女子は早田ひなの大活躍で日本生命レッドエルフが優勝【3・17 Tリーグ】

 卓球の新リーグ「Tリーグ」女子のプレーオフファイナルが3月17日、東京・両国国技館で行われ、木下アビエル神奈川と日本生命レッドエルフが対戦。ヴィクトリーマッチにもつれ込む熱戦の末、日本生命がマッチポイント3-2で木下を退け、初代王者に輝いた。
ダブルスは日本生命チームが制する(撮影・荒木理臣)
日本生命がダブルス制し、一気に主導権握る

 第1マッチのダブルスは木下の石川佳純、木原美悠組と日本生命の常 晨晨、蒋 慧組が対戦。

 第1ゲームは要所で石川のスマッシュが決まり、11-8で木下が先制。第2ゲームも序盤こそ木下がリードしたもののタイムアウト以降、日本生命が5ポイントを連取するなど流れが一変。日本生命が11-7で取り返す。第3ゲームは6-6からのスタート。ジュースにもつれ込む熱戦となったが、今度は石川のスマッシュがここ一番で外れてしまい、13-11で日本生命が先勝した。
平野美宇はフルゲームの末、惜しくも敗れる(撮影・荒木理臣)
平野美宇は杜 凱琹に競り負け

 第2マッチは木下の杜 凱琹と日本生命の平野美宇が対戦。平野は第1ゲームの入りからいきなり7ポイントを立て続けに取られるなど本調子にはほど遠い状態。11-5で杜が先取する。

 しかし平野は第2ゲームに入ると見違える動きを見せ11-6で取り返す。第3、第4ゲームと1点を争う接戦の末、1ゲームずつを取り合い、勝負は最終ゲームへ。6-6から始まったゲームは接戦となったが、最後は11-9で杜がしのぎ勝った。
大激戦の第3マッチを制した早田ひな(撮影・荒木理臣)
早田ひなと袁雪嬌が“今日一”の激戦を展開

 第3マッチは木下の袁雪嬌と日本生命の早田ひなのシングルス。

 2人は第1ゲームから激戦と呼ぶにふさわしい一進一退の攻防を展開。2-1で迎えた第4ゲーム、ここに来て袁のパワフルなスマッシュが立て続けに決まりだしこのゲームを11-3で袁が取り、ファイナルゲームへ。第4ゲームの流れから危ういと思われた早田。

 一時は7-10と崖っぷちに立たされたが、そこから追いつきジュースに持ち込むと、2人は追いつ追われつの熱戦を繰り広げ、最後は早田が19-17で袁を振り切った。
第4マッチで勝利を収めタイに戻した石川佳純(撮影・荒木理臣)
石川佳純が善戦の前田美優を返り討ち

 第4マッチは木下の石川と日本生命の前田美優のシングルス。

 ダブルスで敗れた石川にとっては負けが許されない一戦。第1ゲームの入りで3ポイントを連取するなど好調なスタートを切ったが、前田の粘りにあいジュースにもつれ込む展開に。最後は地力で12-10で第1ゲームを制した。続く第2ゲームは前田がいきなり6ポイントを先取。しかし石川はジリジリと差を詰めるとここもジュースに持ち込む。10-12で落としてしまうが、尻上がりに調子を上げてくる。第3ゲームも1点を取り合う展開となり、3ゲーム続けてジュースとなるが、やはり石川が地力の違いを見せつけ12-10で2-1とし、王手をかける。

 第4ゲームは石川が5ポイントを先制。前田は第2ゲームの石川のように追いつくことはできず、力尽き11-5で石川が勝利を収め、試合はヴィクトリーマッチに持ち込まれた。
ヴィクトリーマッチに勝利を収め涙を流す早田ひな(撮影・荒木理臣)
ヴィクトリーマッチで早田が袁にこの日2勝目

 ヴィクトリーマッチに出場する選手はその日ベンチ入りしている選手の中からその場で選ばれる。

 双方の監督がコートに用意されたマイクで選手名を発表する。

 まずは日本生命の村上恭和監督が早田の名を告げる。続いて木下の劉燕軍監督がやや間を置いて袁の名を告げると激戦の第3マッチの再戦に会場が大きくどよめいた。

 ヴィクトリーマッチは11点1ゲームの短期決戦。序盤こそ早田が先制したものの、ジリジリと追い上げる袁。しかし早田は6-6から4ポイントを連取し、王手をかける。最後は袁のリターンがネットにかかり、11-7で早田が勝利を収めた。
優勝した日本生命レッドエルフ(撮影・荒木理臣)
「木下アビエル神奈川vs日本生命レッドエルフ」(3月17日、東京・両国国技館)
●木下アビエル神奈川(2-3)日本生命レッドエルフ〇
◆第1マッチ
●石川佳純、木原美悠(1-2=11-8、7-11、11-13)常 晨晨、蒋 慧〇
◆第2マッチ
◯杜 凱琹(3-2=11-5、6-11、12-14、7-11、11-9)平野美宇●
◆第3マッチ
●袁 雪嬌(2-3=8-11、11-9、9-11、11-3、17-19)早田ひな◯
◆第4マッチ
〇石川佳純(3-1=12-10、10-12、12-10、11-5)前田美優●
◆ヴィクトリーマッチ
●袁 雪嬌(7-11)早田ひな◯
同日行われた男子は木下マイスター東京が優勝(撮影・荒木理臣)
「木下マイスター東京vs岡山リベッツ」(3月17日、東京・両国国技館)
〇木下マイスター東京(3-1)岡山リベッツ●
◆第1マッチ
●水谷 隼、大島祐哉(1-2=11-9、7-11、9-11)上田 仁、森薗政崇〇
◆第2マッチ
〇侯 英超(3-1=12-10、7-11、11-5、14-12))吉村和弘●
◆第3マッチ
〇水谷 隼(3-0=11-9、11-8、11-8)イ サンス●
◆第4マッチ
〇張本智和(3-1=11-4、9-11、12-10、11-9)森薗政崇●