【インタビュー】女優・吉田 羊がいざなう『怖い絵』の世界
EXILEのTETSUYAも絶賛連載中!
「DANCEの道」
好評連載!
「黒田勇樹のハイパーメディア人生相談」
ビアガーデンに食べ放題l、
東京の「グルメ情報」が満載!
TOKYO HEADLINEは
「TEAM BEYOND」メンバーです

アントニオ猪木「生前葬」で『千の風になって』をフルコーラス歌いきる

2017.10.22Vol.Web Original未分類
藤原は般若心経を読経
 元プロレスラーで参議院議員のアントニオ猪木の「生前葬」を中心とした格闘技イベント「INOKI ISM.2~アントニオ猪木『生前葬』~」が10月21日、東京・両国国技館で行われた。 「生前葬」は「カール・ゴッチ杯2017」ら7試合の後に開催。メーンイベント終了後、会場は一時暗転。照明がつくと、リングの中央に白い棺。司会の生島ヒロシの進行で生前葬が執り行われた。  まずは猪木と縁の深い、スタン・ハンセン、藤波辰爾、藤原喜明がリングイン。  ハンセンは「素晴らしいライバルで素晴らしいファイター。まさにレジェンド」、藤波は「ビックリです。猪木さんにはずっとお世話になった」などと、それぞれ猪木との思い出を語る。藤原に至っては般若心経を読経。「えっ? 本当に亡くなったんじゃないんですか?」といつもの藤原節。

ホテルメイドのサンドウィッチとスイーツをビュッフェで堪能/10月22日(日)の東京イベント

2017.10.22Vol.Web Originalスポット
 ホテルニューオータニでは、ティー&カクテル「ガーデンラウンジ」にて、多彩なサンドウィッチからパティシエ自慢のスイーツまでを楽しめるランチビュッフェ「サンドウィッチ&スイーツ ビュッフェ」を開催中。

山女デビュー!【黒谷友香の友香の素 vol.180】

2017.10.22Vol.698コラム
みなさん、こんにちは! 10月に入り、気がつけば今年もあと2カ月となりました。早いものです。  私はこの秋、人生初となる登山をしてきました。しかも北アルプス〜!! 数年前からの山ガールブームは知っていましたが、私にとって登山というのは、小学生のころ行った「耐寒登山」をイメージするぐらいの自分からは遠い存在だったのでノーマークなカテゴリー。  そんな私の初登山。コースはというと、常念岳から燕岳までを縦走!! 縦走とは、走るんではありませんよ。(私が肩に食い込む40リットル入るザックをよっこらしょと背負い、ハアハア言いながら一歩一歩登っていると、上からタタタタ〜っと軽装なスタイルで走り降りて来る方、何人かとすれ違いましたが、あれにはびっくり!)  縦走とは、尾根伝いにいくつかの山頂を極め歩くことで、今回は4日間をかけて縦走してきました。いや、本当に良い経験をさせていただききました。行って良かったです!   湊かなえさんの小説が原作となる、ドラマ『山女日記』の撮影で、9月の中旬から10月頭まで長野県の白馬に滞在。山女日記というタイトルからもお分かりのように、登山道中でのストーリーとなるため、実際に登山をしながらドラマの撮影をしました。放送は近くて、10月29日と11月5日の2週連続になります。「山」を舞台に繰り広げられる登場人物たちの群像劇と、北アルプスの美しい自然をお楽しみいただけるかと思います。  写真は標高2922mの大天井岳からの眺望です。奥には富士山も見えます。今回の登山ではそこが1番高い標高になります。下に見える山小屋は2日間お世話になった大天荘さん。部屋の窓から見た、だんだんと明るくなっていく朝焼けは、本当に綺麗でした。登山の醍醐味の1つかもしれませんね。あ、特別天然記念物の雷鳥も見ました。またいつかどこかの山に登ってみたいと思います。今度は日帰り温泉付きで(笑)。

休業中の渋谷パルコ工事現場でファッションショー!?/10月21日(土)の東京イベント

2017.10.21Vol.Web Originalスポット
 2011年から渋谷パルコをメイン会場に開催されてきたカルチャーイベント『シブカル祭。』が、渋谷パルコ一時休業中の今年も開催!

【TSUTAYA・Music】ドリカムとラッドが放つ、唯一無二の世界観に浸ろう!

2017.10.21Vol.699エンタメ
話題の映画や気になる海外ドラマ、チェックしておきたかったあの音楽に、話題のコミックス――。 TSUTAYAのレンタルなら気軽にたっぷり楽しめます。さて今月のおすすめは……?

【明日は何を観る?】『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』

【明日は何を観る?】『バリー・シール/アメリカをはめた男』

【明日は何を観る?】『斉木楠雄のΨ難』

2017.10.21Vol.699エンタメ
 超能を持ちながらそれを隠して生活している高校生・斉木楠雄。目立たず誰からも干渉されない生活を望んでいるが彼の周りには変な奴が集まってくる。さらに彼の願いと裏腹に災難が次々と降りかかり文化祭が地球滅亡の危機にまで発展してしまう。

KEYWORDでみるニュース

出荷停止

 日産自動車は10月19日、国の規定に反した新車の無資格検査を9月29日の問題公表後も続けていたとして、国内に6つある全ての完成車工場での出荷停止を決めた。日産は9月20日~10月18日に製造された在庫の約3万台と、販売済みの約4000台を再点検する。日産の西川広人社長は10月2日に行った会見では「検査工程そのものは確実に行われている」などと強気の発言をしていた。

無効票

 参院選の比例代表の投票では、候補者名か政党・政治団体名のいずれかを書くのだが、衆院選の比例代表の投票は「政党・政治団体」を記入。特定の候補者名を書いてしまうと「無効票」となる。総務省は10月13日、政党名表記が有効か無効かを判断するための参考事例を各都道府県の選挙管理委員会に伝えた。政党の正式名称や略称以外は、開票所の開票管理者が判断すると定められており、判断が分かれることも想定されている。

女性記者爆殺

 地中海のマルタで10月16日、ジャーナリストのダフネ・カルアナガリチア氏(53)が爆発物によって殺害された。カルアナガリチア氏はタックスヘイブン(租税回避地)の利用実態を暴く「パナマ文書」の公開時には独自調査でムスカット首相の妻や側近が関わる資産隠し疑惑など与野党を超え不正を追及していた。「政治的動機」による殺害も疑われている。

阪神園芸

 甲子園球場のグラウンド整備を請け負う阪神電気鉄道系列の造園会社。10月15日に甲子園球場で開催されたセ・リーグのクライマックスシリーズ、ファーストステージ阪神vs DeNA戦は大雨の中、強行開催。グラウンドコンディション不良で、泥んこ状態でのプレーとなったが、阪神園芸の懸命の整備で、けが人を出すこともなく9回まで行われた。

七冠

 囲碁の第42期名人戦七番勝負の第5局が10月16、17の両日、静岡県熱海市で行われ、井山裕太六冠(28)が高尾紳路名人(40)を破り、対戦成績4勝1敗で名人位を奪取、約1年ぶりの七冠独占を果たした。2度目の七冠同時制覇は囲碁界、将棋界を通じて史上初の快挙。

【明日は何を観る?】『ミックス。』

2017.10.21Vol.699エンタメ
 母からスパルタ教育を受け“天才卓球少女”として将来を期待されながらも、母の死後は平凡な人生を歩んできた28歳の多満子。ある日、会社の卓球部のイケメンエース江島に告白され浮き足立つが、新入社員の美人選手・愛莉に奪われてしまう。失意にまみれ田舎に帰るが…。

黒木啓司プロデュースの音楽番組『BPM』にアニソン界の歌姫・May'n が登場!

2017.10.20Vol.Web Originalエンタメ
 毎週土曜日の夜9 時から「AbemaTV」で放送中の音楽番組 『BPM~BEST PEOPLE‘s MUSIC~』。10月21 日の放送回では、圧倒的な歌唱力で人々を魅了するアニソン界の歌姫、May'nが登場する。 ■May'n の素顔を徹底解剖!  番組内では年齢を偽ってオーディションに参加していたことや小学校 1 年生で初めて楽曲制作した過去について明かすほか、10月18日(水)に約4年ぶりにリリースしたアルバム『PEACE of SMILE』について、アルバムに込めた想い、制作秘話、苦労話などを語る。  また May'nさんがプライベートで大切にしていることを紹介するコーナーでは、「カバが好きすぎてカバグッズをコレクションしている」裏話を明かすと、カバの好きなところを言いながら、人形の口の中の牙を1 本ずつ押し合い、噛まれたら負けの“カバぱっくん”対決を黒木とする展開に...! 果たして、カバ好きのMay'nに黒木は勝つことができるのか!?  さらに21日の番組放送日がMay'n の28歳の誕生日ということで、May'n の好物という“たい焼き”でお祝いをする場面も。「たい焼き親善鯛使」の名を持つ May'n ならではの、こだわりの食べ方解説や超巨大たい焼きを賭けた「利きたい焼き」にも挑戦するなど、普段は見られないMay'nの素顔満載の内容とな っている。

AKB柏木、かまいたちが乾杯! 中目黒でレモンサワーフェス開幕 

2017.10.20Vol.Web Originalエンタメ
 さまざまなレモンサワーが集結する「レモンサワーフェスティバル 2017 in 中目黒」が20日スタートした。イベントのキックオフとなる乾杯式には「キングオブコント(KOC)2017」で優勝した、お笑いコンビのかまいたちと、AKB48の柏木由紀が出席。寒空の下、キリっと冷えたレモンサワーのグラスで乾杯して開幕を宣言した。  かまいたちの2人は、レモンサワー色でコーディネートした装いで登場。濱家隆一は開口一番「一番愛していますから、僕が」。そして「お酒が好きでよく飲みに行くんですけど、めちゃくちゃ飲むんですよ、レモンサワーを。飲み口が軽いのですっきりのめるので好きなんです」と、とレモンサワー愛をさく裂させた。芸人のなかにもレモンサワーファンは多いといい、「僕らの先輩とか、ちょっと年齢が行っている人も多いのでね、すっきりした飲み物をね……」。山内健司の「千鳥の大悟さんなんかも、ああ見えて、レモンサワーからいってます。たぶんヒョウ柄の女も……」という勢い余ったコメントは、濱家が制止した。  イベント終了後、取材に応じた2人には、KOCがきっかけでブレークしたにゃんこスターについての質問も。山内は「僕らから見てても華がありますね……僕ら僕らなりの売れ方ができていったら」と、コメントするなりカメラに背を向け「クソ! おかしいやろ! 優勝したの俺らや! このチャンス逃すんちゃうか!」と絶叫した。

居酒屋の新定番“レモンサワー”の名店が大集合/10月20日(金)の東京イベント

2017.10.20Vol.Web Originalスポット
 近年、若い世代を中心に人気に火がついているレモンサワーに特化したユニークなフェスティバルが、本日から“レモンサワー発祥の地”中目黒で開催される。  出店するのは「食堂 とだか」「創作居酒屋 いいとこ鶏 大宮店」「大衆酒場 酒呑気まるこ」「もつ処 品濃酒場」「もつ焼き ばん 中目黒本店」「やきとんひなた」と、首都圏内のレモンサワーの名店たち。  会場では各店舗がこだわりのレモンサワーとともに、レモンサワーに合う人気メニューを用意。  甲類焼酎と炭酸にレモンというスタンダードな“元祖系レモンサワー”から、凍結レモンやシロップ漬けのレモンを使用した“進化系レモンサワー”まで、奥深いレモンサワーの世界を堪能できる。
今週のひとこと One-Word-Header 一覧へ
フリーアナウンサーの宮根誠司が『情報ライブ ミヤネ屋』降板報道について「4月以降もやらさせていただきますので、よろしくお願いします」(10月19日、同番組内で)
→ミヤネ屋じゃなくなっちゃうもんな…。