飲むならココでしょ! 話題のビールが味わえる人気店

気温が高くなってくると、飲みたくなるのがキリッと冷えたおいしいビール。お気に入りのブランドを“家飲み”とは違ったおいしさで楽しめる人気のビアスポットを紹介。「とりあえずビール」なんて、もう言えない?
 これからの“ビアガーデンシーズン”で気になるのはやはり、ブランド発の“専門”ビアスポット。実際、人気ブランドがプロデュースするビアスポットは、期間限定店・常設店によらず、人気は高め。その人気の一番の理由は当然、ビールのうまさ。もちろん、専門店でなくともそのブランドの品質が保たれるように提供されているのだが、専門店のこだわりは“究極”。グラス洗浄、ビールの温度管理、注ぎ方など、店によってそれぞれブランドの持ち味を最大限に引き出すためのこだわりが、随所に発揮されているのだ。また、近年はビールをカクテルのように楽しむスタイルが人気を集めており、これらの専門店でもメニューに取り入れられていることが多い。そんな飲み方は邪道では…と思うなかれ。さすがビールのプロが提案するだけあって、新たなビールの楽しみ方に気付かせてくれるメニューが揃っているので、硬派なビール好きもお試しあれ。さらに厳選されたフードメニューも人気の理由。これらの店のフードメニューは、ほとんどがそのブランドのビールの持ち味を引き立てるよう考案されていたり、セレクトされている。もちろん、そのブランドの雰囲気を体感できる空間づくりも、楽しさを大いに演出している。

 ビールのプロの情熱を知れば“とりあえず”なんて言えなくなるかも!?



氷点下のスーパードライ!


59411.jpg 氷点下(−2℃〜0℃)ならではの冴えわたるキレ、シャープなノドごしが大好評の「アサヒスーパードライ エクストラコールド」。このスペシャルなビールが味わえる専門店としてオープンしたバーも大好評で、今年は新規の新宿店などを加えて全国8カ所に登場だ。人気の秘密はもちろん“氷点下のうまさ”。凍るギリギリの温度にすることで、アサヒスーパードライの特長であるキレとノドごしのうまさをより際立たせて味わえるのだ。ビールは徹底した温度管理がなされており、専用のドラフトタワーは凍結しているので、目でも“氷点下”を楽しむことができる。ビールに合わせたリーズナブルかつ本格的なフードメニューや新スタイルのビールメニュー、ワンコインで飲めるハッピーアワー「1 DRINK TIME」(平日15〜17時。最大2杯まで)、自分で注ぐ体験ができる「セルフサーブコーナー」など、幅広い層が楽しめる要素も人気の理由となっている。


写真・氷を入れてレモンやライム、オレンジを絞って味わう『アサヒスーパードライ ドライブラック エクストラコールド』バースタイルは、特に女性に大人気。1杯目には“お通し”として、エクストラコールドと相性抜群のおつまみ『オコゲスタ』が付いてくる


アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR TOKYO 〜9月30日まで
【時間】平日17〜23時 土11時30分〜23時 日祝11時30分〜22時
【住所】中央区銀座2-6-3
【TEL】0120-506-518




ヱビスのハーフ&ハーフ


59412.jpg 今夏、新登場したヱビスとヱビス プレミアムブラックのハーフ&ハーフ「ヱビス プレミアムミックス」がビール通の間で話題だ。これは、人気のヱビスとリニューアルされたヱビス プレミアムブラックをミックスしたもので、お店でのみ楽しめる新しい味のヱビスビール。専用のサーバーで、きっちり泡までパーフェクトに5:5でミックスすることで、ヱビスビールのコクとヱビスプレミアムブラックの香り高い芳醇な味わいが同時に味わえるのが特徴。都内ヱビスバーの銀座コリドー街店、銀座二丁目店、赤坂店、大崎店、神楽坂店、御茶ノ水店で飲むことができる。フードも豊富でプレミアムミックスを含む5種類のヱビス(樽生)ビールとの相性をメニューに表記しているので、ビールとともに旨いつまみも味わえる。


写真・「北海道士幌産馬鈴薯 おとなのポテトサラダ」550円。愛媛県産 真鯛のカルパッチョ 昆布のソース」880円


YEBISU BAR 御茶ノ水店
【時間】月〜金 11時30分〜23時、土・日11時30分〜22時
【住所】千代田区神田駿河台4-6 B1
【TEL】03-5296-0201




超達人が注ぐ“プレモル”


59413.jpg 人気のサントリー ザ・プレミアム・モルツ〈樽生〉を、徹底した研修を受けてサントリーに認定されたスタッフ=超達人に注いでもらえるのが“超達人店”。その1つが、今年4月にオープンしたプロントの新業態『ビアテリア プロント』だ。ビールの味はもちろん、泡の状態や見た目の美しさにまで徹底的にこだわり、最高の状態で提供することをモットーとしている。繊細な注ぎ方によって引き立つ味わい、ビールと泡の絶妙なバランス、きめ細かく究極にクリーミーな泡。超達人が注ぐザ・プレミアム・モルツ〈樽生〉は、まさに究極。他にも、味わいをより感じられる温度にこだわった〈SMOOTH(スムース)〉や、究極の一杯に合わせたスペシャルなフードメニューもおすすめ。


ジュワっと肉汁が溢れ出す「肉の井上」の揚げたてメンチカツ(580円)。ジューシーさとビールのコクとの相性は絶妙
オシャレなパブ風にデザインされた店内。椅子席でリラックスするのも良いが、カウンターで超達人が注ぐところを見学するのも楽しい


ビアテリア プロント
【時間】7〜23時
【住所】千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口1階キッチンストリート
【TEL】03-5224-8685




泡が冷たい“生”


59414.jpg まるでソフトクリームのような形状がかわいいキリンの一番搾りフローズン〈生〉。しかし、可愛いだけではなく、この泡がビールをおいしくしてくれる。マイナス5度に冷やされたフタの役割をするフローズンの泡が、ビールを冷たく保ち、炭酸も抜けにくくなるので、最後のひと口まで、ビールの清涼感が楽しめるのだ。冷え冷えでシャリシャリした食感、は、ビール党にはたまらない一杯。そんなキリンの一番搾りフローズン〈生〉が味わえる人気のスポットが虎ノ門の「キリン 一番搾り ガーデン 東京」。テラス席を含め400席の店舗は、連日満席。予約制の建物内の席は、予約がとりづらいことも。一番搾り フローズン〈生〉をゆっくりと味わいたい人は、早めの予約を。暑い夏こそビールの冷たさが喉と心の乾きを潤してくれる。この夏は“泡”が癒しのキーワードになる?


写真・「岩手県産鶏のもち粉唐揚げ」 600円。「スタウト茹で枝豆」 400円


キリン 一番搾り ガーデン 東京
【時間】16〜22時30分(L.O.22時)、土日祝12〜22時(L.O.21時30分)
【住所】港区虎ノ門4-1-1
【TEL】03-5405-4600

この夏、オトナ女子にもおすすめのビア&カクテルスポット


大人女子が喜ぶビアガーデン


59415.jpg 今年、松屋銀座の屋上・ソラトニワに登場し、女性を中心に人気を博しているのが“美しくなるビアガーデン”Beer & BBQ & Bar terrace @ 888 。グリーンに彩られた空間には、ナチュラル素材のテーブルやいすが設置され、オーバル・カウンターのほかソファーエリアも併設。リゾート感あふれる空間となっている。フレッシュ野菜たっぷりのセットメニューの他、「銀座はちみつ」を使ったアラカルトメニューも。さらにはBGMまで、大人の女性を満足させるこだわりが随所にみられるビアガーデンだ。


写真・フレッシュ野菜たっぷりのセットメニュー4500円(フリードリンク2時間+フード3品)


「Beer & BBQ & Bar terrace @ 888」
【期間】9月30日まで
【場所】松屋銀座 屋上ソラトニワGINZA
【時間】平日16〜22時(L.O.21時)土・日・祝15〜22時(L.O.21時)
【問い合わせ】03-3566-8880(予約専用ダイヤル・各日13時より)
【URL】http://www.matsuya.com




夏のスパークリングワイン

 東京ミッドタウン 1F のレストラン“Ba-tsu”に「シャンドン サマー ハウス」が期間限定でオープン! 冷えたスパークリングワインを楽しもう!


「シャンドン サマー ハウス at Ba-tsu」
【期間】8月末(予定)まで
【営業時間】 11〜24時/ Lunch 11〜15時 (土日祝は17時まで)/ Cafe 15〜17時/ Bar 17〜24時(L.O. 23時)
【電話番号】03-5413-6380