DANCE EARTH PARTY本格始動! ÜSA、TETSUYA&Shizuka

2015.07.27 Vol.647
2006年からEXILE ÜSAが中心となり活動を始めた「DANCE EARTH」から、今年4月、同プロジェクトの音楽グループとして新生「DANCE EARTH PARTY(ダンス・アース・パーティー)」が誕生。メンバーのEXILE ÜSA、EXILE TETSUYA、Dream Shizukaがこの新しいグループについて語る。

EXILE USA「肉が口の中で踊ってる!」

2014.12.10 Vol.632
20141210a.JPG
 年明け早々に行われる人気イベント『ふるさと祭り東京2015-日本のまつり・故郷の味-』(2015年1月9~18日、東京ドーム)の記者発表会が10日、東京ドームで行われ、小倉智昭とEXILEのUSAが出席した。同イベントのメインイベントのひとつである『全国ご当地どんぶり選手権』で2014年にグランプリになった米沢牛ステーキ丼を試食。USAは「お肉が口の中で踊っています」と体をのけぞらせた。

 スペシャルプロデューサーとして長きにわたって同イベントに関わる小倉は、「平日に2回来るのがいいと思います。まとまって来て、ある程度のブースに並んで丼を買って、いろんな丼を少しずつ食べるっていうのがいいと思う」と、楽しむポイントを伝授。さらに新企画の登場で、「最低2日が4日になっちゃうかもな」と、話した。

 イベントは、日本各地の味と祭りが集結するもの。7回めの開催となる2015年は、昨年よりもさらにバラエティーに富んだ内容になりそうだ。

 食については、予選をくぐりぬけた10の丼とシード丼などを合わせた15の丼を食べ比べする『全国ご当地どんぶり選手権』に加えて、麺にも注目。『イケ麺サミット』として、北海道の醤油バターコーンラーメン、岩手県の盛岡冷麺、秋田県の横手焼きそば、熊本県の太平燕など全30種が集う。ほかにも、お気に入りの丼を作れる『絶品!逸品!ちょいのせ市場』、さまざまなスイーツが揃う『ご当地スイーツストリート』も登場する。

 祭りについては、青森のねぶた祭り、石川県の石崎奉燈祭などが登場。特徴のある踊りや舞い、それに伴う掛け声がイベントを盛り上げる。日本の祭りナビゲーターを務めるEXILEのUSAは、「食べて体を動かして、最高の祭りにしたい」と話した。

 平日は10~19時、水・金は21時まで。土日祝は10~20時まで。初日9日は11時から。最終日の18日は18時まで。入場料は前売1400円、当日1600円。その他にも、平日限定、16時以降のみのイブニング券などさまざな形態がある。飲食には別途料金がかかる。

EXILE USAとTETSUYA 夜なのに『あさダンス体操』

2014.07.18 Vol.622
 EXILEのパフォーマー、USAとTETSUYAが16日、楽しくダンスをレクチャーする『DVD&BOOK DANCE with EXILE vol.1〜EXILEと一緒にDVDで踊ろう!〜』のスペシャルイベントを台場の居酒屋えぐさいるPARKで行った。同作品の購入者を対象に行ったもので、平日にも関わらず、多くのファンが駆けつけた。  イベントでは、USA、TETSUYA、そして参加者全員で、DVDにも収録されている『あさダンス体操』に挑戦。USAは「この体操、久々です」としたうえで、掛け声をかけながら体操。2人は、参加者が一斉にダンスをする姿を「ムービーに撮りたい!」と大興奮だった。  トークショーでは、DVD収録の、TETSUYAが映像とテキストで完全解説する『Choo Choo TRAIN』の振り付けも話題に。TETSUYAは、大変だったこととして振りの確認作業を挙げ、「HIROさんのやり方が基本ですが、みんなの踊り方が少しずつ違うんです。USAさんは個性的に踊ってるときがありますよね(笑)」。USAは苦笑いだった。

Copyrighted Image