『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』試写会に15組30名 

【日時】6月1日(日)11時〜【会場】スペースFS汐留(新橋)

 人気と実力を誇る若き女優・芦田愛菜が、『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督とタッグを組み、映画初主演に挑戦した注目作。


 渦原琴子=通称・こっこは、大阪の狭い団地に両親と祖父母、三つ子のお姉ちゃんの8人家族で暮らす元気な小学3年生。毎日、みんなで大きな円卓を囲んでご飯を食べる仲の良い家族だが、こっこにはそんな日常がちょっと疎ましくもある。こっこは好奇心旺盛で、人と違うことも大好き。吃音のクラスメイト・ぽっさんや、眼帯をしてきたクラスメイト、親が“ボートピープル”の子もこっこのあこがれの対象だ。そんなある日、お母さんのお腹に“新しい命”が宿ったという。家族とは違い、なぜか喜べないこっこに、おじいちゃんは“イマジン”という言葉を教えてくれる…。


 芦田演じる、愛らしくもタフで個性的な女の子・こっこがスクリーン狭しと駆け回る。ひと夏の経験を通して大きく成長していくその姿に、かつて小学生だったすべての大人も共感するはず。


 6月21日より全国公開。