『神様メール』TOKYO HEADLINE独占“ビール付き”試写会に25組50名

【日時】5月22日(日)18時30分〜(試写終了後20時30分ごろからビール試飲会)【会場】都内某所
※ビール試飲会付き試写会のため、応募・ご参加は20歳以上の方に限らせていただきます。
※当日、TOKYO HEADLINEの取材が入ります。

© 2015 − Terra Incognita Films / Climax Films / Apres le deluge / Juliette Films Caviar / ORANGE STUDIO / VOO et Be tv / RTBF / Wallimage アスミック・エース配給
 2016年ゴールデングローブ賞外国語映画賞にノミネート。2015年度カンヌ国際映画祭監督週間に正式出品。公開されるやヨーロッパ各国で公開初週の興行ランキング1位を連発! 最高に笑えて最高にハッピーになれる映画、と絶賛相次ぐ話題作がついに日本公開。

“もし神様が実在していてパソコンを使って世界を操作していたら?”そんな独創的な発想から広がる、笑い満載の人間賛歌。監督は『トト・ザ・ヒーロー』の鬼才ジャコ・ヴァン・ドルマル。本作は5年ぶりとなる待望の新作にして最高傑作との呼び声も高い。本作の主人公・神様の娘エアを演じるのは天才子役ピリ・グロワーヌ。人間のために奔走するエアをチャーミングに演じ、ベルギー女優としては異例の快挙となる、シッチェス・カタロニア国際映画祭最優秀女優賞を受賞した。また、名女優カトリーヌ・ドヌーヴがゴリラと恋に落ちる主婦という、その長いキャリアの中で最も奇妙な役に挑戦。他、神様役に『ココ・アヴァン・シャネル』のブノワ・ポールヴールド、神様の妻役に『アメリ』『ミックマック』のヨランド・モロー、殺人鬼役に『エール!』のフランソワ・ダミアンなど、フランス・ベルギーを代表する俳優たちが集結した。

 神様はブリュッセルのアパートに家族と一緒に住んでいて、パソコンでいたずらに世界を支配している。神様の娘、10歳のエアは人間に運命に縛られずに生きてほしいと思い、神様のパソコンから人々に余命を知らせるメールを送ってしまう。余命を知り大パニックとなった世界を救うため旅に出たエアは、その小さくてヘンテコな奇跡で思いがけず人々の悩みを解決していく。会社員は鳥を追い北極まで大冒険、殺し屋は不死身の美女にめぐりあい、主婦はゴリラと恋に落ち…みんな、それぞれの生きがいを見つけていく。しかしエアが最後に出会った少年ウィリーには死期が迫っていて…。神様から人類へ送られた最高にハッピーなメールとは? 

 当日は上映後、ベルギー映画にちなんでベルギービールの試飲会を実施。映画の感想を語り合いつつお楽しみください!
 映画は5月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて公開。