『愛と誠』





伝説のコミックを注目俳優×鬼才監督が映画化!





ph_movie0100.jpg



©2012「愛と誠」製作委員会





 梶原一騎・ながやす巧による伝説的コミックを『クローズ ZERO』『十三人の刺客』の鬼才・三池崇史監督が完全映画化! 誰にも止められない超不良・大賀誠役に日本を代表する俳優・妻夫木聡、正真正銘のお嬢様・早乙女愛役に今最も注目を集める女優・武井咲という豪華共演に加え、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、市村正親、余貴美子、さらには加藤清史郎、一青窈といった顔ぶれが集結。しかも劇中では、このキャストたちが驚きの歌と踊りを披露するというのだから見逃せない。「激しい恋」「空に太陽があるかぎり」といった昭和の名曲の数々を、音楽プロデューサー・小林武史がアレンジし、パパイヤ鈴木が振り付けを担当。究極のロマンスが怒涛のハイテンションで描かれるミュージカルシーンは、他では体験できないインパクトだ。

 悪魔のような超不良と天使のようなお嬢様、何もかも違う2人の"運命の恋"の結末は...。昭和を知る世代も知らない世代も興奮必至の、純愛エンターテインメント!





STORY:資産家の令嬢・早乙女愛は"運命の人"大賀誠と再会する。しかし誠は一匹狼の超不良。愛は誠を更生させようと名門学園に編入させるが誠はたちまち退学処分に。不良たちの掃き溜め・花園実業に転入した誠を愛も追っていくが...。





監督:三池崇史 出演:妻夫木聡、武井咲他/2時間14分/角川映画、東映配給/6月16日より新宿バルト9他にて公開 http://aiandmakoto.jp/