MOVIE 三谷幸喜監督、最新作はまったく新しい歴史エンターテインメント!

『清須会議』
『THE有頂天ホテル』、『ザ・マジックアワー』、『ステキな金縛り』と、立て続けにヒット作を生み出してきた三谷幸喜監督最新作は、日本史上初めて“会議の席上で歴史が動いた”といわれる清須会議をテーマにした、前代未聞の歴史エンターテインメント。時代劇に挑むのは、三谷監督自身今回が初めてとなる。

 織田信長亡き後、織田家の有力者である柴田勝家と羽柴(豊臣)秀吉が覇権をめぐって対立し、跡継ぎ問題と領地配分を会議で決着つけるまでの数日間を描いた、かつてないユニークな時代劇。歴史上の有名な武将たちが、戦場ではなく議場で、武器ではなく心理戦や交渉術でぶつかり合う姿は新鮮で、かつてない親近感を感じるはず。

 さらに三谷作品の楽しみとなっている、オールスターキャストも大きな見どころ。柴田勝家役の役所広司や、丹羽長秀役の小日向文世、池田恒興役の佐藤浩市、お市役の鈴木京香、信長の次男役の妻夫木聡といった“三谷組”に加え、羽柴秀吉役の大泉洋、三谷監督演出の舞台『ロスト・イン・ヨンカーズ』で主演した中谷美紀、信長の弟役の伊勢谷友介、信長の三男役・坂東巳之助など、新鮮な顔ぶれも存在感を発揮。他にも人気俳優が意外な役どころで登場したり、前作『ステキな金縛り』に登場したアノ人が“在りし日の姿”で登場するなど、日本の映画ファンが喜ぶ演出も見逃せない。
STORY:天正10年(1582年)本能寺の変で織田信長が倒れた。後見に名乗りをあげたのは、筆頭家老・柴田勝家と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉。2人はそれぞれ、信長の次男・三男をかつぎ勢力争いを繰り広げる。
原作と脚本と監督:三谷幸喜 出演:役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市他/2時間18分/東宝配給/全国東宝系にて公開 http://www.kiyosukaigi.com