西銘駿が「ダンガンロンパ」最新舞台で主演「すごいヒーローだな」

左から、モノクマ、飯田里穂、岡本夏美、西銘駿、神田沙也加、竹若元博
 人気の推理アクションゲーム「ダンガンロンパ」シリーズの舞台化第3弾「ダンガンロンパ 3 THE STAGE 2018 ~The End of 希望ヶ峰学園 」の制作発表が3日、池袋・サンシャインシティ噴水広場で行われ、主演の西銘駿をはじめ、岡本夏美、飯田里穂、神田沙也加、竹若元博(バッファロー吾郎)らが出席した。

 西銘が演じるのは“超高校級の希望”苗木誠。同シリーズにはゲームから親しんでいたと話し、「苗木誠を自分が演じられることは光栄でした」と本人。また、苗木についての印象を聞かれると「…すごいヒーローだなと思っています。苗木の言葉には重みがありまし、とっさに言葉が出てくる。正義感も……いい役だなと思います」。

“超高校級希望”苗木誠のビジュアルもお披露目。「このポーズ覚えておこう」と竹若
 本舞台シリーズの特徴的な場面といえば、学級裁判や論破していくところ。だが、この舞台ではそれがない。演出の西森英行は今作について「内容はサバイバルゲームの要素が強い。論破していく流れではなく、生き残るためにサバイバルを続けていって、何が真実なのかを探っていく。言ってみればサスペンスの要素が強くなってくるとと思う。そのキモを逃さないようにしながえら、1から続くキャラクターの歴史も振り返ることができる、まとめ的な作品になれば」と、話した。

 舞台は、東京は池袋のサンシャイン劇場で7月20~23日。大阪公演は森ノ宮ピロティホールで7月27~29日。東京凱旋公演(8月3~13日、有楽町・ヒューリックホール東京)もある。