楽しい秋のお出かけが、もっと楽しくなるはずだ。

TGC 2014 A/W 秋冬のキーワードはクロ使い!

2014.09.14 Vol.626
街を歩けば、ショーウインドーはすでに秋模様。そろそろ自分のクローゼットも秋仕様にチェンジするタイミングだ。最新アイテムやトレンドカラーを買い足して、コーディネートもバージョンアップ。さて、何を足したらいいの? リアルクローズの祭典「東京ガールズコレクション 2014 AUTUMN/WINTER(TGC)」からヒントをもらった!

ランウェイにレトロな春が来た

2011.03.14 Vol.501
ph_tokyo0300.jpg

「プレップ」もチェックしたいスタイル。ジャケットとミニスカートやショートパンツの組み合わせも目立った。写真は、GIRLS' DOORSのショー



 史上最大級のファッションフェスタ「第12回 TOKYO GIRLS COLLECTION 2011 S/S(TGC)」が5日、国立代々木競技場第一体育館で開催された。佐々木希や土屋アンナら人気モデルやタレントたちが最新のファッションで身を包んでウオーク。のべ2万3000人がその一挙手一投足に熱い視線を送った。


 TGCは、誰でも気軽に手に取って着て楽しめるリアルクローズの最新傾向が分かることで人気を集めるイベント。国内外のハイファッションブランドが参加するコレクションと同じように、春夏と秋冬の年2回開催されており、通算12回目を数える。


 今回のコレクションでは、今年の春夏シーズンのトレンドを凝縮、ランウェイはカラフルで華やかな雰囲気で包まれた。目立ったのは、花柄、エスニック柄などプリントを用いたワンピースやドレス。リゾートにピッタリな大振りな柄から、定番の小花柄など、参加ブランドそれぞれがオリジナリティーに富んだ最新作を披露した。


 今シーズンのキーワードとして挙げられる「レトロ」や「クラシック」なアイテムも登場。ふんわりした女性らしいラインが印象的なトップスやハイウエストのショートパンツ、ボウタイなどを取り入れたデザインも目立った。なかには、映画『アメリカン・グラフィティ』から飛び出たようなポップなものもあり、にぎやかなステージ演出もあって会場を沸かせた。


 さらに、人気ブランドが、沖縄の伝統的な衣服「かりゆし」のブランドとコラボレーションしたステージもあり、観客の熱い視線を集めていた。


 TGCは、初めての開催から徐々に規模を拡大し、東京の年間イベントとして定着。現在では、沖縄や名古屋など地方でも展開している。さらに5月7日には、中国・北京での開催も決定しており、イベントが掲げる「日本から世界へ発信する」のスローガンもいよいよ本格化してきた。それに先立って今回のTGCでは、グーグルとコラボレーションしてショーの様子をYouTubeで世界にネット生中継する試みも行い、好評を博した。


 覇気がない、混迷を極めるといった、世界が見る日本のパブリックイメージを、パワフルな東京のリアルクローズが吹き飛ばしてくれそうだ。



ph_tokyo0301.jpg

写真は左から、JILLSTUART、L.D.S.、 chesty、CECIL McBEE



Copyrighted Image