ウェイ・ルイが計量オーバーで王座はく奪【3・21 K-1】

功也は一人で会見とフォトセッション。この後、ルイの再計量が行われた。功也の心中やいかに…
ルイは再計量でも100gしか落とせず

「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」(3月21日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)の前日計量が20日、都内で行われ、スーパーファイトに出場する軍司泰斗が300g、ライト級タイトルマッチに出場する王者ウェイ・ルイが800gオーバーで再計量となった。2時間後の再計量で軍司は無事にクリアしたが、ルイは100gしか落とせず700gオーバー。この事態にK-1実行委員会と双方のジムが協議の末、ともに試合の開催を希望したためいくつかの条件のもと試合が開催されることとなった。
再計量に臨んだルイだったが…
功也が勝てば王者。負ければタイトルは空位に

 試合は「K-1 WORLD GPライト級タイトルマッチ」のまま実施するが、ウェイ・ルイには、K-1 WORLD GP公式ルールに基づき①ファイトマネーのうち20%を没収する。②第1ラウンドはウェイ・ルイが1点減点からの試合開始とする。③グローブハンデとして、ウェイ・ルイ10オンス、卜部功也8オンスのグローブを使用する(本来は双方とも8オンス)。

 またルイは勝敗のいかんに関わらず、試合後に王座は剥奪。卜部が勝利した場合、新チャンピオンとなる。また、卜部が敗れた場合は王座を空位として、新チャンピオンの決定方法は後日K-1実行委員会で協議の上、決定することとなった。