電車の中で勉強するだけで国家試験に合格! スマ免で小型船舶免許を取得。

●きっかけはスマ免
 国家試験の中でも1番簡単ともいわれる「小型船舶操縦免許」夢は沖縄の離島に自分で船を運転して行って、キレイな海で魚と一緒に泳ぐこと!と思いながら約1年。やっと取得に向けて動き始めました。



suma.jpgきっかけは「スマ免」。今年の4月よりヤマハ発動機㈱が運営を始めたサービス。つまり、スマートフォンで免許(2級のみ)が取れるというサービスなのです。(実技講習は別途必要)
通常の小型船舶2級免許取得までには、学科講習が1日、実技講習が1日、試験に1日と計3日間必要だったのがスマ免は学科講習が免除され、計2日間で取得できるというプログラム。



●私の実践した勉強方法mondaitop.jpg
 サイト上で音声講習が受けられたり、スマートフォン用のアプリで練習問題を解いたりと教科書不要で、移動中でもサクサク学習が可能。机に座って学習する時間をきちんと確保できなくても大丈夫だということです!

 打ち合わせの移動中、通勤中、ちょっとした空き時間にアプリの練習問題を解きます。これがなかなか多く、1問あたり10個の問題が計50問あり、一通り解くのに気力は必要ですが、同じジャンルの問題を繰り返し解くことである程度頭に入ってきていました。


pcmondai.jpg 問題を解いても分からなかった部分については、スマ免のサイトで音声講習を聞き、問題を解き、これを繰り返し。
つまり、スマートフォン1台あれば、空き時間をうまく活用して国家試験が取れるということなのです!


 アプリもシンプルでサクサク動くし、視覚的・感覚的に使えるようになっています。間違った問題がチェックできて、復習できる機能があれば、もっとよいなと思います。


bort.jpg●実技講習と試験当日
 1日かけてエンジンのかけ方から、運転、係留まで繰り返し教えてもらいます。初運転はドキドキです。
翌週、筆記試験と実技試験を受けて、あとは結果を待つのみ。


●結果は?
 無事合格!あまりちゃんと勉強する時間が取れず、少し不安な面もありましたが移動中の勉強のみで国家試験を取得することができました!

 今年の夏は沖縄の海を自在に船を操り...、東京湾で魚を釣り上げ...、と夢ふくらみます♪
menkyo.jpg
●「スマ免」はこんな方におすすめ
①勉強する時間を確保しづらい
②1~2か月後のスケジュールが立てづらい
③スマートフォンを持っている