日本橋で、江戸の夏を五感で味わう

 日本橋を“浴衣”と“金魚”で彩る夏のイベント「ECO EDO 日本橋 2013 〜五感で味わう、江戸の涼〜」が13日からスタートする。

 このイベントは、昨年の夏に20万人を動員し話題を呼んだイベント「アートアクアリム」と連携し、日本橋各所で、夏の涼を楽しみながら江戸時代の人々の知恵と工夫を体感できる催しを開催するもの。

 その目玉の一つが「ECO EDO日本橋 ダイナースクラブ アートアクアリウム2013〜江戸・金魚の涼〜」。“金魚”をテーマに、和をモチーフにデザインされた水槽と、光・映像など最新の演出技術が融合した水中アートの展覧会。3回目を迎える今年は、京都の伝統工芸品のひとつである“京友禅”の最高峰の着物を水槽に埋め込み、生きた金魚と3D プロジェクションマッピングで着物の柄を表現する新作「キモノリウム」などが登場。19時からはドリンクを片手に楽しめる「ナイトアクアリウム」がオープンする(13日〜9月23日。日本橋三井ホールにて開催)。

「ECO EDO 日本橋 2013」では他にも「橋の日 打ち水大作戦」や「日本橋金魚すくいグランプリ 決勝ラウンド」、日本橋クルージングなど会期中さまざまな催しで江戸の涼を体感できる。

「ECO EDO 日本橋 2013 〜五感で味わう、江戸の涼〜」【期間】7月13日〜9月23日【問い合わせ】ECO EDO 日本橋 2013 運営事務局 TEL:03-3270-2590(7月12日より。10〜20時)
個性派レストラン開店

「コレド日本橋」は、4階の飲食フロアをリニューアルし、新店3店をオープン。それぞれ全く違った特色を持ったユニークな3店がそろった。

「The Meatlocker Cellar&Grill」は、十勝のブランド牛「豊西牛」を一頭買い。赤身のステーキをはじめ、希少な部位も提供してくれるステーキハウス。また、小売価格で販売されているワインを購入し、店内で飲むことができるのでとってもリーズナブル。そしてイタリアンをベースに、多国籍なアレンジのメニューが楽しめるのがスパニッシュイタリアン&バー「シロッコ」。モヒートやマティーニなどオリジナルカクテルも充実。スタンディングで軽く一杯という時にもオススメだ。そして京都に本店を構える「京都 石塀小路 豆ちゃ」は、旬の食材を手間ひまかけた“おばんざい”を提供。その優しい味は女性に人気で、ランチはすでに行列ができるほど。個性的な3店、まずはどこから攻める?