話題の期間限定ユニットDaybreakersが渋谷でライブ

ph_tokyo0300.jpg


 期限限定ユニットDaybreakersが話題を集めている。相川七瀬、星村麻衣、中ノ森文子、折井あゆみら参加メンバー全員がそれぞれ個々にアーティスト活動をし、そのキャラクターから音楽性までまさに十人十色であるユニットだ。



 10月5日に、ストーリーコンセプトアルバム『Return To ZERO』をリリースし、本格始動。このアルバムは「“ミュージシャン兼ストーリーテラー(語り部)”として、ここの活動では見ることができない新たな表現者への挑戦を“喪失からの再生”をテーマに架空のストーリーに沿って表現する」ものとされていて、メンバー7人それぞれが自分らしいやり方で音楽を介して「祈り」を届ける。



 同11日にはアルバムの発売を記念したインストアライブが行われた。ナレーションからキックオフしたライブは、中ノ森文子が激しいパフォーマンスとともにヘビーな楽曲をプレーしたかと思えば、次には星村麻衣が登場しロックテイストな楽曲でさらに観客のボルテージを上げる。時おり入るナレーションによって、ライブの雰囲気も変化するという具合だった。折井あゆみが歌い上げるミディアム調のバラードナンバー「名もなき花」、伊崎央登の「believe myself」に魅了された会場は、相川七瀬のパワフルなステージで最高潮に至ると、また静かに幕を下ろした。



 来年1月21日にはクラブチッタ川崎で本公演ライブを行う。ライブの詳細やユニットの最新情報は公式サイト(http://return-to-zero.com)で。