テリー伊藤のから揚げ店オープン!「いつかは商売をしたいと思ってた」

テリー伊藤と餅田コシヒカリ
 テリー伊藤が、21日、揚げたてから揚げとこだわりの玉子焼きの店「からげ揚げの天才」の1号店を大田区の梅屋敷にオープンした。同日、オープニングセレモニーが行われ、テリーとタレントの餅田コシヒカリがテープカット。テリーは「商売人の家に生まれているのでいつかは商売をやりたいと思っていた」とし、「やっとオープンできました」と晴れやかな表情だった。

 1号店があるのは梅屋敷駅前からのびる商店街の中。築地で育ったことはもちろん、長く砂町銀座商店街の近くに住んでいたこともあって、「商店街でお店を出したい」と思っていたと説明。オープン初日にもかからわず、昼前から列ができはじめ、油やおいしそうなから揚げの香り、から揚げが揚がるピチピチという音で、開店時間の12時には長い行列ができた。



 店では、秘伝の黒醤油に漬け込んだ「黒」と塩麴と極(きわみ)出汁を使った「白」の2種のから揚げ、テリーがこだわり抜いた玉子焼きを提供する。「世代を超えて愛されているから揚げと玉子焼きで喜んでもらいたいなと思った」と、テリー。店内では「からたま定食」などボリュームたっぷりの定食、夜はから揚げや玉子焼きをつまみにちょい飲みもできる。「からたま弁当」の持ち帰りもできる。

 テリーは、「玉子とから揚げなので大谷翔平選手に食べていただきたい。それと、カルロス・ゴーンですね。多分、今おいしいものを食べていないと思うので、出てきたら来ていただいて、たくさん食べていただきたい。すごくお金持っています」。

取材陣は商店街の道路を挟んだ反対側に……目の前を人が、自転車が、車が通る
 1号店を皮切りに店舗数を増やしていきたいとテリー。「1号店を成功させて……本当に思ってるんですよ、みんなに儲けてもらいたいって。みんなに幸せになってもらいたいなっていうのあるんですよ、この年になると」。目標は「300店舗。3年で100店舗、5年で300店舗」と話した。