上戸彩、新CMは「寝不足」で撮影!「私も娘もハマっていて取り合いです」



 上戸彩が5日、都内で行われたショートムービーアプリ「TikTok」の新CM発表会に出席した。

  新CM『グランピング篇』に小芝風花と一緒に出演。グランピングに出かけたものの悪天候で外には出れずじまいの2人が、「TikTok」で撮影を始めると、憂鬱な気分も忘れてしまうという内容。「小芝風花ちゃんがめっちゃかわいくてですね、セットなんですけど、本当にグランピングに来たような感覚になれたので楽しかったです」と、上戸。お気に入りのシーンは、小芝がベッドの上で踊っているシーンだという。

 撮影がきっかけになって「TikTok」に「ハマってしまった」そうで、「撮影の時も夜中まで見すぎて寝不足でいってしまったんです。いまだに見ちゃうので……めちゃくちゃ今ハマっています。私も娘もハマっているので、見せて見せてと取りあいです」と、話した。



 動画は15秒なので、毎日の生活の何気ない一コマを記録するのにも便利。最近記録したかったできごとはあるかと聞かれると「子どもが無邪気に遊んでいるときとか。どうしても静止画だともったいないな、この動きを撮りたいなっていう。がむしゃらに遊んでいるときとかはTiK ToKに収めたいと思いますね。お料理もそうですね」。

 とはいえ、これまでは見ることがほとんどだという上戸。イベントでは、アプリを使いこなしているという“TikToker”のキアヌさんとSaraさんのレクチャーを受けながら、撮影にもトライ。フットボールエンターテインメント集団「球舞ーCUBEー」をモデルにした15秒の動画を作成、公開に挑戦した。


 あっという間に公開まで進んでしまい、「……編集したかった」と、なんだか残念そうな上戸。「すごく簡単でした。初心者にできる範囲のことで、加工はよくわからないんですけど…」。

 上戸の前にTikTokerが加工を施した動画を撮影、公開したこともあって「……3番目だったので一番頑張りたかった」と反省しつつも、「使えるようになりたい!」とやる気だ。ただ「変な映像を投稿しないように気をつけます。初心者なのでやりがちなので」と笑って、会を締めくくった。

 CMは9日からオンエア。