木村ミノル完全復活「みんなが僕だけに注目するようになると思う」【3・21 K-1】

木村“フィリップ”ミノル
「今回から本物の自分の姿が見せられると思うので楽しみ」

「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」(3月21日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)に出場する木村“フィリップ”ミノルが2月24日、公開練習を行った。

 木村はウェルター級のスーパーファイトで平山迅と対戦する。

 この日はシャドーとミット打ちをそれぞれ2分間。ミット打ちでは強烈なパンチを打ち込む姿が印象的で、仕上がりの良さを感じさせた。

 練習後の会見では「すでにいい感じに仕上がっている。これにもう少しプラスアルファできれば」と現在のコンディションについて話した。

  木村は今回の試合からから「K-1ジム五反田チームキングス」の所属となったのだが「自分のスタイルがよりしっかりしたものに仕上がっているような気がする。前よりも分かりやすく怖い武器が増えていて、手ごたえを感じている。やってきたことが全部マッチしてきた感覚。今回から本物の自分の姿が見せられると思うので楽しみ。自分が求めているスタイルが完璧にできたら誰にも負けないと思うので、それを今回はいつも以上に真剣に極めている」などと話し、練習環境が変わり充実したトレーニングが積めていることを明かした。
ミット打ちでは強烈なパンチを連発
「相手は試合中に怖くて固まると思う」

 対戦相手の平山については「どういうタイミングで倒すのかとかといったことは見て研究はしている。僕が見た試合もチャンピオンクラスからダウンを取ったり、いいところがたくさんあった。チャンピオンとひけはとらない実力はある。それくらいの意識はしています」と相手の実力を認めつつも「でも僕はそういった相手を数えきれないくらい倒してきたので、あまり気にしていない。相手は試合中に怖くて固まると思う。“俺がいる世界じゃないな、ここは”って思うんじゃないか」などと話した。

 今年はこの試合から始動となるが「今年は自分のスタイルを怖がらずに貫く。自分のファイトスタイルはリスクがある部分も多かったので、最近はそれが怖くなってしまって、ある意味、勝ちに徹するように考えていた部分があった。でもそれでは自分のいいところがなくなってしまうので、自分のファイトスタイルを勇気を持って最後まで貫くということがこれからの目標。それができれば負けない。これを越えられる選手はそうそうはいないと思う」。また、当日は久保優太vsメルシック・バザタリアンのタイトルマッチもあるのだが「意識はしていますが、僕のパフォーマンスを見せていけば、みんながチャンピオンのことは忘れて、僕だけに注目するようになると思う」と絶対的な自信を見せた。
練習後の会見でも自信に満ちあふれた言葉がポンポン飛び出した