11・21「K-1 WORLD GP」で防衛戦の功也と武尊がファンの前で公開練習

2015.11.07 Vol.654
「K-1 WORLD GP 〜THE CHAMPIONSHIP〜」(11月21日、東京・国立代々木競技場第二体育館)で防衛戦を行うK-1 WORLD GP −60kg王者・卜部功也と−55kg王者・武尊が3日、東京・大久保のK-1ジム総本部で公開練習を行った。  この日、2人はシャドーボクシングと3分1Rのマススパーリングを披露。  K-1では一部の記者会見や公開練習をメディアだけではなくファンにも公開しているのだが、テレビの地上波放送『新K-1伝説』が開始以降、こういった会見や練習に詰めかけるファンも目に見えて増え、練習後の会見で武尊も「こんなにたくさんの人が来てくれると思わなかったし、7月の時より見に来てくれる人たちが倍くらいに増えてうれしかった。マススパーはもっと軽くやる予定だったんですけど、これだけの人が来てくれたので、刺激があるものを見せたくてちょっと強めにやりました」と話すほど。  功也は兄・弘嵩との対戦が決まって以来、どうしてもそれに関する話題が多くなっているのだが、本人は「どの試合も大切に、どの試合も全力で臨んでいる。前までは意識していましたけど、最近はもう意識していない。数ある試合の中の一つ」と持ち前のクールさ完全に取り戻した様子。そして「木村”フィリップ”ミノル選手ともスパーリングをしている」と、ファンの頭の中で妄想が広がりまくるような発言もポロリ。  ちなみに2人は公開練習後はアメーバスタジオから生放送された「古坂大魔王のカツアゲ!」にゲスト出演。11月21日の大会をしっかりPR。これも王者の務めなのだ。

11・21『K-1 WORLD GP 2015』へ向けたファンイベントをスカイツリータウンで開催

2015.10.25 Vol.653
『K-1 WORLD GP 2015 〜THE CHAMPIONSHIP〜』(11月21日、東京・国立代々木競技場第二体育館)へ向け、記者会見をはじめとしたイベントが目白押しのK-1。  今大会はこれまでの大会で開催してきた王者決定トーナメントで優勝した4階級の王者たちが防衛戦を行う。10月8日から始まった地上波放送を見てK-1ファンになった人たちにとってはタイムリーな大会となっている。  9日には本紙10月12日発行号で個別にインタビューを行った卜部功也と弘嵩が記者会見。−60kg王者の功也に弘嵩が挑戦することが決まってから初めて公の場で顔を合わせた。すでに戦闘モードを思わせる弘嵩に対して、その挑発的なコメントをさばき、自分のペースで話す功也。ファイトスタイルそのままの会見の様子に、会見上には終始緊張感が漂った。  タイトル戦にばかり目がいきがちだが、スーパーファイトも好カードが揃っている。18日にはスーパーファイトで野杁正明と対戦する左右田泰臣が公開スパーリングでド迫力のど付き合いを披露するなど気合入りまくり。関係者も思わず怪我を心配するほどだった。  そして開催を2週間後に控えた11月8日には東京スカイツリータウン・ソラマチイーストヤード5FにあるJ:COM Wonder Studioで「『K-1ワールドグランプリ2015』11.21代々木決戦・大決起集会!」と銘打ったファンイベントが行われる。  ここではK-1公式サポーターを務めるタレントの関根勤、前田憲作K-1プロデューサーに加え、出場するK-1ファイターたちも多数参加の予定。試合に向け追い込みをかけている選手たちを生で見ることができる貴重な時間となる。  また19日には大会のオールスターバージョンの新ポスターが完成。K-1ではこのポスターを店舗や人がよく集まる場所に掲示してくれる人にポスターを無料で1枚プレゼントする「K-1ポスターサポーター企画」を実施中。詳しくはK-1 WGPオフィシャルサイト( http://www.k-1wg.com/ )で確認。

11・21「K-1 WORLD GP」で禁断の兄弟対決再び!! 卜部弘嵩インタビュー

2015.10.13 Vol.

「K-1 WORLD GP」スーパーファイトも豪華カード揃い 左右田vs野杁、大雅vsペタス

2015.10.12 Vol.

11・21「K-1 WORLD GP」 中島vsヒョードル推薦選手 平本vsグランダーの2試合を発表

2015.10.10 Vol.651
「K-1 WORLD GP 2015 ~THE CHAMPIONSHIP~」(11月21日、東京・国立代々木競技場第二体育館)で行われるスーパーファイトの新たな決定カード2試合が9日発表された。 「Krush.59」(10月4日)で山内佑太郎に勝利し、Krush-70kg王座を防衛した中島弘貴が出場。エメリヤーエンコ・ヒョードルの推薦する選手と対戦する。  会見には中島はもちろん、前日に大晦日の総合格闘技イベント「RIZIN」への参戦が発表されたヒョードルも出席した。  ヒョードルが「今回、11月のK-1の試合に私が推薦する選手が来ることになりました。私も都合がよければ応援するために会場に行きます。推薦する選手はとても優れたファイターになると思います。すべては試合を見ればわかるので、楽しみに待っててください」と挨拶。中島は中島は、「ヒョードルが推薦してくる選手なのでいい選手だと思います。そういう外国人にはしっかり勝っていきたい」と語った。中島は7月の「-70kg初代王座トーナメント」で敗れており、ここを勝って、タイトル戦線への足がかりにしたいところだ。  また合わせて、ヒョードルは総合格闘技ZSTの『ZST.49 ~旗揚げ13周年記念大会~』(11月22日、東京・ディファ有明)にも推薦選手を派遣することが発表された。

K-1の地上波放送10月8日開始 テレビ東京「新K-1伝説」毎週木曜25時35分〜

2015.09.27 Vol.

木村が平本蓮に判定勝ち 11.21、ゲーオに再び挑む!

2015.09.27 Vol.

11月21日にタイトルマッチ 武尊さん(K-1ファイター)

2015.09.27 Vol.

テレビ東京木曜深夜 K-1の地上波レギュラー番組決定

2015.09.21 Vol.

Krush.58 卜部弘嵩が完璧防衛で功也に対戦迫る

2015.09.13 Vol.649
 立ち技格闘技『Krush.58』(13日、東京・後楽園ホール)で「Krush -60kgタイトルマッチ」が行われ、王者・卜部弘嵩がジュアン・シューソンを3R44秒、レフェリーストップによるTKOで破り2度目の防衛を果たした。  1R開始早々に繰り出したキックに会場がどよめいた。  弘嵩は7月のK-1代々木大会後、約3週間タイに渡りみっちりトレーニングを積んできたのだが、その成果がこのキックに表れていた。  続けてロー、、ミドル、ハイのキック、そして膝蹴りを繰り出す。そのどれもがスピード、切れ、重さすべてにおいて前戦のそれとは格段に進歩していた。  ジュアンはチームドラゴンの後輩である伊澤波人を破り「英雄伝説世界57kg級」王者に君臨する選手。決して弱い相手ではない。しかし想定外の弘嵩の進化になすすべもなく、その目には焦りと驚きの色が浮かぶ。  パンチをほとんど出すことなくキックで攻め立てる弘嵩は1R序盤に早くも右ハイキックでダウンを奪う。ラウンド終盤になってやっとパンチの連打で反撃に出たジュアンだが、それをさばくと弘嵩は鮮やかなテンカオを決める。  すでに1R終了の段階でジュアンの右足は弘嵩のインローでミミズ腫れ状態。  2Rも蹴りで圧倒。時折繰り出す左ハイキックにはセコンドから「狙いすぎるな」という指示が飛ぶ。確かに右のキックだけで十分な展開だ。  2R終盤にはパンチの連打から右ハイキック、そして飛び膝と畳み掛けると、その膝でジュアンは左まぶたをカット。おびただしい出血となった。  3Rも開始早々から決めにかかる弘嵩。ジュアンのセコンドがマウスピースをつけ忘れエプロンに上がってアピールするが、弘嵩のラッシュが始まっており、レフェリーは止めるに止められない。なんとかいったんブレイクし、マウスピースを装着したものの、再開後、弘嵩が再びラッシュ。ヒザを連発したところで、出血が激しくなりレフェリーが試合を止めた。

格闘家イケメンファイル Vol.29 新生K-1の申し子 平本蓮(ひらもとれん)

2015.07.26 Vol.647
 昨年『K-1甲子園2014〜高校生日本最強決定トーナメント〜』の王者となり、今年1月にK-1のリングでデビュー。現在3戦3勝と勝ち星を重ね、俄然注目の高校2年生平本蓮。格闘家のDNAは父親から受け継いだものだった。 「小学校4年生になる前のある日、父親に“近くにキックボクシングのジムができたから行くぞ”って言われて半強制的にやらされたのが格闘技との出会いです(笑)。もともと父親はプロボクサーを目指していたんですが、規定の厳しいプロボクサーになる前のCT検査で、ちょっと引っかかるところがあったらしく、ボクシングを続けるのをあきらめたそうです。それまで一生懸命努力してきた夢が一気に消えて絶望したと思うので、その分頑張りたいなという気持ちはあります。自分自身も格闘技が大好きなので、託されているというより、パンチの技術などもすべて父に教えてもらったので、夢を代わりに叶えてあげたいなという気持ちですね」  きっかけは父親でも平本自身、格闘技のおもしろさにのめり込んでいった。 「最初に入ったジムがすごくアットホームで楽しかったのもありましたが、やり始めて1週間ぐらいでスパーリングをやらせられたんです。相手の子は正道会館で空手をやっていてすごく強かったので、思いっきりボコボコにされた(笑)。その時に不思議とやり返したいという気持ちがわきおこり、その子が2時間練習したら、自分は5時間とか、とことんのめり込んだ。そうするとどんどん実力がついてきて、1年後には僕のほうが何倍も強くなっていました。それで努力することの大切さ、そして努力すれば報われるという楽しさを知った気がします。そして始めて1年半後の小学校5年生の時にアマチュアジュニアのワンデートーナメントに出場して、何年もやっている子を差し置いて圧勝で優勝しちゃった(笑)。その時に、俺ってやればできるのかも知れないと思いプロ、そしてチャンピオンを意識しました。ただ、小学校を卒業したあたりからK-1がテレビで放送しなくなったのと、中学時代に体が大きくなって子どもの階級がなくなり、あまり試合に出られないこともありアマチュアボクシングを目指そうかなと思ったこともあったんです。東京オリンピックも決まったし。でもボクシングは素晴らしいスポーツなんですけど、キックボクシングをやっていた自分的には何か物足りなさを感じてしまって…。それで迷っている時に、K-1とK-1甲子園が復活になり、一気に目標が定まり、今につながっています」  こうと決めたら一直線!かと思えば、意外にも多趣味とか。 「ほかにもやりたいことがたくさんあるんです。とにかくいろいろなものに影響を受けやすい(笑)。熱しやすく冷めにくいタイプですね。遊びならスケートボードとか、ギターも弾けますし、料理も好き。器用? 逆ですね。不器用だからどんどんのめり込めるんです。できることはすぐ飽きるけど、できないことほどはまりますね。女性の趣味ですか? 不器用なので生活していてできないことが多いし、普段はぼーっとしているので、リードしてくれる優しい人がいいです(笑)。見た目は同じ年で今人気の広瀬すずさんとかかわいいですね」  9月にはK-1の本選に出場する。 「ずっと夢見てきた舞台ですが、当時あこがれていた舞台とはまた違うと思うんです。新生K-1はまだ生まれたばかりですし、僕もプロ格闘家として生まれたばかり。だからK-1と一緒に成長して行きたいですね。ですから9月は自分らしい試合をします。早くてキレのある攻撃で、きれいなパンチ、きれいな蹴りでKOを取る。モハメド・アリじゃありませんけど、“蝶のように舞い、蜂のように刺す”。そんな戦いをしたいといつも意識しています。バチバチ打ち合う試合も楽しいですが、僕の場合はきれいに戦い圧倒的に勝つ。その姿を見てほしいですね。目標?近いところではファイトマネーでスポーツカーを買いたい(笑)。そして将来的にはK-1とともに自分も大きくなって、ラスベガスとかで試合をしたいなと思います」

Copyrighted Image