日本三大花火を生中継

 日本三大花火大会といえば、「全国花火競技大会 大曲の花火」(秋田)、「土浦全国花火競技大会」(茨城)、「長岡まつり大花火大会」(新潟)の3つ。その中でも1番早く開催されるのが、新潟の「長岡まつり大花火大会」だ。長岡まつり(毎年8月1〜3日開催)は、1945年8月1日に起こった長岡空襲からの復興を願い、翌年に開催された戦災復興祭が発祥。花火大会(8月2日、3日)では、2日間で約2万発の花火が打ち上げられ、中でも直径600mにもなる正三尺玉や、中越大地震(2004年)からの復興を祈念して始まった超ワイドスターマイン「復興祈願花火フェニックス」は、ほかにない迫力と美しさで毎年多くの観客を魅了している。そんな毎年約80万人の観客を集める同花火大会の模様が、表参道の会場でインターネット生中継される。会場では新潟の地ビールや新潟特産の枝豆、十全なす、アイスなども販売され、現地の雰囲気も楽しめる。日中や花火のない4日は、ダイジェスト版の放送も行われているので、日本三大花火の迫力を見てみたい人はぜひ足を運んでみて。
長岡花火&地ビール祭り
【会期】8月2日(金)〜4日(日)【開催時間】2日(金)13〜21時15分ごろ(花火生中継 19時25分ごろ〜21時15分ごろ)、3日(土)10時30分〜21時15分ごろ(花火生中継 19時25分ごろ〜21時15分ごろ)、4日(日)10時30分〜16時【会場】表参道・新潟館ネスパス 1階イベントスペース【入場・観覧料】無料