SearchSearch

DANCE EARTH PARTY、岡山でラジオ公開収録

2016.08.05 Vol.672

「日本を元気に!」をテーマに活動する「JAPAN MOVE UP 」と 連携する形で2013年から活動を開始した「OKAYAMA MOVE UP 」による「JAPAN MOVE UP ―SPECIAL EDITION― vol.9」が 7月25日、DANCE EARTH PARTY(以下:DEP)をゲストに迎えイオンモール岡山内の『未来スクエア』にてラジオ公開収録が行われた。

 メンバーのEXILE ÜSA、TETSUYA、そしてDream Shizukaが登場すると歓声があがる。さらにTETSUYAはスマホを構えながら登場、「この熱気を後でモバイルにあげます!」とファンにはうれしい報告があった。

 さまざまなグループで活動しているTETSUYAとShizukaにDEPについて聞くとShizukaから「ボーカルとして音楽を深く追求させて頂いています。人生を添い遂げたいと思っているグループです」またTETSUYAからは「ライフワークっていう部分は大きいです。このグループの正式メンバーになるのが自分の夢だったので、本当に一番素が出せるグループかなと思います」と2人の本音にリーダーのÜSAもうれしそう。早速DEPのニューシングル『NEO ZIPANG~UTAGE~』について触れるとÜSAは「新しい日本の祭り、古来からある和楽器と最新のダンスミュージックの融合をテーマに作りました」と語った。振り付けについては今回Shizukaも参加。「EXILEさんと並んで踊るなんて思ってもみなかったので無茶苦茶緊張しました」とのこと。また番組ナビゲーターから「今回も軽くレクチャーとかいただけますか?」とリクエスト。振り付けについてTETSUYAから「今回は8、末広がりをテーマにÜSAさんと構想させて頂きました」との説明の後、Shizukaの即興の生歌に合わせて会場のお客さん約1000人と振り付けを楽しんだ様子。

 最後にDEPが2020年に向けてのアクション宣言を発表し、締めくくった。

新しいダンスミュージック『NEO ZIPANG〜UTAGE〜』8月3日リリース! DANCE EARTH PARTYの祭り、始まる。

2016.07.25 Vol.671

 EXILE ÜSA(以下、ÜSA)、EXILE TETSUYA、そしてDream Shizukaからなるユニット、DANCE EARTH PA
RTY(ダンス・アース・パーティー、以下DEP)が8月3日、最新シングル『NEO ZIPANG〜UTAGE〜』をリリースする。伝統的な日本の音色やビートと、世界レベルの最先端のダンスミュージックが融合した作品で、日本のものでも外国のものでもない、メンバーの言葉を借りるなら“ネオジパング”な作品になっている。

 これまでリリースしてきたどの作品も彼らにとって大切な作品であることには変わりはないが、こと本作については、スペシャルな位置付けの作品になっているようだ。というのも、この作品、発想から完成に至るまで約3年の時がかかっていること、これまでダンス、踊ることに集中してきたように見えるÜSAが「音楽を作りたい」という思いで制作に臨んだと話すためだ。

 きっかけは、世界中で踊ってきたÜSAが日本の祭りに注目し、日本の祭りを踊り巡ってきたこと。徳島の阿波踊り、高知のよさこい、青森のねぶたなど、現地に足を運んで、踊りの輪に飛び込み、そのビートに体を任せてきた。当時「日本人ほど踊りが好きな人はいないんじゃないか」と感想も述べている。

 日本各地で、カッコいい音、カッコいいビート、カッコいい踊りを発見した。それが最新作のキーになっている。世界中で活躍する和太鼓グループのDRUM TAO、そして注目の音楽プロデューサー、banvoxとコラボレーション。さらに、世界各地で大型国際交流イベントを成功させてきたファッションデザイナーの山本寛斎がDEPメンバーの衣裳プロデュースで参加、DEPが届ける“ネオジパング”の世界観を極彩色に演出している。その世界観が最大限に表現されているミュージックビデオは必見。さらに、VERBALプロデュースのカップリング曲も聴き逃すことができない作品になっている。

 本紙では、DEPのリーダーを務める、ÜSAを直撃インタビュー。『NEO ZIPANG〜UTAGE〜』への想い、力を入れるDEPの活動について、そして、EXILEのパフォーマー卒業から半年が経過した今の心境、そしてこれからについて聞いた。インタビュー( https://www.tokyoheadline.com/?p=170110 )こちらから。

EXILE、合同発表会に向け会津若松二中にエール

2015.09.26 Vol.

EXILEが「中学生Rising Sun Project」各校発表会に!

2015.09.26 Vol.

「中学生Rising Sun Project〜夢の課外授業SPECIAL2015〜」開催

2015.09.26 Vol.web Original

“ダンスで日本を元気に”をテーマに、EXILEの代表曲で、復興支援ソング『Rising Sun』を中学生たちが踊る「中学生Rising Sun Project〜夢の課外授業SPECIAL2015〜」が19日、横浜で開催された。同プロジェクトは、二十一世紀倶楽部が2012年から始めた復興教育支援事業。EXILEのメンバーとともに、被災地の中学校で実施。今回は福島県会津若松市立第二中学校と横浜市の6校の中学生約300人で合同発表会を行った。

DANCE EARTH PARTY本格始動! ÜSA、TETSUYA&Shizuka

2015.07.27 Vol.647

2006年からEXILE ÜSAが中心となり活動を始めた「DANCE EARTH」から、今年4月、同プロジェクトの音楽グループとして新生「DANCE EARTH PARTY(ダンス・アース・パーティー)」が誕生。メンバーのEXILE ÜSA、EXILE TETSUYA、Dream Shizukaがこの新しいグループについて語る。

EXILE USA「肉が口の中で踊ってる!」

2014.12.10 Vol.632
20141210a.JPG
 年明け早々に行われる人気イベント『ふるさと祭り東京2015-日本のまつり・故郷の味-』(2015年1月9~18日、東京ドーム)の記者発表会が10日、東京ドームで行われ、小倉智昭とEXILEのUSAが出席した。同イベントのメインイベントのひとつである『全国ご当地どんぶり選手権』で2014年にグランプリになった米沢牛ステーキ丼を試食。USAは「お肉が口の中で踊っています」と体をのけぞらせた。

 スペシャルプロデューサーとして長きにわたって同イベントに関わる小倉は、「平日に2回来るのがいいと思います。まとまって来て、ある程度のブースに並んで丼を買って、いろんな丼を少しずつ食べるっていうのがいいと思う」と、楽しむポイントを伝授。さらに新企画の登場で、「最低2日が4日になっちゃうかもな」と、話した。

 イベントは、日本各地の味と祭りが集結するもの。7回めの開催となる2015年は、昨年よりもさらにバラエティーに富んだ内容になりそうだ。

 食については、予選をくぐりぬけた10の丼とシード丼などを合わせた15の丼を食べ比べする『全国ご当地どんぶり選手権』に加えて、麺にも注目。『イケ麺サミット』として、北海道の醤油バターコーンラーメン、岩手県の盛岡冷麺、秋田県の横手焼きそば、熊本県の太平燕など全30種が集う。ほかにも、お気に入りの丼を作れる『絶品!逸品!ちょいのせ市場』、さまざまなスイーツが揃う『ご当地スイーツストリート』も登場する。

 祭りについては、青森のねぶた祭り、石川県の石崎奉燈祭などが登場。特徴のある踊りや舞い、それに伴う掛け声がイベントを盛り上げる。日本の祭りナビゲーターを務めるEXILEのUSAは、「食べて体を動かして、最高の祭りにしたい」と話した。

 平日は10~19時、水・金は21時まで。土日祝は10~20時まで。初日9日は11時から。最終日の18日は18時まで。入場料は前売1400円、当日1600円。その他にも、平日限定、16時以降のみのイブニング券などさまざな形態がある。飲食には別途料金がかかる。

EXILE USAとTETSUYA 夜なのに『あさダンス体操』

2014.07.18 Vol.622

 EXILEのパフォーマー、USAとTETSUYAが16日、楽しくダンスをレクチャーする『DVD&BOOK DANCE with EXILE vol.1〜EXILEと一緒にDVDで踊ろう!〜』のスペシャルイベントを台場の居酒屋えぐさいるPARKで行った。同作品の購入者を対象に行ったもので、平日にも関わらず、多くのファンが駆けつけた。

 イベントでは、USA、TETSUYA、そして参加者全員で、DVDにも収録されている『あさダンス体操』に挑戦。USAは「この体操、久々です」としたうえで、掛け声をかけながら体操。2人は、参加者が一斉にダンスをする姿を「ムービーに撮りたい!」と大興奮だった。

 トークショーでは、DVD収録の、TETSUYAが映像とテキストで完全解説する『Choo Choo TRAIN』の振り付けも話題に。TETSUYAは、大変だったこととして振りの確認作業を挙げ、「HIROさんのやり方が基本ですが、みんなの踊り方が少しずつ違うんです。USAさんは個性的に踊ってるときがありますよね(笑)」。USAは苦笑いだった。

「夢の課外授業・希望プロジェクト」〜東北の子どもたちへ夢や希望を〜 5月30日に岩手県大船渡市蛸ノ浦小学校で開催

2011.05.30 Vol.511

 21世紀の日本を担う子どもたちが夢を持って、物事に挑戦する気持ちを持ってもらおうと、2000年度より活動をスタートさせた「夢の課外授業」。

 国立青少年教育振興機構による「子どもゆめ基金」からの助成、また、各企業・団体、個人の方々の協力のもと、これまでにのべ110校(2011年3月現在)もの全国各地の小学校に赴き、子どもたちに「夢」を与える授業を実施してきた。

 この度、夢の課外授業は東日本大震災により甚大な被害を受けた東北地方の子どもたちに夢や希望を強く持ってほしい。こんな願いのもと「夢の課外授業・希望プロジェクト」を発足。

 第一弾として、5月30日に岩手県大船渡市蛸ノ浦小学校にてEXILEのメンバーによる夢の課外授業を展開する。

 そして今後も震災復興支援を呼び掛ける「RESTART JAPAN」と連携し、 被災地の子どもたちに継続的に心の支援を行っていくという

Copyrighted Image