武居由樹が「僕vs外国人選手7人」のトーナメントを提案

今後のプランについて語った武居
「K'FESTA.2」でのメーン獲りに仰天プラン

「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」(9月24日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)の一夜明け会見が25日、東京都内で開催された。

 フランスのアクラム・ハミディを1Rで沈めたスーパー・バンタム級王者の武居由樹は「1RでKOで勝てて良かった。映像で見ていたよりも前に出てきて距離をつぶしてきた。最初はやりにくかった。思ったより強かった。今回はパンチで倒したかったので、アッパーからのストレートは練習していた」と試合を振り返った。

 パンチで倒したかった理由については「特にないんですが…パンチで倒したかった(笑)」と武居節が炸裂。

 かねてから来年の「K'FESTA.2」(3月10日、さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)でのメーン獲りを狙う武居はトーナメントの開催を希望。「強い選手とどんどんやりたいので、K'FESTA.2で日本人僕一人vs海外の選手7人といったトーナメントは今までやってないと思うので、それでやってみたい。それで決勝までいってメーンで試合をして優勝したい」と仰天プランを提案した。

 このプランが実現したらメーンの座はぐっと近づくことになるが果たして…。
試合コスチュームとは一転。ダンディーなスーツ姿で登場したカリミアン
クルーザー級王座獲得のカリミアンは「私の人生でベストな日だった」

「初代クルーザー級王座決定トーナメント」を制したシナ・カリミアンは「世界的にもレベルの高い試合。そんな試合に出るのは初めて。ベルトが獲れてうれしい。私の人生でベストな日だった。決勝は体調が悪くて、試合をする自信がなかったがウィラサクレック会長のお陰で試合をすることができた。決勝ではほとんど左目が見えなかった。3Rは片目しか使えなかったが、負けたくなかったからできるところまで頑張った」などと前日の激闘を振り返った。

 今後については「K-1に出ている90kgの有名な選手と戦いたい」と話した。