ミラ・ジョヴォヴィッチ、小島よしおゾンビに「カワイ~!!」

20120904b.jpg 映画『バイオハザードV:リトリビューション』のワールドプレミアが3日、都内にて行われ、来日した主演のミラ・ジョヴォヴィッチ、ミラの夫でもあるポール・W・S・アンダーソン監督、前作に続きアンデッド役で登場する中島美嘉が出席。さらに"日本の芸能界でしぶとく生きる、アンデッド芸人"として、ゾンビメイクを施したダンディ坂野、小島よしお、鳥居みゆきも登場し、会場を盛り上げた。




 ステージに登場するや、ミラは「コンニチハ、トウキョウ!」と元気よく日本語で挨拶。「日本に来るたび、ふるさとに帰って来た気持ちよ」と笑顔を見せるミラに、観客も大声援で答えた。



 本作では、ミラ演じる主人公・アリスと中島演じるアンデッドのバトルも、見どころの1つ。「天使のような歌声なのに、アクションの声がかかると戦士になるのよ」とミラや監督から絶賛された中島は「そんなにほめられると恥ずかしいのとうれしいのと...(笑)」と照れていた。そんななごやかなトーク後、フォトセッションも無事に終了...と思いきや、そこへポップコーンとドリンク、3Dメガネを持ったアンデッド芸人たちが唸りながら乱入。小島から「アイ・ラヴ・ユ~」と告白されたミラは「アイ・ラヴ・ユー・トゥー」と返し「水着のゾンビを見たのは初めてよ! カワイー!!」と大喜び。数々のアンデッドと戦ってきただけにアンデッドたちの扱いは手慣れたもの?




『バイオハザードV:リトリビューション』は9月14日より全国公開。