『草原の椅子』試写会に20組40名 

【日時】2013年1月22日(火)18時30分〜【会場】なかのZEROホール(中野)
 1枚の写真に心を動かされ広大無辺の大地を目指した人々が、旅の中で人生の輝きを取り戻していく。
 原作者・宮本輝は、阪神・淡路大震災で家を失ったことをきっかけに、震災から半年後、40日間でシルクロード6700キロを行くという過酷な旅に挑戦。何もない荒涼とした大地を前にして人の生き方を見つめ直したという宮本が“人間力のある大人”を描こうと執筆したのが本作の原作小説。映画では設定を2011年に発生した東日本大震災以後の東京へと変更し、“世界最後の桃源郷”と呼ばれるパキスタン・フンザでのロケを実現。『八日目の蝉』で日本アカデミー賞を総なめにした成島出監督と、日本映画界になくてはならない俳優・佐藤浩市がタッグを組んだ感動超大作だ。
 2013年2月23日(土)より全国ロードショー



『草原の椅子』試写会に20組40名