タイヤ愛が詰まったスイーツやランチも! リアルな『TAIYA CAFE』がイクスピアリに登場

 ブリヂストンのCMでおなじみのタイヤカフェが7月19日、舞浜・イクスピアリの「バル・リカ・セルヴェッサ」に期間限定でオープンした。


 タイヤを愛するナガセ店長こと長瀬智也と、石原さとみが出演するブリヂストンのCMの世界をリアルに再現するもので、昨年は六本木と原宿で展開され好評を博した。今回は第3弾ということで45日間の長期での開催となった。そのため、期間中何度訪れても楽しめる試みが行われている。


 一番の楽しみどころは、やはりCMで使われたセットがそのまま再現されていること。タイヤが大好きなナガセ店長がこだわり抜いて作り上げたカフェだけに、目に付くものすべてがタイヤやクルマ関連のもの。看板はもちろん、カウンターチェアやちょっとしたオブジェなど、細かいところまでタイヤだ。このセットでは自由に写真撮影ができ、初日から多くの人が店長や客になりきって、フレームに収まっていた。


 カフェメニューにも注目。ロールケーキ部分を外しながら食べる“リトレッド食い”で浸透した「タイヤロールケーキ」を始め、「よくばりロール」などのスイーツ、カレーなどランチも楽しめる(期間によりメニュー変更あり)。


 また、毎日先着限定でタイヤカフェオリジナルグッズがもらえるスタンプラリーを実施中。全6カ所のポイントでは、環境問題、ゴルフ、自転車、モータースポーツなどブリヂストンのさまざまな取り組みが分かるようになっている。


 9月1日まで毎日11~17時で営業。カフェメニューは数量限定で提供される。最新情報は公式ウェブサイト(http://www.bridgestone.co.jp/sc/taiyacafe/)で。