米倉涼子『アベンジャーズ』次回作に出演アピール

20120815c.jpg 映画『アベンジャーズ』のジャパンプレミアが14日、都内にて行われ、来日した俳優のサミュエル・L.ジャクソンとジョス・ウェドン監督、ケビン・ファイギプロデューサーに加え、日本語吹き替えを担当した竹中直人、米倉涼子が登壇した。
 同作は、アイアンマンやハルク、キャプテン・アメリカなどのヒーローが集結するこの夏、注目のアクション大作。




 ジャクソン演じるニック・フューリー長官の声を担当した竹中は「サミュエルさんには失礼かもしれないですが、吹き替え版で見てほしい」と観客を笑わせつつ、ジャクソン本人と対面して「存在自体に迫力があって、こうして並んでいるのも夢みたい」と感激。そんな竹中にジャクソンも「素晴らしい俳優さんであることはもともと知っていたので、竹中さんに演じてもらって光栄です。自分も吹き替え版を見たいです(笑)」と返した。




 また、スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウの声を担当した米倉は、スリットの入った赤いロングドレスで登場。本国でのプレミアに出席した際、スカーレットから「(収録の)前日は、ジャック・ダニエルを飲んでタバコを吸ってカラオケに行ってガラガラ声で演じるといいと、アドバイスをもらいました。さすがにできませんでしたが(笑)」と、エピソードを披露した。そんな米倉の印象を聞かれた監督は「本当に美しい! スカーレットって誰?というくらい」と絶賛。さらに「後で直接お話ししましょう。もしかしたらスカーレットが足を折るとかバケーションをとるとか、そんなときには米倉さんの携帯が鳴るかも」とジョークをとばし、米倉も「みなさん、次回私の出演を期待してください」とアピールした。




 最後にジャクソンが日本語で「オリンピックの後は『アベンジャーズ』を見よう!」と呼びかけ、会場も大歓声で答えていた。